That's Movie Talk!     4075 Movies

アンブロークン Unbroken (2014) 2.54/5 (28)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2010年に発表された、ローラ・ヒレンブランドによるルイス・ザンペリーニの伝記”Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption”を基に製作された作品。
ベルリン・オリンピックに出場したアスリートのルイス・ザンペリーニの過酷な戦争体験を描く、製作、監督アンジェリーナ・ジョリー、主演ジャック・オコンネルドーナル・グリーソンギャレット・ヘドランド他共演の実録戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

アンジェリーナ・ジョリー / Angelina Jolie 作品一覧
コーエン兄弟 / Joel Coen, Ethan Coen 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:アンジェリーナ・ジョリー

製作
アンジェリーナ・ジョリー
アーウィン・ストフ
クレイトン・タウンセンド
マシュー・ベア
製作総指揮
ミック・ギャリス
トーマス・タル
ジョン・ジャシュニ
原作:ローラ・ヒレンブランド
Unbroken: A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption
脚本
ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
リチャード・ラグラヴェネーズ
ウィリアム・ニコルソン
撮影:ロジャー・ディーキンス
編集
ティム・スクワイアズ
ウィリアム・ゴールデンバーグ
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
ルイス“ルイ”ザンペリーニジャック・オコンネル
ルイス“ルイ”ザンペリーニ(少年期)C・J・ヴァルロイ
ラッセル“フィル”フィリップス:ドーナル・グリーソン
ジョン・フィッツジェラルド:ギャレット・ヘドランド
渡邊睦裕MIYAVI
フランシス“マック”マクナマラ:フィン・ウィットロック
チャールトン・ヒュー“カップ”カパーネル:ジェイ・コートニー
ミラー:ルーク・トレッダウェイ
クリフ:ジョーダン・パトリック・スミス
ラジオ東京局員:泉原豊
アンソニー:ヴィンチェンツォ・アマート
フランク・A・ティンカー:ジョン・マガロ
ピート・ザンペリーニ:アレックス・ラッセル
ピート・ザンペリーニ(少年期):ジョン・ディレオ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2014年製作 137分
公開
北米:2014年12月25日
日本:2016年2月6日
製作費 $65,000,000
北米興行収入 $115,637,900
世界 $161,459,300


アカデミー賞
第87回アカデミー賞

・ノミネート
撮影・音響編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1943年4月、太平洋戦争下。
アメリカ陸軍航空軍の爆撃機”B-24 リベレーター”の編隊は、太平洋の”ナウル島”に向かう。

爆撃手のルイス“ルイ”ザンペリーニジャック・オコンネル)は、対空砲火の中で爆弾を投下するものの、ハッチが閉まらないことに気づく。

ゼロ戦の襲来で負傷者が出て機体も損傷し、減速もできないことを知らされたルイは、基地に戻れるか分からないとパイロットのラッセル“フィル”フィリップス(ドーナル・グリーソン)とチャールトン・ヒュー“カップ”カパーネル(ジェイ・コートニー)から言われる。
__________

カリフォルニア州、トーランス
イタリア移民の子だったルイC・J・ヴァルロイ)は、盗みや喧嘩に明け暮れる手の付けられない不良だった。

・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1943年、太平洋戦争下。
かつてベルリン・オリンピックに出場した、アメリカ陸軍航空軍の爆撃機”B-24”の爆撃手ルイス“ルイ”ザンペリーニらは、墜落機捜索の任務を受ける。
しかし、エンジンの不調で機体は墜落し、脱出したルイは、同僚のフィルとマックと共に漂流を続ける。
衰弱したマックは死亡し、ルイとフィルは日本軍の船に救出されて捕虜となり、その後、東京の大森収容所に移動する。
そこでルイは、”バード”とあだ名される冷酷な所長の渡邊伍長に目を付けられてしまう・・・。
__________

トップ・スターのアンジェリーナ・ジョリーが、製作を兼ねて監督した作品として話題になった作品。

日本軍による捕虜虐待を描いている作品であるため、日本では上映反対運動が起き、そのため、公開が北米よりも1年以上遅れた。

注目作”アンブロークン”として宣伝したくないとも思える、誰に配慮しているのか不明な、邦題の”不屈の男”などという言葉は不要だ。
副題であっても必要なし。

アンジェリーナ・ジョリーが、日本軍による捕虜の虐待そのものを責める意図で製作したのではないことは明らかで、当事者の渡邊睦裕軍曹がそれを認めたことは事実であり、ルイス・ザンペリーニの生き方を追及する人間ドラマとして観ることをお勧めします。

捕虜の虐待は犯罪として捉えるべきだが、ドラマでは、国際法違反であるアメリカ軍による市民に対しての爆撃も描かれているため、戦争の悲惨さを素直に受け入れるべきだ。

それよりも、耐えることや信じることの大切さを身をもって体験した80歳のルイス・ザンペリーニが、冬季オリンピック長野大会の聖火ランナーを務め、かつて死を覚悟した地である、直江津収容所のあった上越市内を笑顔で走る姿を見て、希望を見出すことに未来があると思う。

ルイス“ルイ”ザンペリーニは本作公開の5か月前に他界している。

第87回アカデミー賞では、撮影、音響編集、録音賞にノミネートされた。

評価はそれほど高くはなかったが、北米興行収入は約1億1600万ドル、全世界では約1億6100万ドルという結果になり、世界的には受け入れられなかったことが分かる。

主人公のルイス“ルイ”ザンペリーニを熱演するジャック・オコンネル、その少年期C・J・ヴァルロイ、主人公と共に捕虜となるドーナル・グリーソン、主人公を励ます収容所の同僚ギャレット・ヘドランド、髪の毛くらいは坊主にして日本軍人らしくしてほしいという印象しか残らない、サディスティックな収容所長の渡邊睦裕を演ずるMIYAVI、主人公と漂流するフィン・ウィットロック、パイロットのジェイ・コートニー、同僚兵士のジョーダン・パトリック・スミス、捕虜のルーク・トレッダウェイジョン・マガロ、主人公の兄アレックス・ラッセル、その少年期ジョン・ディレオなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up