4237 Movies

トッツィー Tootsie (1982)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

売れない役者が女装をして人気者にるものの、思いを寄せる人などを傷つけてしまい、悩みながらも愛を掴むまで姿を描く、製作、監督シドニー・ポラック、主演ダスティン・ホフマンジェシカ・ラングテリー・ガーダブニー・コールマンチャールズ・ダーニングビル・マーレイジーナ・デイヴィス共演によるドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:シドニー・ポラック
製作総指揮:チャールズ・エヴァンス
製作
シドニー・ポラック

ディック・リチャーズ
原案
ラリー・ゲルバート

ドン・マグワイア
脚本
ラリー・ゲルバート

マレー・シスガル
撮影:オーウェン・ロイズマン
編集
フレドリック・スタインカンプ

ウィリアム・スタインカンプ
音楽:デイヴ・グルーシン
主題歌:スティーブン・ビショップIt Might Be You

出演
マイケル・ドーシー/ドロシー・マイケルズ:ダスティン・ホフマン
ジュリー・ニコルズ:ジェシカ・ラング
サンディ・レスター:テリー・ガー
ロン・カーライスル:ダブニー・コールマン
レスリー”レス”ニコルズ:チャールズ・ダーニング
ジェフ・スレイター:ビル・マーレイ
ジョージ・フィールズ:シドニー・ポラック
ジョン・ヴァン・ホーン:ジョージ・ゲインズ
エイプリル・ペイジ:ジーナ・デイヴィス
リタ・マーシャル:ドリス・ベラック

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1982年製作 116分
公開
北米:1982年12月17日
日本:1983年4月
製作費 $22,000,000
北米興行収入 $177,200,000


アカデミー賞 ■
第55回アカデミー賞
・受賞
助演女優賞(ジェシカ・ラング)
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ダスティン・ホフマン)
助演女優(テリー・ガー)
脚本・撮影・編集・録音・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
演技指導者のマイケル・ドーシー(ダスティン・ホフマン)は、自身役者でもあるが、演出家との意見の相違などが続き役が付かずにいた。

ある日マイケルは、同居人のジェフ・スレイター(ビル・マーレイ)やガールフレンドのサンディ・レスター(テリー・ガー)らに誕生日を祝福されて感激する。

パーティー後、サンディの人気TVドラマのオーディションの演技指導をしたマイケルは、翌日も彼女に付いて行くことになる。

オーディション会場で、サンディは外見だけで落とされてしまい、何とか台本だけでも読ませてやろうとしたマイケルだったが、ある番組で、自分に来るはずの役が他の役者に代わったことを知る。

焦ったマイケルは、サンディを置き去りにしてエージェントのジョージ・フィールズ(シドニー・ポラック)のオフィスに向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
トラブルメイカーのために役が得られない売れない役者マイケル・ドーシーは、仕方なく女装をして人気TVドラマに採用される。
マイケルは、看護師役のジュリーに心惹かれるが、彼女は番組ディレクターのロンと関係を持っていた。
女性としてジュリーと付き合うしかないマイケルは、もどかしさを感じながら”女優”を演じ人気者になる。
やがてマイケルは、仕事のためにやったこととはいえ、多くの人を傷つけていることに気づき、女装を止めようと決意するのだが・・・。
__________

主人公が、女優に変身していくまでのコメディ・タッチ、それを継承しつつ、叶わないロマンスを描く中盤、そして貧しい役者の挫折から生まれる、成長に至る終盤からクライマックス、流れるような場面展開で観る者の心を掴むシドニー・ポラックの演出は絶妙で、彼自身も大監督となるきっかけとなった、ラブ・コメディの傑作と言っていい作品。

第55回アカデミー賞では、作品賞以下9部門にノミネートされ、ジェシカ・ラングが助演女優賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ダスティン・ホフマン)
助演女優(テリー・ガー)
脚本・撮影・編集・録音・歌曲賞

1998年、アメリカ議会図書館国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

北米のみでも約1億7700万ドルという大ヒットとなった。

原題の”Tootsie”とは、ドラマのセリフにも登場するが、やや女性を軽蔑して呼ぶ俗語。

いまいち野暮ったい、昼ドラ作製の裏舞台も楽しく描写され、デイヴ・グルーシンの軽妙な音楽も、ドラマに見事にマッチしている。

中盤過ぎに、ヒロインの実家で主人公が、彼女の姿に見とれながらバックで流れるスティーブン・ビショップの歌う”It Might Be You”の心地よいメロディも忘れ難い。

そのシーンで、J・ラングを見つめるD・ホフマンの眼差し、そして彼女を見つめるC・ダーニングらを映す、”やわらかい”描写が素晴らしい。

当時、大いに話題になったダスティン・ホフマンの女装での熱演は見事であり、ややどぎつくセンスも悪いが、それが、画面上で”彼女”に視線を集中させる効果を上げているのは確かである。

男なら誰もが、守ってあげたくなってしまうような女性を演じたジェシカ・ラングの魅力、飛び切り美人でもない素朴な演技は絶賛されアカデミー助演賞を受賞した。

ヒステリックだが、愛嬌もある主人公の女友達を熱演してオスカー候補にもなったテリー・ガー、プレイボーイの番組ディレクター役のダブニー・コールマン、主人公に求婚してしまうヒロインの父チャールズ・ダーニング、主人公の同居人で芝居仲間、彼らしいとぼけた演技が印象的であるビル・マーレイ、俳優としても彼のキャリアでは最高と言える、主人公のエージェントをいい味を出して演じているシドニー・ポラック、大根役者として、その実力を発揮する、番組の病院長役のジョージ・ゲインズ、端役ながらその美しさが目に留まる、番組の出演者役ジーナ・デイヴィス、番組プロデューサーのドリス・ベラック等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020