That's Movie Talk!     4018 Movies

Pan (2015) 3.49/5 (35)

  •  
  • 8
  • 2
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1904年に上演された、J・M・バリーの戯曲”ピーター・パン”を基に製作された作品。
”ピーター・パン”の秘められた生い立ちを描く、監督ジョー・ライト、主演ヒュー・ジャックマンギャレット・ヘドランドルーニー・マーラリーヴァイ・ミラー他共演のファンタジー。


ファンタジー


スタッフ キャスト
監督:ジョー・ライト

製作
グレッグ・バーランティ
サラ・シェクター
ポール・ウェブスター
製作総指揮:ティム・ルイス
原作:J・M・バリーピーター・パン
脚本:ジェイソン・フックス
撮影
シーマス・マッガーヴェイ
ジョン・マシソン
編集
ウィリアム・ホイ
ポール・トシル
音楽:ジョン・パウエル

出演
黒ひげ:ヒュー・ジャックマン
ジェームズ・フック:ギャレット・ヘドランド
タイガー・リリー:ルーニー・マーラ
ピーター・パン:リーヴァイ・ミラー
サム”スミー”スミーゲル:アディール・アクタル
ビショップ:ノンソー・アノジー
メアリー:アマンダ・サイフリッド
バーナバス院長:キャシー・バーク
ニブス:ルイス・マクドゥーガル
人魚:カーラ・デルヴィーニュ
クワフ:ナ・テジョー
グレート・リトル・パンサー族長:ジャック・チャールズ
中佐:エメラルド・フェネル
ステップス:ブロンソン・ウェッブ
マーレイ:カート・エジアイアワン
ムッティ・ブーシュ:ポール・ケイ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2015年製作 111分
公開
北米:2015年10月9日
日本:2015年10月31日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $35,088,300
世界 $128,388,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン、ランベス孤児院。
息子ピーターに手紙を残して別れを告げたメアリー(アマンダ・サイフリッド)は、その場を去る。

12年後、第二次大戦中。
成長したピーター(リーヴァイ・ミラー)は、親友のニブス(ルイス・マクドゥーガル)と共に、意地の悪いバーナバス院長(キャシー・バーク)の仕打ちに耐える日々を行くっていた。

バーナバスが配給をくすねていることを知ったピーターとニブスは、空襲の夜に院長室に侵入し記録庫を見つける。

自分に残された母親からの手紙を見つけたピーターは、それをニブスに読んでもらう。

自分は特別であり、別の世界で必ず会えるという内容を確認したピーターは、ニブスと共にその場から逃げようとするものの、院長に見つかってしまう。

手紙を破かれたピーターはそれを奪い憤慨するが、ニブスと共に罰を受ける。

その頃、孤児院から子供たちが何人も姿を消していたのだが、院長が売っているという噂をピーターはニブスから聞く。

その夜、ピーターとニブス他子供たちは、院長の手引きで現れた海賊によって連れ去られる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロンドン、ランベス孤児院。
意地の悪いバーナバス院長の仕打ちに耐えていたピーターは、子供たちが度々、姿を消していることを気にしていた。
空襲の夜、記録室で母の手紙を見つけたピーターは、親友のニブスと共に現れた海賊に連れ去られる。
ニブスは空飛ぶ海賊船から脱出するものの、ピーターはネバーランドに連れて行かれる。
冷酷な支配者の黒ひげの命令で、永遠の命を得られる妖精の粉”ピクサム”を鉱山で探す作業をさせられたピーターは、若者フックと出会う。
そんなピーターは、自分は特別だという母の手紙の通り、空中を飛べることに気づき、黒ひげは警戒する。
その後ピーターは、鉱山の監督である海賊スミーの協力を得て、フックと共に船を奪い脱出する。
黒ひげと対立する部族の元に向かったピーターらは、部族長の娘タイガー・リリーに出会い自分の宿命を知るのだが・・・。
__________

J・M・バリーが創作した”ピーター・パン”の秘められた生い立ちと、フック船長やタイガー・リリーとの出会いなどを描く、ジョー・ライトが監督したファンタジー超大作。

ディズニー作品で知られる人気キャラクター”ピーター・パン”の誕生までを描く作品であり、人間のピーターが、先住民の予言通りに救世主になる宿命を知り、苦悩しながら成長していく姿が描かれている。

夢の世界をテンポよくスリリングに描くジョー・ライトは、深い演出を必要としない物語であるため楽しんでいる様子が窺えるが、あまりにも有名な児童文学の前日譚としてはやや平凡でパンチに欠けている内容は残念。

ヒュー・ジャックマン他、大物スターが出演し、製作費に1億5000万ドルかけた大作なのだが、批評家からは酷評され、北米興行収入は約3500万ドルに留まり、全世界でも1億2800万ドルという結果に終わり、製作費を回収できない大失敗作となってしまった。

よく言えば”怪演”だが、あまり適役とは思えない黒ひげを演ずるヒュー・ジャックマン、ピーターと知り合い協力し合うジェームズ・フックのギャレット・ヘドランド、先住民であるはずのタイガー・リリーを白人として演じたことで問題になったルーニー・マーラ、孤児の少年ピーターからピーター・パンとなるリーヴァイ・ミラー、彼らに協力したり裏切ったりもする海賊サム”スミー”スミーゲルのアディール・アクタル、黒ひげの補佐である巨漢の海賊ノンソー・アノジー、ピーターの母親メアリーのアマンダ・サイフリッド、孤児院の院長キャシー・バーク、ピーターの友人ニブスのルイス・マクドゥーガル、人魚のカーラ・デルヴィーニュ、先住民の戦士ナ・テジョー、部族長のジャック・チャールズイギリス空軍中佐のエメラルド・フェネルなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up