4354 Movies

トランセンデンス Transcendence (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

進化した人工知能によるナノテクノロジーがもたらす危機を描く、製作総指揮クリストファー・ノーラン、主演ジョニー・デップレベッカ・ホールポール・ベタニーケイト・マーラモーガン・フリーマンキリアン・マーフィーコール・ハウザー他共演、監督ウォーリー・フィスターによるSF映画。


SF

ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ウォーリー・フィスター
製作
ケイト・コーエン
ブロデリック・ジョンソン

アンドリュー・A・コソーヴ
アニー・マーター
マリサ・ポルヴィーノ
デイヴィッド・ヴァルデス

製作総指揮
ダン・ミンツ

クリストファー・ノーラン
エマ・トーマス
脚本:ジャック・パグレン
撮影:ジェス・ホール
編集:デイヴィッド・ローゼンブルーム

音楽:マイケル・ダナ

出演
ウィル・キャスター:ジョニー・デップ

エヴリン・キャスター:レベッカ・ホール
マックス・ウォーターズ:ポール・ベタニー
ブリー・ネヴィンズ:ケイト・マーラ
ドナルド・ブキャナン:キリアン・マーフィー
スティーヴンス大佐:コール・ハウザー
ジョセフ・タガー:モーガン・フリーマン
マーティン:クリフトン・コリンズJr.
ジョエル・エドモンド:コリー・ハードリクト
ボブ:ファルク・ハンチェル
ポール:ジョシュ・スチュアート
ロジャー:ルース・レインズ
ヘン:フェルナンド・チェン
トーマス・ケイシー:ザンダー・バークレイ

ジェームズ・トーマス:ルーカス・ハース
ストラウス:ウォレス・ランガム
PINN(声):リナン・ザガー

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(北米)
サミット・エンターテインメント(世界)
2014年製作 119分
公開
北米:2014年4月18日
日本:2014年6月28日
製作費 $100,000,000
北米興行収入 $23,022,310
世界 $103,039,260


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
カリフォルニア州、バークレー
科学者のマックス・ウォーターズ(ポール・ベタニー)は、友人だった著名な科学者ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)と妻エヴリン(レベッカ・ホール)のことを思い起こす。

5年前、”リバモア国立研究所”。
プログラマーがバースデー・ケーキを持ち込み、それが科学者ジョセフ・タガー(モーガン・フリーマン)にも切り分けられる。

講演会で演説する予定だったウィルとエヴリンは会場に向い、マックスに迎えられる。

マックスとエヴリンに続きステージに立ったウィルは、世界初の人工知能について語り始め、一般的に言われる”シンギュラリティー/特異点”を”トランセンデンス/超越”と呼ぶ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
カリフォルニア州、バークレー
人工知能の研究を進める著名な科学者ウィル・キャスターは、妻エヴリンと共に講演に向う。
会場で、科学進歩を阻止しようとするテロ組織”RIFT”の銃弾に倒れたウィルは、一命を取り留めるものの、弾丸に混ぜられていた物質による放射線中毒で、余命約1か月と宣告される。
コンピューターに既存の自我を移植をする研究がサルで成功していたことを知るエヴリンは、人工知能”PINN”にウィルの意思をアップロードすることを考える。
友人である科学者マックスは、危険を承知しながらそれを実行しようとするエヴリンに協力する。
アップロードは成功するもののウィルは息を引き取り、データ処理と起動を試みたエヴリンとマックスは、ウィルの呼びかけを確認する。
喜ぶエヴリンは、金融システムやあらゆる情報を入手するため、インターネットに接続するようウィルに指示される。
それがウィルかを疑うマックスは危険を感じるが、彼を追い出したエヴリンは、ウィルに従いネット接続を実行してしまう・・・。
__________

クリストファー・ノーランが製作総指揮を務め、彼の作品などの撮影を担当していたウォーリー・フィスターの監督デビュー作でもある。

超大物のジョニー・デップが主演、クリストファー・ノーラン作品の出演も多いキリアン・マーフィーモーガン・フリーマン他豪華スター競演という、ファンにはたまらないSF大作として話題になった。

しかし、最新の人工知能の研究も映画の世界ではお馴染みなので、ストーリーは斬新さが欠ける。

予測不能の展開などと宣伝されたものの、人工知能の暴走は定番であり、それに夫婦愛がからんでいるため、友人の科学者ポール・ベタニーが冒頭で登場し二人のことを語り始めるのだから、殆ど予想ができる内容だ。

注目作ではあったが、北米興行収入は約2300万ドルと振るわず、全世界でもようやく製作費を回収する程度の約1億ドルに留まった。(製作費1億ドル)

上映開始から30分で死亡して姿を消し、意識としての人工知能、そしてクライマックスで人体再生で再登場するという出演のため、ややファンにとっては残念な役柄と言えないでもないジョニー・デップだが、その分野の第一人者である科学者を雰囲気を出して演じている。

実生活でも超エリートとして知られるため、科学者である主人公の妻を適役としてこなすレベッカ・ホール、二人に協力する友人である科学者ポール・ベタニー、行き過ぎた科学進歩に警鐘を鳴らすテロ組織のリーダー、ケイト・マーラFBI捜査官のキリアン・マーフィー、軍の指揮官コール・ハウザー、主人公の友人である科学者モーガン・フリーマン、地下施設の建造を請け負う建設業者クリフトン・コリンズJr.、主人公を銃撃するテロ組織の一員ルーカス・ハース、人工知能に自我の移植をする研究に成功する科学者ザンダー・バークレイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020