4294 Movies

カルメン Carmen (1915)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1845年に発表された、プロスペル・メリメの中編小説”カルメン”を基に製作された作品。
男を手玉に取るジプシーの女カルメンと、彼女に翻弄される男達を描く、製作、監督セシル・B・デミル、主演ジェラルディン・ファーラーウォーレス・リードペドロ・デ・コルドバ共演のドラマであるサイレント映画。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:セシル・B・デミル
製作:セシル・B・デミル
原作:プロスペル・メリメカルメン
脚本:ウィリアム・C・デミル
撮影:アルヴィン・ウィコッフ

編集
セシル・B・デミル

アン・ボウチェンス
音楽
ヒューゴ・リーゼンフェルド

サミュエル・ロキシー・ローサンフェル

出演
カルメン:ジェラルディン・ファーラー

ドン・ホセ:ウォーレス・リード
エスカミーリョ:ペドロ・デ・コルドバ
パスティア:ホレイス・B・カーペンター
モラレス:ウィリアム・エルマー
ジプシーの少女:ジャニー・マクファーソン
ジプシーの少女:アニタ・キング
ガルシア:ミルトン・ブラウン

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1915年製作 65分
公開
北米:1915年10月31日
日本:1922年
製作費 $23,429
北米興行収入 $147,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
スペイン
酒場の主人である密輸団の一員パスティア(ホレイス・B・カーペンター)は、海岸に到着した仲間達を迎える。

竜騎兵の新任の伍長ドン・ホセ(ウォーレス・リード)をうまく丸め込もうとしたパスティアは、密輸団を見逃してくれれば賄賂を渡すことを彼に約束する。

それを断ったドン・ホセは、密輸は絶対に許さないと言ってパスティアに警告する。

それを仲間に伝えたパスティアは、とりあえず荷物を山に運ぶことにする。

密輸団のアジト。
ジプシーの女カルメン(ジェラルディン・ファーラー)は、ドン・ホセを買収できないまま荷物を運んできたパスティアらを嘲り笑う。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ジプシーの女カルメンは、密輸団の一員である酒場の主人パスティアが、竜騎兵の新任伍長ドン・ホセを買収できなかったことを知る。
自分なら落とせると自信を見せるカルメンは、ドン・ホセに近づくためにタバコ工場で働くようになる。
仕事を終え夜になり、酒場でドン・ホセを誘惑するカルメンは、彼を自分の虜にすることに成功する。
カルメンに心を寄せる闘牛士エスカミーリョは、二人を気にしながら苛立つ。
密輸を許可させるチャンスと考えたカルメンは、密輸団に合図を送ることを伝えてドン・ホセを誘惑するのだが・・・。
__________

前年にデビューし、同年(1915年)も合わせて25本もの作品を監督することになる若きセシル・B・デミルによるサイレント映画で、この時期は紛失する作品もあるため貴重な映像とも言える。

1世紀前の作品なのだが、30代半ばのセシル・B・デミルをはじめ、作品に関わる人々の映画製作への情熱と意欲が窺える力強い映像は必見だ。

リアリズムを追及するデミルは、クライマックスの闘牛場のシーンでは、ロサンゼルスで2000人のエキストラを使い実際の闘牛を行った。

有名なソプラノ歌手であったジェラルディン・ファーラーが主人公のカルメンを演じ、サイレント映画ということもあるが、表現を誇張するそのパワフルな演技は見もので、大スターの貫禄十分だ。

女同士の喧嘩のシーンなどは凄まじい迫力で、演技とは思えない本当の争いのようにも思える。

映画出演が舞台のキャリアの妨げになると考えられていた時代、ジェラルディン・ファーラーは、最初に映画で成功した舞台人としても知られ、14作中6作がセシル・B・デミル作品でもある。

主人公カルメンに翻弄される竜騎兵の新任伍長ドン・ホセを演ずるウォーレス・リード、カルメンに心を寄せる闘牛士エスカミーリョのペドロ・デ・コルドバ、酒場の主人である密輸団の一員パスティア役のホレイス・B・カーペンター、士官モラレスのウィリアム・エルマー、ジプシーの少女ジャニー・マクファーソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020