4234 Movies

時計じかけのオレンジ A Clockwork Orange (1971)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1962年に発表された、アンソニー・バージェス同名小説の映画化。
生活や仕事が完全にコントロールされている近未来の管理社会、表向きとは裏腹にはびこる暴力とセックス、悪の限りを尽くす不良少年を捕え実験台として”矯正療法”を試し悪を一掃しようとする国家が、結局はそれが原因で滅びそうになってしまうという、皮肉や風刺を込めて生々しく描いた、製作、監督、脚本スタンリー・キューブリック、主演マルコム・マクダウェルパトリック・マギーマイケル・ベイツアドリエンヌ・コリ共演によるSFファンタジック・ドラマの傑作。


SF


スタッフ キャスト ■
監督:スタンリー・キューブリック
製作:スタンリー・キューブリック
原作:アンソニー・バージェス
脚本:スタンリー・キューブリック
撮影:ジョン・オルコット
編集:ビル・バトラー

音楽:ウォルター・カルロス

出演
マルコム・マクダウェル:アレックス・デラージ
パトリック・マギー:フランク・アレクサンダー
マイケル・ベイツ:バーンズ看守長
アドリエンヌ・コリ:アレクサンダー夫人
ウォーレン・クラーク:ディム
ジェームズ・マーカス:ジョージー
マイケル・ターン:ピート
アンソニー・シャープ:内務大臣
ミリアム・カーリン:ウェザース夫人
スティーヴン・バーコフ:トム
デヴィッド・プラウズ:ジュリアン

イギリス/アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1971年製作 136分
公開
イギリス:1972年1月13日
北米:1972年2月2日
日本:1972年4月29日
製作費 $2,200,000
北米興行収入 $26,589,360


アカデミー賞 ■
第44回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督・脚色・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
近未来のロンドン、無法がはびこる退廃した世界。

アレックス・デラージ(マルコム・マクダウェル)をリーダーとする不良少年グループ、ディム(ウォーレン・クラーク)、ジョージー(ジェームズ・マーカス)、そしてピート(マイケル・ターン)は、強姦や暴力沙汰を起こす毎日を送っていた。

その日も4人は、無抵抗なホームレスの老人をで袋叩きにして、廃墟で女性に暴行しようとする他のグループと乱戦を繰り広げ、彼らを半殺しにして車で逃走する。

街道では車を暴走させたアレックスらは、対向車などを次々と事故に巻き込み、そして、ある郊外の邸宅に向かう。

事故を起こしたと言って、作家フランク・アレクサンダー(パトリック・マギー)の家に押し入った4人は、彼を痛めつけて縛り上げ、”Singin’ in the Rain”を唄いながら、目の前で妻(アドリエンヌ・コリ)をレイプする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロンドン
無法がはびこる退廃した近未来の世界、暴力やセックスに明け暮れる不良グループのリーダー、アレックス・デラージは、仲間を引き連れて無法の限りを尽くす毎日を送っていた。
しかしアレックスは、ある女性殺害事件で、自分に反発し始めた仲間に裏切られ、警察に捕らえられてしまう。
アレックスは、14年の刑で刑務所行きとなってしまうが、自分の上をいく悪党や変態の中で2年を過ごし模範囚となる。
そんなアレックスは、新治療法を受けることで出所できること知り、内務大臣に直訴して、最初の受療者に選ばれるのだが・・・。
__________

”時計じかけのオレンジ”というタイトルは、作品のテーマそのもので、管理社会に支配されている”人間”(オレンジ)を比喩している。

第44回アカデミー賞では、作品、監督、脚色、編集賞にノミネートされた。

舞台は近未来となっているが、機械的に発達した社会を映しだすのではなく、セットのデザインや美術品、”ナッドサット”などのスラングを多用し未来感を表現しているところなど、スタンリー・キューブリックの天才的な映像センスは冴え渡る。

クラシックやバロック音楽を、主人公の心理描写と共に、効果的に使っているのも素晴らしい。

暴力表現により、それをシニカルに描いた作品ではあるが、本作を観て影響されたアーサー・ブレマーは、アラバマ州知事ジョージ・ウォレスを銃撃した。

また、A・ブレマーの著書を参考にしてポール・シュレイダーが「タクシードライバー」(1976)の脚本を書き、その出演者ジョディ・フォスターに憧れる、ジョン・ヒンクリーが、レーガン大統領の暗殺未遂事件を起こすという皮肉の連鎖が起きる。

”矯正療法”で、暴力映画を強制的に観せられるシーンで、瞼を見開かされる機械により失明しかけたというエピソードもある主演のマルコム・マクダウェルは、実に表現力豊かで、強烈なインパクトを与えてくれる。

出演者の中では、管理社会の象徴的存在として厳格な看守長を演ずる、「パットン」(1970)でモントゴメリー将軍を演じたマイケル・ベイツが印象的で、6年後「スター・ウォーズ」(1977)でダース・ベーダーを演ずるデヴィッド・プラウズが、作家(パトリック・マギー)の同居人、警官役スティーヴン・バーコフが登場するのも注目だ。

主人公に暴行される作家夫人アドリエンヌ・コリ、不良仲間役のウォーレン・クラークジェームズ・マーカスマイケル・ターン、内務大臣アンソニー・シャープ、被害者の夫人ミリアム・カーリン、などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020