4130 Movies

エル・シド El Cid (1961)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

レコンキスタ”で救国の英雄として伝説化されている、カスティーリャ王国の貴族ロドリゴ・ディアス・デ・ビバール/エル・シドの生涯を描く、監督アンソニー・マン、主演チャールトン・ヘストンソフィア・ローレンハーバート・ロム他共演のスペクタクル超大作。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト ■
監督:アンソニー・マン
製作:サミュエル・ブロンストン
原作:フレドリック・M・フランク
脚本
フレドリック・M・フランク

フィリップ・ヨーダン
撮影:ロバート・クラスカー
美術・装置
ヴェニエロ・コラサンティ

ジョン・ムーア
編集:ロバート・ローレンス
音楽:ミクロス・ローザ
主題歌:”Love Theme from El Cid”

出演
エル・シド/ロドリゴ・ディアスチャールトン・ヘストン
シメン・ゴルマス・ディアスソフィア・ローレン
ベン・ユサフハーバート・ロム
ガルシア・オルドニェス伯爵:ラフ・ヴァローネ
ウラカ王女:ジュヌヴィエーヴ・パージェ
アルフォンソ6世ジョン・フレイザー
アル・ムータミンダグラス・ウィルマー
ドン・ディエゴ:マイケル・ホーダーン
アル・カディア:フランク・スリング
ゴルマス伯爵:アンドリュー・クルークシャンク
サンチョ王子:ゲイリー・レイモンド
フェルナンド1世ラルフ・トルーマン
ファニェス:マッシモ・セラート
アリアス:ハード・ハットフィールド
アル・ジャリフィ:トゥリオ・カルミナティ

アメリカ/イタリア 映画
配給
アライド・アーティスト・ピクチャーズ・コーポレーション(北米)
Dear Film(イタリア)
1961年製作 184分
公開
北米:1961年10月24日
イタリア:1961年12月14日
日本:1961年4月27日
製作費 $6,250,000
北米興行収入 $26,620,000


アカデミー賞 ■
第34回アカデミー賞
・ノミネート
美術・音楽・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
11世紀、スペイン
キリスト教徒ムーア人の争いで国は二分されていた。

アフリカ
ムーア人の狂言者ベン・ユサフ(ハーバート・ロム)は、世界を支配せよという預言者のお告げに従い、アラーの帝国を築くために、スペインそしてヨーロッパに攻め込もうとする。

スペイン
ヴィヴァールの貴族ロドリゴ・ディアス(チャールトン・ヘストン)は、町を破壊したムーア人の大公アル・ムータミン(ダグラス・ウィルマー)とアル・カディア(フランク・スリング)らを捕える。

ヴィヴァールに戻ったロドリゴは、父ドン・ディエゴ(マイケル・ホーダーン)に捕虜を捧げる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
11世紀、スペイン
ムーア人の侵略に脅かされるキリスト教徒の地では、国内が二分され混乱を招いていた。
ヴィヴァールの貴族ロドリゴ・ディアスは、町を破壊したムーア人の大公アル・ムータミンらを捕えるが、国王フェルナンド1世に差し出すことを拒み解放してしまう。
ムータミンは、永遠の友情と国王への忠誠をロドリゴに誓い、彼に”エル・シド”の称号を与える。
しかし、エル・シドは国王への反逆罪を問われてしまい、ゴルマス伯爵令嬢シメンとの婚礼を控えていたエル・シドは苦悩する。
父ディエゴがゴルマスに侮辱されたため、名誉を取り戻そうとしたエル・シドは、仕方なく剣を交え彼を殺害してしまう。
シメンは、エル・シドを許すことができずにいたが、他国の侵略を自らの勇気で防いだ彼は、国王から最高戦士の名誉を与えられる。
その後ロドリゴは、武勲によりシメンとの結婚を王に許可されるのだが、彼女は尚も父の復讐を果たそうとする・・・。
__________

歴史的事実からすると、かなり脚色された部分がある内容だが、「ベン・ハー」(1959)に続く史劇であり、まだ30代にも拘らず、画面を支配し圧倒的存在感を示すチャールトン・ヘストンが人気を決定づけた作品でもある。

揺れ動く夫婦愛の物語でもあり、名誉と王への忠誠心に生きる、伝説の人物を描く重厚な内容、アンソニー・マンらしい深みのある演出は、迫力映像と共に見応え十分だ。

2年前の「ベン・ハー」(1959)を思い起こさせる、ミクロス・ローザの勇壮な音楽も印象に残る。

第34回アカデミー賞では、美術・音楽・歌曲賞にノミネートされた。

北米興行収入は、約2700万ドルの大ヒットとなった。

意思の強さを感じる、画面に映し出される表情が、他の俳優とは異次元のような存在でもある、伝説の勇将エル・シド/ロドリゴ・ディアスを演ずるチャールトン・ヘストン、同じく彫刻のような美しさ、オーラを発する妻のシメン・ゴルマス役のソフィア・ローレン、これだけの大作の主役を見事に演ずる若い二人の好演は光る。

ムーア人の狂言者ベン・ユサフハーバート・ロムシメンの愛を受けられない悪役的な前半から、主人公の協力者となる伯爵のガルシア・オルドニェスラフ・ヴァローネウラカ王女役のジュヌヴィエーヴ・パージェアルフォンソ6世ジョン・フレイザー、主人公に永遠の友情を誓うムーア人の大公アル・ムータミン役のダグラス・ィルマー、同じく大公フランク・スリング、主人公の父親マイケル・ホーダーンシメンの父親アンドリュー・クルークシャンクサンチョ王子のゲイリー・レイモンドフェルナンド1世ラルフ・トルーマン、主人公のいとこマッシモ・セラートベン・ユサフが送り込むスパイ、ハード・ハットフィールドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020