4849 Movies

88ミニッツ 88 Minutes (2008)

猟奇殺人犯から告げられた死までの時間”88分”の間に襲い掛かる陰謀に完全と立ち向かう精神分析医と犯人の心理戦を描く、製作、監督ジョン・アヴネット、主演アル・パチーノアリシア・ウィットエイミー・ブレネマンリーリー・ソビエスキーウィリアム・フォーサイスニール・マクドノー他共演のサスペンス。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョン・アヴネット
製作
ジョン・アヴネット
アヴィ・ラーナー
ランドール・エメット
製作総指揮
ボアズ・デヴィッドソン
ジョージ・ファーラ
アンドレアス・ティースマイヤー
脚本:ゲイリー・スコット・トンプソン
撮影:ドニ・ルノワール
編集:ピーター・バーガー
音楽:エド・シェアマー

出演
アル・パチーノ:ジャック・グラム
アリシア・ウィット:キム・カミングス
エイミー・ブレネマン:シェリー・バーンズ
リーリー・ソビエスキー:ローレン・ダグラス/リディア・ドーアティ
ウィリアム・フォーサイス:フランク・パークス
デボラ・カーラ・アンガー:キャロル・リン・ジョンソン
ベンジャミン・マッケンジー:マイク・ステンプト
ニール・マクドノー:ジョン・フォースター
リーア・ケアンズ:サラ・ポラード
スティーヴン・モイヤー:ガイ・ラフォージ
ブレンダン・フレッチャー:ジョニー・デフランコ
ポール・キャンベル:アルバート・ジャクソン

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
2008年製作 107分
公開
北米:2008年4月18日
日本:2008年3月22日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $16,930,880
世界 $32,563,590


ストーリー
法精神分析医ジャック・グラム(アル・パチーノ)は、猟奇殺人犯のフォースターの裁判で証言し、彼の死刑を確定させる。
9年後、グラムは、フォースター(ニール・マクドノー)の手口と酷似した、自分の教え子が殺害された事件が起きたことを、FBI捜査官フランク(ウィリアム・フォーサイス)から知らされる。
そしてグラムは、”おまえの命は88分だ”という不審な電話を受け、通話記録から、電話の持ち主が、かつて惨殺された妹だということが分かる。
大学教授でもあるグラムの講義中に爆弾事件も起き、度々かかってくる脅迫電話に彼は動揺する。
電話を壊してしまったグラムは、助手のキム(アリシア・ウィット)に電話を借り、その後、学生のローレン(リーリー・ソビエスキー)が不審者に襲われかけたことを知る。
秘書のシェリー(エイミー・ブレネマン)に連絡を入れたグラムは、学生を含めた周辺の身辺調査をさせるのだが・・・。


解説 評価 感想

映画の進行時間よりやや長めの88分の間の出来事にしては、多くのことが起きて密度が濃過ぎる気はするが、迫るカウントダウンが緊迫感を煽る、凝った仕上がりにはなっている。

途中、ヘルメットを被ったバイクの犯人らしき人物の銃の構え方などから、犯人は女性だと大体想像がつき、結末の犯人の動機なども、やや短絡的な感じがする。
ジョン・アヴネットの演出は、内容が違うとは言え、代表作「フライド・グリーン・トマト」(1991)のような深みが感じられないのは残念。

好色のエリート精神科医である大学教授を、いつもながら貫禄で演じ切り、他を圧倒する存在感を見せるアル・パチーノの出演がなければ、全くの駄作に終わってしまったかもしれない。
精神分析医らしく、自分なりの推理で事件解決に奔走する彼の姿は、70歳手前にしてアクション・スター並みの活躍を見せてくれる。

敵か味方か、あやふやな行動が不可思議な主人公の助手役アリシア・ウィット、主人公の秘書エイミー・ブレネマン、主人公の教え子であり、猟奇殺人犯に心酔する真犯人リーリー・ソビエスキーFBI特別捜査官ウィリアム・フォーサイス、学生部長のデボラ・カーラ・アンガー、学生のベンジャミン・マッケンジー、冤罪を叫び続ける死刑囚のニール・マクドノー、主人公と一夜を共にする女性リーア・ケアンズ、主人公を付け回すキム(アリシア・ウィット)の元夫スティーヴン・モイヤー、大学の警備員ブレンダン・フレッチャー、学生ポール・キャンベルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022