4233 Movies

ニューヨークの王様 A King in New York (1957)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1952年にアメリカを追放されたチャールズ・チャップリン製作、監督、脚本、音楽をてがけた、アメリカ社会を痛烈に皮肉った風刺コメディ。
マクシーン・オードリージェリー・デズモンド他共演。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・チャップリン
製作:チャールズ・チャップリン
脚本:チャールズ・チャップリン
撮影:ジョルジュ・ペリナール
編集:ジョン・シーボーンSr.
音楽:チャールズ・チャップリン

出演
イゴール・シャドフ王:チャールズ・チャップリン

アイリーン王妃:マクシーン・オードリー
ヴーデル首相:ジェリー・デズモンド
ジョミエ大使:オリバー・ジョンストン
アン・ケイ:ドーン・アダムズ
ジョンソン:シド・ジェイムズ
モナ・クロムウェル:ジョーン・イングラムズ
ルパート・マカビー:マイケル・チャップリン
マカビー:ジョン・マクラーレン
校長:フィル・ブラウン
弁護士:ハリー・グリーン
エレベーター・ボーイ:ロバート・アーデン
教育長:アラン・ギフォード
連邦保安官:ロバート・コードロン
原子力委員会の委員:ジョージ・ウドブリッジ

イギリス 映画
配給 Attica Film Company
1957年製作 104分
公開
イギリス:1957年9月12日
北米:1972年3月8日
日本:1959年2月28日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
革命のために国を追われたエストロヴィア国王イゴール・シャドフ王(チャールズ・チャップリン)は、アメリカに亡命するために空路ニューヨークに向かう。

現地に到着したシャドフは、信用していないヴーデル首相(ジェリー・デズモンド)が、国から持ち出した有価証券などを管理していることを知り不安になる。

記者会見を始めたシャドフは、予想通りヴーデル名義の金庫にそれを預けてあることを知る。

ヴーデルは、財産の手続きは入国審査の後だとシャドフに伝え、記者達の質問を受ける。

シャドフは、閣僚が平和利用に反対して原爆を欲しがったたことを批判し、興奮しながら亡命の理由を語り始める。

ヴーデルは、入国審査があると言って会見を打ち切り、シャドフは手続きを済ませて滞在先に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
エストロヴィア国王イゴール・シャドフは、革命で国を追われアメリカに亡命する。
ニューヨークに着いたシャドフだったが、首相に財産を奪われ破産してしまう。
そんなシャドフに目を付けていたテレビ局が、アナウンサーのアンを彼に接近させる。
シャドフは、何も気づかぬままに、アンの魅力に誘われてパーティーに出席するが、それは彼女の番組収録の現場だった。
シャドフに付き添うジョミエ大使がそれに気づき、ホテルの部屋に戻ったシャドフは、自分がアメリカ社会の餌食になったことを知る。
国王としての権威も失うような行為をしてしまったシャドフは、亡命のきっかけになった原子力計画を、まともに聞く者もいなくなったことをジョミエに指摘され落胆する。
ところが、シャドフのテレビ出演はアメリカ人に大いに受け、CMの出演依頼が入っていることをアンに知らされる。
プライドのあるシャドフは、それを断るものの、手元の資金が底を突き、仕方なくアンの申し出を受け入れるのだが・・・。
__________

アメリカと決別したチャールズ・チャップリンが、その象徴的な大都市ニューヨークを舞台にして、アメリカ社会、文化を徹底的に攻撃しているように思えるのだが、自分を育ててくれた第二の故郷への敬意のようなものも感じる。

当時としては、かなり過激な描写もあるが、第二次大戦以降の世界をリードするアメリカが、この程度の風刺で怯むはずのないことをチャップリンは承知して製作したのも確かだ。

とは言え、1972年4月10日に行われた、第44回アカデミー賞で、チャップリンが名誉賞を受賞し、再び迎えられた直前の3月まで、アメリカ国内では上映されることはなかった。

最後の主演作となった60代後半のチャップリンだが、絶妙である驚きの表情や細やかな仕草なども健在で、古風なギャグもきっちりと盛り込まれている、実に愉快な作品だ。

序盤に登場するだけの王妃マクシーン・オードリー、同じく国王を裏切る首相のマクシーン・オードリー、国王に付き添う大使オリバー・ジョンストン、典型的なキャリアウーマンとしてテレビ局員を演ずるドーン・アダムズ、同じく宣伝部長シド・ジェイムズ、テレビ局のオーナー、ジョーン・イングラムズ、チャップリンウーナ・オニールの息子で、熱演が注目の共産党員の息子役マイケル・チャップリン、その父親ジョン・マクラーレン、学校の校長フィル・ブラウン、弁護士のハリー・グリーン、エレベーター・ボーイ、ロバート・アーデン、教育長アラン・ギフォード連邦保安官役のロバート・コードロン、原子力委員会の委員のジョージ・ウドブリッジなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020