4511 Movies

ラッシュ Rush (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1970年代にF1で活躍した宿命のライバル、ジェームス・ハントニキ・ラウダの闘いと友情を描く、製作ブライアン・グレイザー、製作、監督ロン・ハワード、主演クリス・ヘムズワースダニエル・ブリュールオリヴィア・ワイルドアレクサンドラ・マリア・ララ他共演のドラマ。


ドラマ(スポーツ)


スタッフ キャスト ■
監督:ロン・ハワード
製作
ロン・ハワード

ブライアン・グレイザー
アンドリュー・イートン
エリック・フェルナー
ブライアン・オリヴァー
ピーター・モーガン
製作総指揮
トビン・アームブラスト

タイラー・トンプソン
トッド・ハロウェル
脚本:ピーター・モーガン
撮影:アンソニー・ドッド・マントル
編集
ダニエル・P・ハンリー

マイク・ヒル
音楽:ハンス・ジマー

出演
ジェームス・ハントクリス・ヘムズワース

ニキ・ラウダダニエル・ブリュール
スージー・ミラーオリヴィア・ワイルド
マルレーヌ・クナウス・ラウダ:アレクサンドラ・マリア・ララ
クレイ・レガツォーニピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
ルイス・スタンレーデヴィッド・コールダー
ジェマ:ナタリー・ドーマー
アラステア・コールドウェルスティーヴン・マンガン
アレクサンダー・ヘスケス卿:クリスチャン・マッケイ
スターリング・モスアリスター・ペトリ
アンソニー”バブルス”ホースリー:ジュリアン・リンド=タット
テディ・メイヤーコリン・スティントン
ハーベイ・ポスルスウェイトジェイミー・デ・コーシー
エンツォ・フェラーリ:アウグスト・ダラーラ
ハンス・ラウダ:ハンス=エッカート・エックハルト

ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロイラリオ・カルボ
ガイ・エドワーズジェームス・ノートン
ピーター・ハント:ジェフリー・ストリートフェイルド
本人:ヨッヘン・マス
長谷見昌弘ザック・ニイザト
高原敬武小家山晃
ジョディー・シェクター:マーティン・J・スミス
ブレット・ランガーロブ・オースティン

ハラルド・アートルトム・ヴラシア

イギリス/ドイツ/アメリカ 映画
配給
ユニバーサル・ピクチャーズ(北米)
StudioCanal(イギリス)
Universum Film AG(ドイツ)
2013年製作 122分
公開
イギリス:2013年9月13日
ドイツ:2013年10月3日
北米:2013年9月27日
日本:2014年2月7日
製作費 $38,000,000
北米興行収入 $26,947,620
世界 $90,247,620


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1976年8月1日、F1ドイツGPニュルブルクリンク
2年連続のチャンピオンを目指していたフェラーリニキ・ラウダダニエル・ブリュール)は、ライバルであるマクラーレンジェームス・ハントクリス・ヘムズワース)がウェット・タイヤのままだと知り、スリックタイヤに換えず彼と同じ条件でスタートする。

6年前、ロンドン
F3のドライバーだったハントは喧嘩をして病院に向い、プレイボーイとして知られる彼は、早速、看護師のジェマ(ナタリー・ドーマー)に目をつけて愛し合う。

1970年、クリスタル・パレス・サーキット
ジェマをレースに連れて行ったハントは、チーム・マネージャーのアンソニー”バブルス”ホースリー(ジュリアン・リンド=タット)、カーデザイナーのハーベイ・ポスルスウェイトジェイミー・デ・コーシー)、そしてオーナーのアレクサンダー・ヘスケス卿(クリスチャン・マッケイ)を彼女に紹介する。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1970年。
F3のレーサーとして活躍していたジェームス・ハントは、オーストリア人の新人ニキ・ラウダをライバル視するようになる。
ラウダが資金を調達してBRMと契約したことを知ったハントは、彼の活躍を気にしながらヘスケス・レーシングF1参戦を果たす。
モデルのスージー・ミラーと結婚したハントは、ラウダフェラーリと契約したことを知る。
1975年、ハントとの戦いを続けるラウダは遂に世界チャンピオンとなり、二人は生活態度やレースに対する考えが違うことを確認しながらライバル意識を燃やす。
その後、所属するヘスケスF1撤退を決め、ハントは苦労した末にマクラーレンのシートを確保する。
1976年8月、ドイツGP、チャンピオン連覇に向けて順調にシーズンをこなすラウダは、悪天候を理由に中止を提案するもののレース決行の決定に従い、ハントと同じ条件のレインタイヤのままスタートするのだが・・・。
__________

絶大な人気を誇るモータースポーツの最高峰”F1”の世界を描く、ハリウッドのヒットメーカー、ブライアン・グレイザーと盟友ロン・ハワードが組んだ注目作。

まず、当時のマシンとレースを再現する映像が、ほとんどCGでないことに驚かされる。

これを実写で撮った技術は素晴らしいの一言で、プロ意識を感じさせる見事な仕上がりには脱帽だ。

これだけの映像であるにも拘らず、製作費が3800万ドルに抑えられたのは、出演者のギャラが低かったためか・・・?

人生を楽しみ夢を追う天才レーサーのジェームス・ハントと、全てのことに対して情熱を傾ける姿勢が、あらゆる人を上回る雰囲気のあるニキ・ラウダの人物像を比較しながら細やかに描く、ロン・ハワードの演出手腕が見所の作品。

ハリウッド的な変更はなく正確で感動した”と、試写を観たニキ・ラウダが感想を述べたのは正直な意見だとは思うが、ドラマの構成上、事実と変えられている場面が多々ある。

1976年のベルギーGPモナコGPの後に登場し、イギリスGPではハントが優勝したことになっているが、実際の勝者はラウダである。

また最終戦の日本GPで、ゴールしたハントの順位の確定にオフィシャルが手間取る場面があるが、実際は、直前のピットインで動揺したハントだけが何位か分からないままゴールし、ピットでテディ・メイヤーからチャンピオン確定を知らされたのだった。

ドラマなので、演出を考えれば事実と変えるのは構わないのだが、熱烈なファンともなると気になって集中できない・・・そんな方も多かったはずだ。

評価は概ね良かったのだが、北米興行収入は約2700万ドルと振るわず、全世界でも約9000万ドルに留まった。
モータースポーツのメッカであるアメリカでの、F1不人気を象徴する結果か・・・。

無鉄砲なやんちゃ坊主的な役柄を熱演するジェームス・ハントクリス・ヘムズワース、その衝撃的な生き様から主人公よりも印象に残る好演を見せるニキ・ラウダ役のダニエル・ブリュールハントの妻スージー・ミラー役のオリヴィア・ワイルドラウダの妻マルレーヌ役のアレクサンドラ・マリア・ララ、レーサーのクレイ・レガツォーニ役のピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、本人で登場するヨッヘン・マスBRMのオーナー、ルイス・スタンレーデヴィッド・コールダーハントと付き合う看護師ナタリー・ドーマーマクラーレンのチーム・マネージャー、アラステア・コールドウェルスティーヴン・マンガン、代表テディ・メイヤーコリン・スティントンヘスケス・レーシングのオーナー、アレクサンダー・ヘスケス卿のクリスチャン・マッケイ、チーム・マネージャーのジュリアン・リンド=タット、カーデザイナーのハーベイ・ポスルスウェイトジェイミー・デ・コーシーエンツォ・フェラーリ役のアウグスト・ダラーラ、ラウダの祖父ハンス=エッカート・エックハルトフェラーリ会長ルカ・コルデーロ・ディ・モンテゼーモロイラリオ・カルボハントの弟ジェフリー・ストリートフェイルドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021