4312 Movies

運命の女 Unfaithful (2002)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1968年に公開された、クロード・シャブロル監督、脚本によるフランス映画”不貞の女/The Unfaithful Wife”のリメイク。
偶然に出会った青年と恋に落ちた女性と、それを知った夫の心の葛藤を描く、製作、監督エイドリアン・ライン、主演ダイアン・レインリチャード・ギアオリヴィエ・マルティネス他共演のラブ・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:エイドリアン・ライン

製作
エイドリアン・ライン
G・マック・ブラウン
製作総指揮
ピエール・リチャード・ミューラー
ローレンス・スティーヴン・マイヤース
アーノン・ミルチャン
原作:クロード・シャブロルThe Unfaithful Wife
脚本
アルヴィン・サージェント
ウィリアム・ブロイルスJr.
撮影:ピーター・ビジウ
編集:アン・V・コーツ
音楽:ヤン・A・P・カズマレック

出演
コンスタンス”コニー”サムナー:ダイアン・レイン
エドワード・サムナー:リチャード・ギア
ポール・マーテル:オリヴィエ・マルティネス
チャーリー・サムナー:エリック・パー・サリヴァン
ビル・ストーン:チャド・ロウ
トレーシー:ケイト・バートン
フランク・ウィルソン:ドミニク・チアニーズ
サリー:マーガレット・コリン
ディーン刑事:ジェリコ・イヴァネク
ミロジニック刑事:ゲイリー・バサラバ
リンゼイ:ミシェル・モナハン
ジョシュ:マイケル・エマーソン
ベス:リサ・エメリー

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2002年製作 124分
公開
北米:2002年5月10日
日本:2003年1月11日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $52,775,770
世界 $119,137,780


アカデミー賞
第75回アカデミー賞

・ノミネート
主演女優賞(ダイアン・レイン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク州ウエストチェスター郡
エドワード・サムナー(リチャード・ギア)と妻のコニー(ダイアン・レイン)は、8歳の息子のチャーリー(エリック・パー・サリヴァン)と共に平穏な日々を送っていた。

ある朝、エドワードとチャーリーを見送ったコニーは、チャーリーの誕生日プレゼントを買うために”メトロノース鉄道”でマンハッタンに向かう。

買い物を済ませ、強風の中を荷物を持って歩いていたコニーは、本を抱えていたフランス人青年ポール・マーテル(オリヴィエ・マルティネス)とぶつかり転倒してしまう。

膝を怪我したコニーは、手当てをした方がいいと言うポールに誘われて、彼のアパートの部屋に向かう。

バスルームで怪我の手当てをしたコニーは、電話を借りてチャーリーに連絡する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク州ウエストチェスター郡
会社を経営するエドワード・サムナーと妻のコニーは、8歳の息子のチャーリーと共に平穏な日々を送っていた。
チャーリーの誕生日プレゼントを買いにマンハッタンに向かったコニーは、強風の中、ブック・ディーラーのフランス人青年ポールとぶつかり倒れて膝を怪我してしまう。
ポールのアパートに誘われて手当てをしたコニーは、その場を去るものの、彼が気になる存在になる。
翌日もポールに会いに行き、成り行きで愛し合ってしまったコニーは、エドワードを裏切っていると知りながらも情事に溺れるのだが・・・。
__________

ナインハーフ」(1986)、「危険な情事」(1987)など話題作を手掛けるエイドリアン・ラインによるラブ・サスペンス。

何不自由ない日々を送る平凡な専業主婦が、偶然に出会った青年と恋にをちて情事を繰り返す不倫映画かと思いきや、それに気づいた夫が犯す殺人事件にまで発展するサスペンス・ドラマでもある。

エイドリアン・ラインが得意とする独特の官能的な描写は健在であり、青年との恋に溺れる女性を演ずる、撮影当時37歳のダイアン・レインの体を張った演技が話題となった。

そのダイアン・レインの演技は高い評価を受け、第75回アカデミー賞では主演女優賞にノミネートされた。

妻の浮気を知り動揺して殺人を犯してしまう夫を演ずるリチャード・ギアダイアン・レインは「コットンクラブ」(1984)以来の共演で、実際には16歳の年齢差があるものの、それを感じさせない良き夫婦を好演し、「最後の初恋」(2008)でもコンビを組むことになる。

北米興行収入は約5300万ドル、全世界では約1億1900万ドルのヒットとなった。

主人公と恋に落ちるブック・ディーラーのフランス人青年オリヴィエ・マルティネス、主人公の息子エリック・パー・サリヴァン、エドワード(リチャード・ギア)の部下チャド・ロウ、主人公の友人ケイト・バートンマーガレット・コリン、エドワードが雇う私立探偵のドミニク・チアニーズ、事件を捜査する刑事ジェリコ・イヴァネクゲイリー・バサラバ、エドワードの秘書ミシェル・モナハン、主人公の友人マイケル・エマーソンリサ・エメリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020