4553 Movies

ラ・ラ・ランド La La Land (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ジャズ・ピアニストと女優としての成功を夢見る男女の恋を描く、監督、脚本デイミアン・チャゼル、主演ライアン・ゴズリングエマ・ストーンジョン・レジェンドローズマリー・デウィットJ・K・シモンズ他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督:デイミアン・チャゼル
製作
フレッド・バーガー
ジョーダン・ホロウィッツ
ゲイリー・ギルバート
マーク・プラット
製作総指揮
モリー・スミス
トレント・ルッキンビル
サッド・ルッキンビル
脚本:デイミアン・チャゼル
撮影:リヌス・サンドグレン
編集:トム・クロス
美術・装置
デヴィッド・ワスコ
サンディ・レイノルズ=ワスコ
衣装デザイン:メアリー・ゾフレス
音楽:ジャスティン・ハーウィッツ

出演
セバスチャン・ワイルダー:ライアン・ゴズリング
ミア・ドーラン:エマ・ストーン
キース:ジョン・レジェンド
ローラ・ワイルダー:ローズマリー・デウィット
ビル:J・K・シモンズ
グレッグ:フィン・ウィットロック
トレイシー:キャリー・ヘルナンデス
アレクシス:ジェシカ・ロース
ケイトリン:ソノヤ・ミズノ
デヴィッド:トム・エヴェレット・スコット
ミアの母親:ミーガン・フェイ
ハリー:デイモン・ガプトン
カルロ:ジェイソン・フュークス
ジョシュ:ジョシュ・ペンス
ヴァレット:トレヴァー・リサウアー
アリステア:マイルズ・アンダーソン

アメリカ 映画
配給 サミット・エンターテインメント
2016年製作 128分
公開
北米:2016年12月9日
日本:2017年2月24日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $151,101,800
世界 $446,092,360


アカデミー賞
第89回アカデミー賞

・受賞
監督
主演女優(エマ・ストーン
撮影・美術・作曲・歌曲賞
・ノミネート
作品
主演男優(ライアン・ゴズリング
脚本・編集・歌曲・衣裳デザイン・音響編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー

ロサンゼルス、”ジャッジ・ハリー・プレガーソンIC”。
道路の渋滞で停車していた女優志望のミア・ドーラン(エマ・ストーン)は、セリフを覚えようとしていたために車が動き始めたことに気が付かづ、後ろに止まっていたジャズ・ピアニストのセバスチャン・ワイルダー(ライアン・ゴズリング)にクラクションを鳴らされ、嫌な男だと思う。

ワーナー・ブラザース・スタジオ”のカフェで働くミアは、オーディションを受け続ける日々を送っていた。

トレイシー(キャリー・ヘルナンデス)、アレクシス(ジェシカ・ロース)、ケイトリン(ソノヤ・ミズノ)と部屋をシェアしているミアは、三人にパーティーに誘われるものの、そんな気になれなかった。

しかし、三人に付き合うことにしたミアは、愛車の”プリウス”でパーティーに向かう。

将来に不安を感じて楽しむ気になれないミアは、帰ろうとするものの、車はレッカー移動されていた。

歩いて街に向かったミアは、レストラン”リプトンズ”の前で聴こえてきたピアノの演奏曲に誘われて店に入る。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
ジャズ・ピアニストのセバスチャン・ワイルダーは、伝統にこだわり過ぎるために演奏が受け入れられず、自分の店を持つ夢を叶えられないまま不遇な日々を送っていた。
ワーナー・ブラザース・スタジオ”のカフェで働きながら女優を目指していたミア・ドーランは、オーディションを受け続けていたが役は付かず、将来に不安を抱えていた。
ある夜、レストランから聴こえてきたセバスチャンの曲に聞き惚れたミアは、彼に声を変えるものの無視されてしまう。
その後、再会した二人は意気投合し、やがて恋に落ちて励まし合いながら、互いの夢を叶えるために努力する。
昔のバンド仲間キースに誘われたセバスチャンは、当初はそれを断るものの、安定した生活のために自分の音楽を捨ててバンドに参加する。
独り芝居の脚本を書き始めたミアは、バンドマンとして成功した洗セバスチャンとのすれ違い生活の中で、自分の進むべき道を歩もうとしない彼に意見するのだが・・・。
__________

前作「セッション」(2014)で絶賛され世界的な評価を受けたデイミアン・チャゼルが脚本を兼ねた監督作品であり、人気スターのライアン・ゴズリングエマ・ストーンが主人公の二人を演ずることで話題になった作品。

ライアン・ゴズリングエマ・ストーンは、「ラブ・アゲイン」(2011)でも恋人同士を演じている。

往年のハリウッド作品を思わせるノスタルジック作風がファンには嬉しい作品。

幼い頃から映画製作を夢見ていたというデイミアン・チャゼルなのだが、撮影当時30歳になったばかりの彼が、ハリウッドの黄金期を思わせるような、その雰囲気を画面で表現できる才能には驚く。

本作も批評家、一般から絶賛され、第89回アカデミー賞では最多となる、作品賞以下14部門にノミネートされ、監督、主演女優(エマ・ストーン)、撮影、美術、作曲、歌曲賞を受賞した。
*・ノミネート
作品・主演男優(ライアン・ゴズリング)・脚本・編集・歌曲・衣裳デザイン・音響編集・録音賞

北米興行収入は約1億5100万ドル、全世界では約4億4600万ドルの大ヒットとなった。

個人的な意見を言わせてもらうと、
夢を叶えようとする若者の葛藤と努力を見事に描く、全体的には素晴らしい出来のドラマではあるが、上記のように、かつてのハリウッド黄金期の作品へのオマージュ的なシーンが過剰に思えて、傑作ミュージカル「巴里のアメリカ人」(1951)そのままとも言える映像などは、仕上がりは良くても受け入れ難い気持ちになってしまったというのが正直なところだ。
アーティスト」(2011)を鑑賞した時にも同じようなことを感じた。

主演のライアン・ゴズリングエマ・ストーンは、ジャズの伝統にこだわる不遇なジャズ・ピアニストと女優を夢見て挫折しかける女性を熱演している。

主人公を誘うバンド・リーダーのジョン・レジェンド、夢ばかり追う主人公を気遣う姉のローズマリー・デウィット、主人公を解雇するレストランのオーナー、J・K・シモンズ、ミア(エマ・ストーン)の恋人フィン・ウィットロック、その兄ジョシュ・ペンス、ミアのルームメイト、キャリー・ヘルナンデスジェシカ・ロースソノヤ・ミズノ、5年後のミアの夫トム・エヴェレット・スコット、ミアの母親ミーガン・フェイ、バンドマンのデイモン・ガプトン、脚本家のジェイソン・フュークス、”モジョ”のカメラマン、マイルズ・アンダーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021