4238 Movies

アンダーワールド ビギンズ Underworld: Rise of the Lycans (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

何世紀も続くヴァンパイア族と狼族の争いを描く、人気ホラー・アクション・シリーズの第3作。
長きに渡り繰り広げられれることになる、ヴァンパイアと狼族ライカンの誕生と戦いの起源を描く、製作、原作レン・ワイズマン、監督パトリック・タトポロス、主演マイケル・シーンビル・ナイローナ・ミトラケイト・ベッキンセイル前2作の前日談。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:パトリック・タトポロス
製作総指揮
スキップ・ウィリアムソン

ヘンリー・ウィンタースターン
ロバート・ベルナッチ
製作
ゲイリー・ルチェシ

トム・ローゼンバーグ
リチャード・S・ライト
レン・ワイズマン
原作
ケビン・グレヴィオー

レン・ワイズマン
ダニー・マクブライド
原案
レン・ワイズマン

ダニー・マクブライド
ロバート・オアー
脚本
ダニー・マクブライド

ダーク・ブラックマン
ハワード・マケイン
撮影:ロス・エメリー
編集:ピーター・アムンドソン
音楽:ポール・ハスリンジャー

出演
ルシアン:マイケル・シーン

ヴィクター:ビル・ナイ
ソーニャ:ローナ・ミトラ
レイズ:ケビン・グレヴィオー
アンドレアス・タニス:スティーヴン・マッキントッシュ
セリーン:ケイト・ベッキンセイル
クレイヴン:シェーン・ブローリー

アメリカ 映画
配給 スクリーン・ジェムズ

2009年製作 92分
公開
北米:2009年1月23日
日本:2009年3月14日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $45,802,320
世界 $91,353,500


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ヴァンパイア族と狼族が誕生し、やがて戦いが始り、ルシアンが生まれるまで狼族は、一度変身すると人間には戻れなかった。

ルシアンの誕生を知ったヴァンパイア族のリーダー、ヴィクター(ビル・ナイ)は、彼を殺さなかった。

それまでの狼族にはない、能力とパワーを身につけていたルシアンは、新しい種”ライカン”の始祖となる。

ヴィクターは、ルシアンを操り不死の種族ライカンを作り、彼らは狼人間となる。

その後ヴィクターは、ライカンをヴァンパイアの奴隷として利用した。
__________

デス・ディーラー(処刑人)で評議会議員でもあるヴィクターの娘ソーニャ(ローナ・ミトラ)は、無謀な行動を繰り返して、父にそれを非難される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「アンダーワールド」(2003)
・「アンダーワールド:エボリューション」(2006)
・「アンダーワールド:ビギンズ」(2009)
・「アンダーワールド 覚醒」(2012)
・「アンダーワールド ブラッド・ウォーズ」(2016)

*(簡略ストー リー)
遥か昔、不老不死の始祖としてヴァンパイア族と狼族が生まれて戦いが始まる。
しかし、ヴァンパイアは狼族を奴隷として支配し、一度変身すると人間には戻れない狼族の中で、それまでにない能力とパワーを身につけた新しい種”ライカン”の始祖ルシアンが生まれるが、ヴァンパイアのリーダー、ヴィクターは彼を生かす。
ヴィクターは、ルシアンを利用して、ライカンという狼族を作り、奴隷として従わせる。
ヴィクターの娘で、評議員でもある処刑人のソーニャは、実はルシアンと愛し合い、彼の逃亡に手を貸すことになる。
ルシアンは、牢で知り合った人間レイズらがライカンにされたことで、彼らを扇動してその場を脱出する。
そして、仲間達を統率したルシアンは、武器を奪い戦士軍団を組織して、愛するソーニャを待つのだが・・・。
__________

前作までの物語の起源に迫る内容ということで、なくてはならないヒロイン、デス・ディーラー(処刑人)セリーン役のケイト・ベッキンセイルは、ラストにしか登場しない。

第1作と本作でも語られるが、家族は殺されるものの、ヴィクターの娘ソーニャと似ているという理由で生かされたセリーンだったために、ケイト・ベッキンセイルが、そのソーニャ役を演ずるという噂もあった。

また、1作目で活躍した、”ライカン”の始祖役のマイケル・シーンが主役の作品であり、演技派の彼が、体を張った激しいアクションシーンこなして熱演している。

監督も、デザイナーのパトリック・タトポロスに変わり、レン・ワイズマンは、製作と脚本を担当している。

北米興行収入は約4600万ドル、全世界では約9100万ドルと、シリーズで最も低かった。

ヴァンパイアの君主として絶対的な権力を示すビル・ナイ、禁断の恋の末に痛ましい死を迎える、その娘で女処刑人のローナ・ミトラ、主人公の副官となるケビン・グレヴィオー、ヴィクター(B・ナイ)の秘書スティーヴン・マッキントッシュケイト・ベッキンセイルと共に、ラストで声だけの登場となる、裏切者のシェーン・ブローリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020