4234 Movies

アイランド The Island (2005)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

地上の環境汚染を避け地下都市に住む青年が、あることをきっかけに全てを管理される自分達の秘密を知り、それを解明するために戦う姿を描く、製作、監督マイケル・ベイ、主演ユアン・マクレガースカーレット・ヨハンソンジャイモン・フンスーショーン・ビーンマイケル・クラーク・ダンカンスティーヴ・ブシェミ他共演のSFサスペンス・アクション。


SF

スカーレット・ヨハンソン / Scarlett Johansson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:ローリー・マクドナルド
製作
マイケル・ベイ

イアン・ブライス
ウォルター・F・パークス
原案:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン
脚本
カスピアン・トレッドウェル=オーウェン

アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
撮影:マウロ・フィオーレ
編集
ポール・ルベル

クリスチャン・ワグナー
音楽:スティーヴ・ジャブロンスキー

出演
リンカーン・6・エコー/トム・リンカーン:ユアン・マクレガー

ジョーダン・2・デルタ/サラ・ジョーダン:スカーレット・ヨハンソン
アルベルト・ローラン:ジャイモン・フンスー
メリック博士:ショーン・ビーン
スタークウェザー・2・デルタ:マイケル・クラーク・ダンカン
ジェームス”マック”マッコード:スティーヴ・ブシェミ
ジョーンズ・3・エコー:イーサン・フィリップス
臓器運搬業者:グレン・モーシャワー
スージー:ショウニー・スミス

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(世界)
ドリームワークス(北米)
2005年製作 136分
公開
北米:2005年7月22日
日本:2005年7月23日
製作費 $126,000,000
北米興行収入 $35,818,910
世界 $162,949,160


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2019年7月19日。
青年リンカーン・6・エコー(ユアン・マクレガー)は、ジョーダン・2・デルタ(スカーレット・ヨハンソン)に導かれながら、理想の地”アイランド”に到着する寸前で海に落ちる悪夢を繰り返して見ていた。

睡眠周期の異常で、精神管理センターに行く指示を受けたリンカーンは、健康や食事など、全て完璧に管理される一日の始りを迎える。

抽選で選ばれる、”アイランド”に行ける者達の話題などを気にしながら、リンカーンは朝食の際に、食事制限を受けてしまう。

そこに現れたジョーダンが、巧みに食材を手に入れて、リンカーンは、好みの食材を分けてもらいながら、彼女との会話を楽しむ。

バイオテクノロジー研究施設”バイオテック”のオーナーである、科学者のメリック博士(ショーン・ビーン)の元に向かったリンカーンは、悪夢のことなどを聞かれ、その内容を話し、それに出てくるボートを描く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2019年。
外気の環境汚染により地下都市に住む青年のリンカーン・6・エコーは、抽選で選ばれる、理想の地”アイランド”に到着する寸前に、海に落ちる悪夢を毎日見ていた。
リンカーンは、全てを管理されて暮らす生活に疑問を抱き始める。
バイオテクノロジー研究施設”バイオテック”のオーナー、メリック博士は、そんなリンカーンの脳スキャンを試みる。
リンカーンは、施設のメンテナンス担当者で友人のマッコードに会い情報を得ようとする。
自分が特別な存在だと、夢でも言われることしか分からなかったリンカーンは、通気口で一匹の蛾を見つける。
その後、心を寄せる女性ジョーダンが”アイランド”行きに選ばれ、それをリンカーンも喜ぶ。
悪夢の後で、蛾の存在が気になるリンカーンは、それを放ち後を追い、”アイランド”に向かう者が、臓器を摘出される現場を目撃してしまう。
”アイランド”が存在しないことと、ジョーダンに迫る危機を知ったリンカーンは、彼女を連れて地上に脱出するのだが・・・。
__________

ハリウッドのヒットメーカー、マイケル・ベイによる、製作費1億2600万ドルをかけた超大作であり、若手人気スター、ユアン・マクレガースカーレット・ヨハンソンの出演も大いに話題になった作品。

穏やかに始まる序盤から、施設が”クローン工場”と分かるサスペンス・タッチの中盤、そしてマイケル・ベイ作品らしい、度肝を抜くアクションの連続と見応えある作品には仕上がっている。

クローンの発注目的や、そのクライアントの豊かな生活、消耗品として管理される”製品”の悲しい運命の描写なども細やかに描かれてはいる。

しかし、映像的には楽しめるものの、物語の発想に新鮮味がなく、北米興行収入は約3600万ドルに終わり、全世界では、何んとか製作費を回収する1億6200万ドルに達したが、マイケル・ベイ作品としてはやや寂しい結果になった。

クローンと発注者の二役を演じ、激しいアクションもこなす熱演のユアン・マクレガー、同じく二役で、主人公の恋人となるスカーレット・ヨハンソン、頑強なハンターではあるが、終盤には男気を見せるジャイモン・フンスークローン製造で莫大な利益を得ようとする科学者ショーン・ビーン、途中で殺されてしまうのが残念な、曲者役者の本領を発揮する施設の技術者スティーヴ・ブシェミ、その恋人ショウニー・スミスクローンマイケル・クラーク・ダンカンイーサン・フィリップス、臓器運搬業者のグレン・モーシャワーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020