4237 Movies

Uターン U-Turn (1997)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1997年に発表された、ジョン・リドリーの小説”Stray Dogs”を基に製作された作品。
マフィアの金を持ち逃げした男が、立ち寄った田舎町で巻き込まれるトラブルを描く、監督オリヴァー・ストーン、主演ショーン・ペンジェニファー・ロペスニック・ノルティホアキン・フェニックスビリー・ボブ・ソーントンパワーズ・ブースジョン・ヴォイトクレア・デインズリヴ・タイラー共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:オリヴァー・ストーン
製作総指揮:ジョン・リドリー
製作
クレイトン・タウンゼント

ダン・ハルステッド
原作:ジョン・リドリー
脚本:ジョン・リドリー
撮影:ロバート・リチャードソン
編集
ハンク・コーウィン

トーマス・J・ノードバーグ
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
ボビー・クーパー:ショーン・ペン

グレース・マッケンナ:ジェニファー・ロペス
ジェイク・マッケンナ:ニック・ノルティ
トビー・N・タッカー/TNT:ホアキン・フェニックス
ダレル:ビリー・ボブ・ソーントン
ヴァージル・ポッター保安官:パワーズ・ブース
盲目の男:ジョン・ヴォイト
ジェニー:クレア・デインズ
セルゲイ:リア・ヴォルコー
アーカディ:ヴァレリー・ニコレイエフ
バス停留所の女性:リヴ・タイラー
エド:ボー・ホプキンス
バイカー:アブラハム・ベンルービ
フロー:ジュリー・ハガティ
バス停留所の切符売り:ローリー・メトカーフ

アメリカ 映画
配給
トライスター・ピクチャーズ

Phoenix Pictures
1997年製作 124分
公開
北米:1997年10月3日
日本:1998年6月13日
製作費 $19,000,000
北米興行収入 $6,633,400


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アリゾナ州。
カリフォルニアに向かうため、街道を走行中のボビー・クーパー(ショーン・ペン)は、車のラジエター・ホースが破れ、最寄の町スペリアの修理工場に向かう。

ダレル(ビリー・ボブ・ソーントン)という修理工に車を預けたボビーは、バッグを持って荒廃した町の大通りに向かう。

戦争で目を失ったという男(ジョン・ヴォイト)に、自販機の飲み物をせがまれたボビーは彼にコーラを与える。

その町にそぐわない女性グレース・マッケンナ(ジェニファー・ロペス)を見かけたボビーは、彼女に声をかけ家に誘われる。

ボビーは、マフィアからの借金を返済せず逃亡中であり、彼らに締め上げられた際に左手の指を2本切り取られていた。

シャワーを浴びた後、グレースに誘惑されたボビーは彼女と愛し合おうとする。

しかし、そこにグレースの夫ジェイク(ニック・ノルティ)が現れ、彼はボビーを殴り倒し追い出してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
マフィアの借金を持ち逃げしたボビー・クーパーは、車の故障である田舎町に立ち寄る。
やる事なす事、全てが裏目に出るボビーは、現金を強盗事件で失ってしまい、こともあろうに、借金の相手に居場所を教えてしまう。
町で出会った女グレースの、不動産業者の夫ジェイクから、妻の殺人を請負ったボビーだったが、結局、彼女を殺すことが出来なかった。
逆にグレースと手を組み、ボビーはジェイクの隠し持っている大金を奪うことになる。
二人はジェイクを殺して金を奪うが、グレースの裏切りを知ったボビーは、彼女を騙して殺害し、現金を独り占めして逃げようとするのだが・・・。
__________

冒頭、車が故障して、ある町に向かおうとする主人公は、”Uターン可能”という”余所者は出て行け”という皮肉を込めた看板を見つつも、仕方なくその町に向かう。
それを発端に、町の住民達に振り回され、殺人事件にまで巻き込まれる男の不運を、ユーモアも交えて描いた、オリヴァー・ストーン異色の不条理サスペンス・ドラマ。

残念ながら、豪華なスタッフやキャストが揃いながら、映画自体の評価は低く、北米興行収入もわずか660万ドルと、全く振るわなかった作品。

同じオリヴァー・ストーンの「ナチュラル・ボーン・キラーズ」(1994)風でもある、目まぐるしく変わるカメラアングルや映像を駆使した、工夫の見える作品で、受け狙いを排除した遊び心溢れる作風が見所の作品でもある。

調子の外れたエンニオ・モリコーネの音楽も愉快であり興味深い。

徹底的についていない男、やり手の悪党風に見えて、実は結構、気弱なところもあり、さらに人情味も見せる、ステップアップを始めた頃のショーン・ペンの演技も見ものだ。

悲劇のヒロインを装い、魔性の女の本性を現すジェニファー・ロペス、その夫でもあり、実は父親でもあった男ニック・ノルティ、主人公に何度も言いがかりを付ける町のチンピラ役のホアキン・フェニックスとその恋人のクレア・デインズ、言われなければ彼とは分からない怪演を見せる整備工のビリー・ボブ・ソーントン、大金と女(J・ロペス)を狙うパワーズ・ブース、意味不明な盲目の男ジョン・ヴォイト、バス停留所の切符売りローリー・メトカーフ、客リヴ・タイラー、レストランのウエイトレスのジュリー・ハガティ、客ボー・ホプキンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020