4236 Movies

ブレイクアウト Trespass (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

強盗に襲われたダイヤモンド・ディーラーの一家が、命を懸けて犯人達に立ち向かう姿を描く、製作アーウィン・ウィンクラー、監督ジョエル・シュマッカー、主演ニコラス・ケイジニコール・キッドマンリアナ・リベラトベン・メンデルソーン他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage 作品一覧
ニコラス・ケイジ / Nicolas Cage / Pinterest
ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョエル・シュマッカー
製作総指揮
アヴィ・ラーナー

ダニー・ディムボート
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
製作
アーウィン・ウィンクラー

デヴィッド・ウィンクラー
脚本:カール・ガイダシェク
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
編集:ビル・パンコウ
音楽:デヴィッド・バックリー

出演
カイル・ミラー:ニコラス・ケイジ

サラ・ミラー:ニコール・キッドマン
エイヴリー・ミラー:リアナ・リベラト
エライアス:ベン・メンデルソーン
ジョナ:キャム・ギガンデット
ペタル:ジョーダナ・スパイロ
タイ:ダッシュ・ミホク
ジェイク:ニコ・トルトレラ
ケンドラ:エミリー・ミード

アメリカ 映画
配給 ミレニアム・エンタテインメント

2011年製作 91分
公開
北米:2011年10月14日
日本:2012年6月23日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $24,090
世界 $9,612,470


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ダイヤモンド・ディーラーのカイル・ミラー(ニコラス・ケイジ)は、クライアントとの交渉をしながら、厳重に警備された豪邸に戻る。

カイルの美しい妻サラ(ニコール・キッドマン)は、パーティーに行きたたがる娘のエイヴリー(リアナ・リベラト)に外出を禁ずる。

久し振りに家に戻ったカイルも、自分に外出の許可を求めるエイヴリーに、それを許さないことを伝える。

両親に不満をもらすエイヴリーは、部屋に閉じこもってしまう。

家を出ていることが多い、家族のためとは言え仕事一筋のカイルと、サラの関係は正常ではなかった。

エイヴリーは、サラが部屋に届けに来た後その場を抜け出し、街道で待っていたケンドラ(エミリー・ミード)の車に乗ってパーティーに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
家を出ることの多いダイヤモンド・ディーラーのカイル・ミラーは、美しい妻サラとしっくりこない関係を何とか維持していた。
反抗期でもある二人の娘エイヴリーは、両親に禁止されたパーティーに、こっそり家を抜け出して向かってしまう。
その後ミラー邸に、警戒のため保安官が訪れるが、それは、エライアスをリーダーとした強盗一味だった。
サラと共に捕えられたカイルは、エライアスに、金庫を開けるよう命ぜられる。
しかし、カイルはそれを拒み、犯人が盗もうとするダイヤのカットや刻印を消すことは、自分しかできないことをエライアスに伝える。
恐怖に怯えるサラは、一味の中のエライアスの弟ジョナが、警備会社の者として家に出入りし、自分に好意を示した男だと気付く。
エライアスに、自分の意見が通じなかったカイルは更に脅されるのだが、実は彼は、ある秘密を抱えていた・・・。
__________

監督ジョエル・シュマッカーニコラス・ケイジニコール・キッドマン主演という豪華顔合わせは注目だ。

当初、ニコラス・ケイジは犯人役を希望するものの認められず、夫役にはリーヴ・シュレイバーが候補にあがり、結局はニコラス・ケイジが夫役を演ずることになった。
彼が犯人役に回った方が良かったかもしれない。

結果、ニコラス・ケイジは酷評され、ラジー賞にもノミネートされてしまった。

これだけのビッグネームが組んだ作品にも拘らず、拡大公開もされずに、興行的にも大失敗に終わった。

冒頭は興味深く始まるのだが、素人のような強盗(後半で理由が分かる)が、うまく事を運べない中盤は退屈で、クライマックスも盛り上がりに欠ける、ジョエル・シュマッカーの演出も彼にしては平凡だ。

スーパー・ビジネスマン風で登場するものの、悩みを抱えている役柄のせいか、精彩のない風貌が気になる主人公のニコラス・ケイジ、その妻を熱演し、彼女らしい深みのある演技も見せるニコール・キッドマン、二人の娘リアナ・リベラト、犯人のリーダー、ベン・メンデルソーン、その弟キャム・ギガンデット、リーダーの恋人ジョーダナ・スパイロ、組織の監視役ダッシュ・ミホク、パーティーのホスト、ニコ・トルトレラ、主人公の娘の友人エミリー・ミードなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020