4504 Movies

ジェイド Jade (1995)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

著名な実業家の殺害事件から浮上した謎の女”ジェイド”を追う地方検事補の執念の捜査を描く、監督ウィリアム・フリードキン、主演デヴィッド・カルーソリンダ・フィオレンティーノチャズ・パルミンテリマイケル・ビーンリチャード・クレンナ他共演のエロティック・サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:ウィリアム・フリードキン

製作
ゲイリー・アデルソン
クレイグ・ボームガーテン
ロバート・エヴァンス
製作総指揮
ジョー・エスターハス
ウィリアム・J・マクドナルド
脚本:ジョー・エスターハス
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
編集:オージー・ヘス
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
デヴィッド・コレリ:デヴィッド・カルーソ
カトリーナ・ギャヴィン/ジェイド:リンダ・フィオレンティーノ
マット・ギャヴィン:チャズ・パルミンテリ
ボブ・ハーグローブ:マイケル・ビーン
ルー・エドワーズ:リチャード・クレンナ
カレン・ヘラー:ドナ・マーフィ
ピティ・ヴェスコ:ケン・キング
ビル・バレット:ホルト・マッキャラニー
パット・キャレンダー:デヴィッド・ハント
パトリース:アンジー・エヴァーハート
アーノルド・クリフォード:ケヴィン・タイ
グリーン:ロビン・トーマス
ジャスティン・ヘンダーソン:ジェイ・ジェイコブス
サンディ:ヴィクトリア・スミス
ウォン:ヴィクター・ウォン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1995年製作 95分
公開
北米:1995年10月13日
日本:未公開
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $9,795,020


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
サンフランシスコ
著名な実業家であるカイル・メドフォードが、屋敷で殺害される。

ダンス・パーティーを楽しむ地方検事補のデヴィッド・コレリ(デヴィッド・カルーソ)は、親友の弁護士マット・ギャヴィン(チャズ・パルミンテリ)と、かつて関係のあった妻カトリーナ(リンダ・フィオレンティーノ)の仲睦まじい姿を見守る。

カトリーナと踊ったコレリに電話が入り、メドフォードが殺害されたことを知る。

それをマットに伝えたコレリは、カトリーナから、絵の話で今日会ったばかりだと言われる。

現場に着いたコレリは、同僚である刑事のボブ・ハーグローブ(マイケル・ビーン)、カレン・ヘラー(ドナ・マーフィ)、ピティ・ヴェスコ(ケン・キング)、パット・キャレンダー(デヴィッド・ハント)らから情況を聞く。

凶器である美術品の斧などを確認したコレリは、小さな容器に入った髪の毛のようなもののコレクションと、落ちていたカフスボタンを見つける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
サンフランシスコ
著名な実業家メドフォードが殺害され、地方検事補デヴィッド・コレリは、親友の弁護士マットの妻で、かつて関係があったカトリーナが、殺害の当日にメドフォードと会っていたことを知る。
捜査を始め、現場である容器を見つけたコレリは、それに刻まれた文字”玉”の意味が”ジェイド/淫婦”だということを知る。
屋敷の金庫から州知事エドワーズと女が愛し合う写真のネガが見つかり、それを知事に見せたコレリは、名前は出すなと脅される。
その後、知事と愛し合った女パトリースを連行したコレリは、男を魅了するジェイドの存在を知り、彼女が犯人である可能性を考えて捜査を進めるのだが・・・。
__________

ウィリアム・フリードキンの演出、魅力的なキャスティングなどが注目のエロティック・サスペンス。

敏腕弁護士の妻で著名な臨床心理学者でもある女性の、愛欲を求める”謎”の行動、かつて彼女と関係した地方検事補が、彼女を疑いながら殺人事件の捜査を担当するという複雑な展開となっている。

更には州知事も絡んで警察内部に入り込み、権力でスキャンダルを揉み消そうとされながらも、懸命に捜査を続ける検事補の苦闘を描いている。

主人公の検事を補演ずるデヴィッド・カルーソが、実力派スターであるにも拘らずやや存在感に乏しく、裏の顔を持つ”謎の女”を演ずるリンダ・フィオレンティーノも、個人的には、宣伝で言われるような魅力を感じない。

彼女の夫で弁護士を演ずるチャズ・パルミンテリの役柄は印象に残り、犯人だった彼が、思い通りにならなかった妻をコントロールしようとしながら終わるラストは怖い。

ジェームズ・ホーナーの音楽も、内容に合っていないような場面も多々あり気になる。

5000万ドルかけた本作は批評家から酷評され、北米興行収入は約980万ドルという、惨憺たる結果に終わってしまった。

主人公と共に事件を捜査しながら、州知事(リチャード・クレンナ)側につきスキャンダルを揉み消そうとする刑事マイケル・ビーン、彼の同僚ドナ・マーフィ、ケン・キング、デヴィッド・ハント、州知事の広報担当ホルト・マッキャラニー、州知事と関係する女アンジー・エヴァーハート、主人公の上司である検事ケヴィン・タイ、ジェイドと関係するロビン・トーマス中国人古美術商のヴィクター・ウォンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021