5185 Movies

アンチャーテッド Uncharted (2022)

アクション・アドベンチャー・ゲーム”アンチャーテッド・シリーズ”の映画化。
マゼランの財宝を探すトレジャーハンターの冒険を描く、製作総指揮、監督ルーベン・フライシャー、主演トム・ホランドマーク・ウォールバーグアントニオ・バンデラスソフィア・アリタティ・ガブリエル他共演のアドベンチャー・アクション。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ルーベン・フライシャー
製作
チャールズ・ローヴェン
アヴィ・アラッド
アレックス・ガートナー
アリ・アラッド
製作総指揮
ルーベン・フライシャー
ロバート・J・ドーマン
デヴィッド・バーナド
トム・ホランド
アサド・キジルバシュ
カーター・スワン
ニール・ドラックマン
エヴァン・ウェルズ
アート・マーカム
マット・ハロウェイ
原案
レイフ・リー・ジャドキンス
ジョン・ハンリー・ローゼンバーグ
マーク・D・ウォーカー
脚本
レイフ・リー・ジャドキンス
アート・マーカム
マット・ハロウェイ
撮影:チョン・ジョンフン
編集:クリス・レベンゾン
音楽:ラミン・ジャヴァディ

出演
ネイサン”ネイト”ドレイク:トム・ホランド
ヴィクター”サリー”サリヴァン:マーク・ウォールバーグ
サンティアゴ・モンカーダ:アントニオ・バンデラス
クロエ・フレイザー:ソフィア・アリ
ジョー・ブラドック:タティ・ガブリエル
サミュエル”サム”ドレイク:ルディ・パンコウ
アルマンド・モンカーダ:マヌエル・デ・ブラス
スコッツマン:スティーヴン・ウォディントン
ヒューゴ:ピンギー・モリ
ゾーイ:アラナ・ボーデン
ホテルの客:ノーラン・ノース
ゲージ:ピルウ・アスベック
ネイサン”ネイト”ドレイク(少年期):ティエナン・ジョーンズ
エキストラ:El rubius

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2022年製作 116分
公開
北米:2022年2月18日
日本:2022年2月18日
製作費 $120,000,000
北米興行収入 $148,648,820
世界 $401,748,820


ストーリー
自分を”フランシス・ドレーク”の子孫だと信じているトレジャーハンターのネイサン”ネイト”ドレイク(トム・ホランド)は、貨物と共に輸送機から落下しそうになる・・・。
15年前、ボストン
孤児のネイト(ティエナン・ジョーンズ)と兄サミュエル”サム”ドレイク(ルディ・パンコウ)は博物館に侵入し、”マゼラン遠征”後に作られた地図を盗もうとするものの捕まってしまう。
孤児院から追い出されることになったサムは、フランシス・ドレークの指輪をネイトに渡し、必ず戻って来ると伝えて姿を消す。
15年後、ニューヨーク
成長したネイトは、バーテンダーをしながら、裕福な常連客の宝石などを盗んでいた。
その場に現れたトレジャーハンターのヴィクター”サリー”サリヴァン(マーク・ウォールバーグ)は、マゼランの航海クルーが隠した財宝を探すための協力をネイトに求める。
兄サムと組んでいたと言うサリーは、スペインの探検家”フアン・セバスティアン・エルカーノ”の日記を盗むのを手伝った後、サムは姿を消したとネイトに話す。
ネイトは、サムの各地からの絵葉書が届かなくなっていたために、サリーに協力する。
サリーとネイトは、マゼランにまつわる黄金の十字架を盗むためにオークション会場に向かう。
2人は、黄金の十字架を落札しようとする、マゼラン遠征に資金提供をしたモンカーダ家の子孫で大富豪のサンティアゴ・モンカーダ(アントニオ・バンデラス)と、傭兵のリーダー、ジョー・ブラドック(タティ・ガブリエル)を警戒する。
サリーの指示通りに行動したネイトは、苦労しながら2人で十字架を奪うことに成功する。
サリーとネイトは、宝物が隠されているとされるバルセロナに向かい、もう一つの十字架を持つクロエ・フレイザー(ソフィア・アリ)に会う。
その場でクロエに十字架を奪われたサリーとネイトは、彼女を追い協力し合うことにして、手がかりを基にある教会に向かうのだが・・・。


解説 評価 感想

アクション・アドベンチャー・ゲーム”アンチャーテッド・シリーズ”の映画化。
ゾンビランド」シリーズや「ヴェノム」(2018)のルーベン・フライシャーが製作総指揮を兼ねて監督し、トム・ホランドマーク・ウォールバーグアントニオ・バンデラスソフィア・アリタティ・ガブリエルなどが共演した作品。

マゼランの財宝を探すトレジャーハンターの冒険を描くアドベンチャー・アクション。

2008年から企画が始まり、デヴィッド・O・ラッセルが監督と脚本を担当することが発表されたものの降板したことなどから始まり、様々な問題や経緯を得て、COVID-19の影響もうけながらようやく完成した作品。

魅力的なキャスティングが大いに話題になったものの、それに支えられているだけの作品で、他のアドベンチャー映画と同じ様なシーンや映像が多く残念な内容であり、一般の受けは良かったものの、批評家の評価は低かった。

製作費に1億2000万ドルをかけた大作であり、北米興行収入は約1億4900万ドル、全世界では4億ドルを超すヒットとはなったが、予想を下回る結果となった。

主演のトム・ホランドは、平凡な青年に見えるものの、鍛え抜かれた体と優れた身体能力を活かし行動する主人公を熱演している。

主人公と共に財宝を探すトレジャーハンターのマーク・ウォールバーグ、意外にも呆気なく姿を消すのが残念な、主人公のライバルとなる大富豪アントニオ・バンデラス、その傭兵のリーダーである危険人物タティ・ガブリエル、主人公らに協力するトレジャーハンターのソフィア・アリ、姿を消した主人公の兄ルディ・パンコウ、モンガーダ(アントニオ・バンデラス)の父親マヌエル・デ・ブラス、モンガーダの部下スティーヴン・ウォディントンとピンギー・モリ、主人公がブレスレットを盗む女性アラナ・ボーデン、ホテルの客ノーラン・ノース、エンドクレジットで登場する主人公の取引相手ピルウ・アスベック、主人公の少年期ティエナン・ジョーンズ、エキストラでEl rubiusなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022