4238 Movies

何がジェーンに起ったか? What Ever Happened to Baby Jane? (1962)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1960年に発表された、ヘンリー・ファレルの小説”What Ever Happened to Baby Jane?”を基に製作された作品。
各時代に活躍した芸能姉妹の、秘められた過去を背負いながらの愛憎を激しく描く、製作、監督ロバート・アルドリッチベティ・デイヴィスジョーン・クロフォード主演の心理スリラーの傑作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ベティ・デイヴィス / Bette Davis / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・アルドリッチ
製作総指揮:ケネス・ハイマン
製作:ロバート・アルドリッチ
原作:ヘンリー・ファレルWhat Ever Happened to Baby Jane?
脚本:ルーカス・ヘラー

撮影:アーネスト・ホーラー
編集:マイケル・ルチアーノ
衣装デザイン:ノーマ・コッホ
音楽:フランク・デ・ヴォール

出演
ジェーン・ハドソン:ベティ・デイヴィス

ブランチ・ハドソン:ジョーン・クロフォード
エドウィン・フラッグ:ヴィクター・ブオノ
マーティ・マクドナルド:ウェズリー・アディ
エルヴァイラ・スティット:メイディー・ノーマン
ベイツ夫人:アンナ・リー
リザ・ベイツ:B.D.メリル
ディリア・フラッグ:マージョリー・ベネット

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1962年製作 133分
公開
北米:1962年10月31日
日本:1963年4月27日
製作費 $1,025,000
北米興行収入 $9,000,000


アカデミー賞 ■
第35回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン賞(白黒)
・ノミネート
主演女優(ベティ・デイヴィス)
助演男優(ヴィクター・ブオノ)
撮影(白黒)、録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1917年。
”ベビー”ジェーン・ハドスンはヴォードビルの名子役として大人気だった。

そんなジェーンに姉ブランチは嫉妬して、自分も喝采を浴びる日が来ると願うしかなかった。

1935年。
映画スターにはなったものの、まともに役をこなせないジェーン(ベティ・デイヴィス)は、今や大スターとなったブランチ(ジョーン・クロフォード)に養われているような状況だった。

ある夜、パーティからの帰り、女性が運転する高級車は大邸宅の門の前で止まる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1917年。
天才子役として一世を風靡したたものの、成長して人気が低迷したジェーン・ハドソンに代わり、姉ブランチが映画界の大スターとなる。
そしてある夜、事件は起きる。
現在、年老いたジェーンは、事故で引退して下半身不随の車いす生活となった姉のブランチと暮らしていた。
思いやりのあるブランチに対し、子役スターとして甘やかされて育ったジェーンは、世話はするものの姉への嫌がらせを続けていた。
家政婦のエルヴァイラは、アル中でもあるジェーンの精神状態を疑い、治療を受けさせるようにとブランチに忠告する。
その後、ジェーンの嫌がらせはエスカレートしていき、恐怖を感じるブランチは助けを求めようとするのだが・・・。
__________

ハリウッドを支えた大女優ベティ・デイヴィスジョーン・クロフォードの、秘められた過去を背負いながらの”対決”をスリリングに描く異色作。

老女の二人が主人公なのだが、受け身のジョーン・クロフォードに対する、常軌を逸したベティ・デイヴィスの激しい演技、それを見事に描写するロバート・アルドリッチの力強い演出は見ものだ。

第35回アカデミー賞では衣装デザイン賞(白黒)を受賞した。
・ノミネート
主演女優(ベティ・デイヴィス)
助演男優(ヴィクター・ブオノ)
撮影(白黒)、録音賞

原題が”ベビー・ジェーン”となっているところがポイントで、異様な厚化粧で登場するベティ・デイヴィスが、屋敷内にいる時は、似ても似つかぬ姿ではあるが、かつて名子役だった際のキャラクター”ベビー・ジェーン”人形を連想させる衣装であることなども注目。

二人の運命を決めた事故の真相が判明する、終盤まで謎が付きまといながらの微妙な展開、60歳に近い大女優二人を、過去のフィルムを使い、時代の流れなどを自然に見せる序盤の演出も興味深い。

性別を問わず、周囲を圧倒する雰囲気のあるベティ・デイヴィスの演技は圧巻で、彼女の嫌がらせに遭いながらも、隠し通した過去により、彼女を責めることができない辛い立場の姉をジョーン・クロフォードは好演する。

主人公に関わるピアニストのヴィクター・ブオノ、家政婦メイディー・ノーマン、隣人夫人アンナ・リー、その娘でベティ・デイヴィスの実の娘B.D.メリル、ピアニストの母親マージョリー・ベネットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020