4553 Movies

地獄の7人 Uncommon Valor (1983)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ベトナム戦争で行方不明になった息子を捜し出すためにコマンド部隊を組織する退役軍人の戦いを描く、製作ジョン・ミリア、製作総指揮、監督テッド・コッチェフ、主演ジーン・ハックマンロバート・スタックフレッド・ウォードレブ・ブラウンランドール“テックス”コッブパトリック・スウェイジティム・トマーソン他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:テッド・コッチェフ

製作総指揮:テッド・コッチェフ
製作
ジョン・ミリアス
バズ・フェイトシャンズ
原作:ウィングス・ハウザー
脚本:ジョー・ゲイトン
撮影:スティーヴン・H・ブラム
編集:マーク・メルニック
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
ジェイソン・ローズ大佐:ジーン・ハックマン
ハリー・マグレガー:ロバート・スタック
ウィルクス:フレッド・ウォード
ブラスター:レブ・ブラウン
セイラー:ランドール“テックス”コッブ
ケヴィン・スコット:パトリック・スウェイジ
ジョンソン:ハロルド・シルヴェスター
チャーツ:ティム・トマーソン
ヘイスティングス上院議員:チャールズ・エイドマン
CIA工作員:ジェーム・ズエドコム
ジェリコー:ジャン・トリスカ
フェリーマン:ジェレミー・ケンプ
キー:タッド・ホリノ
ジャン:クワン・ハイ・リム
ライ・ファン:ラウ・ンガ・ライ
マイ・リン:デビ・パーカー
ヘレン・ローズ:ゲイル・ストリックランド
ウィルクス夫人:ジェーン・カツマレク
マグレガー夫人:グロリア・ストルック
チャーツ夫人:コンスタンス・フォルスランド
フランク・ローズ:トッド・アレン
ブラスターの助手:マイケル・ダディコフ
少年:バレット・オリバー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1983年製作 105分
公開
北米:1983年12月16日
日本:1984年6月2日
製作費 $14,500,000
北米興行収入 $30,503,150


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1972年、ベトナム
アメリカ陸軍中尉フランク・ローズ(トッド・アレン)は、撤退する部隊の中で逃げ遅れ、行方不明になる。

海兵隊大佐ジェイソン・ローズ(ジーン・ハックマン)は、妻ヘレン(ゲイル・ストリックランド)と共に、行方不明になったフランクのこと想う日々を送っていた。

1977年、タイバンコク
退役したローズは単独でフランクを捜し続け、いくつかの手がかりを得る。

ローズは、フランクがラオスで捕虜になっていると考える。

1982年、バンコク
ラオスの捕虜キャンプの情報を得たローズは、フランクの小隊に所属していた者を含む、ベトナム戦争の退役軍人たちを集めようとする。

ローズは、フランクの同僚で、破壊工作のエキスパート、ブラスター(レブ・ブラウン)、”心的外傷後ストレス障害”を患うウィルクス(フレッド・ウォード)、”殊勲飛行十字章”を授与されたヘリコプターパイロットのチャーツ(ティム・トマーソン)に会い話をつけるが、同じパイロットのジョンソン(ハロルド・シルヴェスター)には断られる。

その後ローズは、息子が行方不明者として登録されている、石油会社を経営するハリー・マグレガー(ロバート・スタック)に連絡して資金援助を頼み、収監中の凶暴な男で元機関銃手のセイラー(ランドール“テックス”コッブ)に会いに行く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
海兵隊大佐のジェイソン・ローズは、ベトナム戦争で行方不明になった息子フランクを捜し出そうとする。
バンコクで手がかりを入手したローズは、同じく息子を捜す実業家マグレガーの支援を受け、フランクと同じ部隊だった退役軍人ウィルクスら5人を集める。
捕虜キャンプを再現した施設に向かったローズらは、最新兵器と訓練術に精通するスコットを加えて、捕虜救出作戦のために厳しい訓練を始めるのだが・・・。
__________

前年の「ランボー」(1982)の大ヒットで注目されたテッド・コッチェフが、製作のジョン・ミリアスと組み製作総指揮を兼ねて監督した作品。

ベトナム戦争で行方不明になった息子を捜し出すために、コマンド部隊を組織する退役軍人の戦いを描く、”MIA救出”アクション。
*”MIA”(Missing in Action/作戦行動中行方不明

一癖も二癖もある男たちを集めた愚連隊風の部隊が活躍する、戦争映画によくあるパターンの作品で、男臭い演出の中で見応えある迫力のアクションが話題となった。

捕虜を救おうとしない政府に怒りを感じながら、元兵士としての意地を感じさせる主人公の執念の戦いが展開する。

主演のジーン・ハックマンは、行方不明の息子の生存を信じ、命懸けで救出しようとする元海兵隊大佐を熱演している。

主人公と同じく行方不明の息子を捜す、作戦を支援する実業家ロバート・スタック、”心的外傷後ストレス障害”と”閉所恐怖症”に苦しむフレッド・ウォード、破壊工作のエキスパート、レブ・ブラウン、凶暴な機関銃手ランドール“テックス”コッブ、最新兵器と訓練術に精通するパトリック・スウェイジ、ヘリコプター・パイロットのハロルド・シルヴェスターティム・トマーソン、作戦を中止させようとする上院議員のチャールズ・エイドマン、主人公らの武器を没収するCIA工作員ジェーム・ズエドコム、武器商人のジャン・トリスカ、訓練中のコック、タッド・ホリノ、主人公に協力する麻薬王クワン・ハイ・リム、その娘ラウ・ンガ・ライとデビ・パーカー、主人公の妻ゲイル・ストリックランド、ウィルクス(フレッド・ウォード)の妻ジェーン・カツマレク、マグレガー(ロバート・スタック)の妻グロリア・ストルック、チャーツ(ティム・トマーソン)の妻コンスタンス・フォルスランド、主人公の息子トッド・アレン、ブラスター(レブ・ブラウン)の助手マイケル・ダディコフ、少年バレット・オリバー、他ジェレミー・ケンプなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021