4186 Movies

ドライビング Miss デイジー Driving Miss Daisy (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1987年度のピューリッツァー賞を受賞した、アルフレッド・ウーリー同名舞台劇の映画化。
25年間にも及ぶ、ユダヤ人老婦人と黒人運転手の友情を描いた、監督ブルース・ベレスフォード、主演モーガン・フリーマンジェシカ・タンディダン・エイクロイドペティー・ルポーン共演によるヒューマン・ドラマの傑作。


ドラマ(ヒューマン)

モーガン・フリーマン / Morgan Freeman 作品一覧
モーガン・フリーマン / Morgan Freeman / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ブルース・ベレスフォード
製作総指揮:デヴィッド・ブラウン
製作
リチャード・D・ザナック

リリ・フィニー・ザナック
原作/脚本:アルフレッド・ウーリー
編集:マーク・ワーナー
撮影:ピーター・ジェームズ
美術:ヴィクター・ケンプスター
音楽:ハンス・ジマー

出演
ホーク・コバーン:モーガン・フリーマン

デイジー・ワサン:ジェシカ・タンディ
ブーリー・ワサン:ダン・エイクロイド
フローリン・ワサン:ペティー・ルポーン
アイデラ:エセル・ロール

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1989年製作 99分
公開
北米:1989年12月13日
日本:1990年1990年5月
製作費 $7,500,000
北米興行収入 $106,593,300
世界 $145,793,300


アカデミー賞 ■
第62回アカデミー賞
・受賞
作品
主演女優(ジェシカ・タンディ)
脚色・メイクアップ賞
・ノミネート
主演男優(モーガン・フリーマン)
助演男優(ダン・エイクロイド)
編集・美術・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1948年、ジョージア州、アトランタ
72歳になるユダヤ人の未亡人デイジー・ワサン(ジェシカ・タンディ)は、家政婦アイデラ(エセル・ロール)を雇い、独り暮らしをしていた。

ある日、車で出かけようとしたデイジーは、誤って事故を起こしてしまう。

デイジーは幸い怪我もなかったが、彼女の息子ブーリー(ダン・エイクロイド)は、保険会社からの再加入を拒否されてしまう。

そこでブーリーは、母デイジーに運転手を付けることを提案するが、彼女はそれを拒絶する。

綿織物工場を経営しているブーリーは、ホーク・コバーン(モーガン・フリーマン)という初老の黒人男性をデイジーの運転手に雇う。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
72歳の未亡人イジー・ワサンは、家政婦を雇い独り暮らしをしていた。
ある日、デイジーは屋敷内で車の事故を起こしてしまい、実業家の息子ブーリーは、母に運転手を雇おうとする。
初老の黒人運転手であるホーク・コバーンを雇ったブーリーだったが、運転手を雇うような身分を嫌うデイジーは、それを拒もうとする。
ホークは、デイジーの小言を聞き流しながら、何とか賃金分の仕事をしようと努力するが、なかなかそれが受け入れられない。
しかし、献身的に仕事をこなし、謙虚な中に率直意見するホークに、デイジーは次第に心を開き始める・・・。
__________

第62回アカデミー賞では、作品賞以下9部門にノミネートされ、作品、主演女優(ジェシカ・タンディ)、脚色、メイクアップ賞を受賞した。
・ノミネート
主演男優(モーガン・フリーマン)
助演男優(ダン・エイクロイド)
編集・美術・衣装デザイン賞

作品賞を受賞しながら監督賞にノミネートされなかったケースは非常に珍しく、ハンス・ジマーの軽快な音楽もノミネートされなかったのは残念。

物語の中で、一つの大きなテーマでもある”偏見”が、オーストラリア人のブルース・ベレスフォードに対してあったとも思えないが、外国人に、数十年にも及ぶアメリカの時代背景を描けるものかとでも言いたげな、アカデミー協会の傲慢さが見え隠れしないでもない。

ノミネートは協会が決めることではないが・・・。

そのブルース・ベレスフォードは、老人の男女の生き方や考えの違いを、1940年代から70年代前半までの、アメリカ社会の移り変わりを見事に描いている。

話題にもなった、アカデミー賞を受賞したメイクも素晴らしい。

北米興行収入は1億ドルを突破して、全世界では約1億4600万ドルのヒットとなった。

オフ・ブロードウェイでも、オリジナルキャストとして同じ役を演じた演じたモーガン・フリーマンは、惜しくもアカデミー主演賞を逃すものの、頑固な老婦人に手こずる運転手役をひょうひょうと演じ、演技派の実力を発揮している。

彼の語り口、そして時より見せる、演技には思えないあの笑い方と笑顔が実に印象的だ。

撮影時に80歳を迎えたジェシカ・タンディは、その演技の確かさと表現力は秀逸であり、最高齢者のアカデミー主演賞受賞に相応しいパフォーマンスを見せてくれる。

特に、アラバマの兄の誕生祝に出かけ、一休みしている場面で見せる、初めて海を見た時の話をする、彼女の表情の自然さは素晴らしい。

突然、演技派へと転向した当時のダン・エイクロイドには驚かされたが、気の効いたユーモアのセンスを忘れない彼の演技も、アカデミー助演賞ノミネートに値する好演だった。

義母と気の合わない嫁役のペティー・ルポーンや、マイペースの家政婦エセル・ロールも、出番は少ないが印象に残る。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020