4551 Movies

七日間の休暇 Seven Days Leave (1930)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1918年に上演された、ジェームズ・M・バリーの舞台劇”The Old Lady Shows Her Medals”を基に製作された作品。
休暇を与えられた兵士と彼を息子と偽る老女の親交を描く、製作、監督リチャード・ウォレス、主演ゲイリー・クーパーベリル・マーサー他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:リチャード・ウォレス

製作
ルイス・D・ライトン
リチャード・ウォレス
原作:ジェームズ・M・バリーThe Old Lady Shows Her Medals
脚本
ジョン・ファロー
ダン・タザーロ
撮影:チャールズ・ラング
編集:ジョージ・ニコルズJr.
音楽:フランク・テリー

出演
ケネス・ダウニー:ゲイリー・クーパー
サラ・アン・ダウイ:ベリル・マーサー
エマ・ミックルハム:デイジー・ベルモア
アメリア・トウィムリー:ノラ・セシル
ハガティ夫人:テンペ・ピゴット
ウィリングス:アーサー・ホイト
大佐:アーサー・メトカーフ
伍長:ベイジル・ラドフォード
副官:ラリー・ステアーズ

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1930年製作 80分
公開
北米:1930年1月25日
日本:1930年5月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロンドン
第一次大戦が始まり、労働者が不足する中、サラ・アン・ダウイ(ベリル・マーサー)は、国のために何かできないかと考える。

掃除婦としてサラと共に働いていたエマ・ミックルハム(デイジー・ベルモア)とアメリア・トウィムリー(ノラ・セシル)は、従軍している息子の話をする。

肩身が狭い思いをした身寄りのないサラは、息子の部隊がベルリンを攻略する日も近いとウソをついてしまう。

仕事を終えて帰宅するサラは、エマとアメリアが嫌っているアル中のハガティ夫人(テンペ・ピゴット)に出くわし、息子の手紙の話をしたため、彼女もお茶に招く。

サラは、3人がそれぞれ息子の話をするのを聞く。

それに合わせて息子ケネスの話をしたサラは、ゴミ箱から拾いためておいた手紙を手にして3人に自慢する。

母親を大事にしてくれるケネスは190cmの長身で、スコットランド第3大隊に所属していると、サラは3人に話す。

戦地で問題ばかり起こしていたケネス・ダウニー(ゲイリー・クーパー)は、負傷したために7日間の休暇申請を出し、それを認められる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ロンドン

第一次大戦が始まり、掃除婦のサラは、同僚のエマとアメリアから戦地の息子の話を聞き、身寄りのない彼女は肩身が狭い思いをする。
息子が戦地で勇敢に戦っているとウソをついてしまったサラは、ケネス・ダウニーという兵士が、息子だと言って会いに来たために驚く。
ウソをついたことをケネスに追及されたサラは、自分と似ている名前の兵士の新聞記事を読み、息子ということにしたと彼に伝える。
サラの気持ちを理解したケネスは、休暇を彼女と過ごすことにするのだが・・・。
__________

ファンタジー小説”ピーター・パン”の作者として知られる、ジェームズ・M・バリーの舞台劇”The Old Lady Shows Her Medals”を基に製作された作品。

休暇を与えられた兵士と、彼を息子と偽る老女の親交を描くドラマ。

実際には親子でない青年兵と老女の触れ合いが、り恋人同士のように違和感なく描かれているのが興味深く、製作を兼ねるリチャード・ウォレスの繊細な人物描写に注目したい。

まだ20代の主演のゲイリー・クーパーも、老女の気持ちを理解して他人の目を気にせず親交を深める青年を、ややぎこちない演技ながら、ユーモアをまじえながら好演している。

身寄りのない老女を演ずるベリル・マーサーの演技は完璧であり、臆病で無邪気な表情は笑いも誘う。

老女の隣人である掃除婦デイジー・ベルモアとアメリア・トウィムリー、同じく隣人でアル中の婦人テンペ・ピゴット、主人公を老女の元に案内する男性アーサー・ホイト、主人公の上官である大佐アーサー・メトカーフ、その副官ラリー・ステアーズ、主人公の戦友ベイジル・ラドフォードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021