4478 Movies

誘う女 To Die For (1995)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

テレビ界で有名になろうとする女性の殺人にまでエスカレートする野望を描く、監督ガス・ヴァン・サント、主演ニコール・キッドマンマット・ディロンホアキン・フェニックスケイシー・アフレックイリーナ・ダグラス他共演のサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ガス・ヴァン・サント

製作:ローラ・ジスキン
製作総指揮
ジョナサン・タプラン
ジョセフ・M・カラチオロ
原作:ジョイス・メイナード”To Die For”
脚本:バック・ヘンリー
撮影:エリック・アラン・エドワーズ
編集:カーティス・クレイトン
音楽:ダニー・エルフマン

出演
スザーン・ストーン・マレット:ニコール・キッドマン
ラリー・マレット:マット・ディロン
ジェームズ”ジミー”エメット:ホアキン・フェニックス
ラッセル・ハインズ:ケイシー・アフレック
ジャニス・マレット:イリーナ・ダグラス
リディア・マーツ:アリソン・フォーランド
ジョー・マレット:ダン・ヘダヤ
エド・グラント:ウェイン・ナイト
アール・ストーン:カートウッド・スミス
キャロル・ストーン:ホランド・テイラー
フェイ・ストーン:スーザン・トレイラー
H・フィンレイソン:バック・ヘンリー
イベントの講演者:ジョージ・シーガル
ジョージ:ジェリー・クイグリー
ベン・デルーカ刑事:マイケル・リスポリ
マイク・ウォーデン刑事:ティム・ホッパー
殺し屋:デヴィッド・クローネンバーグ
アンジェラ・マレット:マリア・トゥッチ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1995年製作 106分
公開
北米:1995年10月6日
日本:1996年6月22日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $21,284,510


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューハンプシャー、リトルホープ。
ローカルテレビ局”WWEN”のお天気レポーター、スザーン・ストーン・マレット(ニコール・キッドマン)は、夫ラリー(マット・ディロン)殺害の被疑者として逮捕される。
__________

両親ジョー(ダン・ヘダヤ)とアンジェラ(マリア・トゥッチ)が経営すルイタリアン・レストランを手伝っていたラリーは、客として来店したスザーンに一目惚れしてしまう。

もてるラリーが、美しいだけのスザーンを選んだことを、姉ジャニス(マリア・トゥッチ)は気にする。

結婚するとまで言い出したラリーに反対するジャニスは、スザーンが、ニュース・キャスターとして必ず成功すると確信していることを知る。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想
1992年に発表された、ジョイス・メイナードの小説”To Die For”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
ニューハンプシャー、リトルホープ。
裕福な家庭で育ち、テレビ界で活躍する夢を抱くスザーン・ストーンは、イタリアン・レストランの経営者の息子ラリーと恋に落ちる。
姉ジャニスに反対されながらもスザーンと結婚したラリーは、美しい妻ととの生活に幸せを感じる。
テレビ界に入ることを諦めていないスザーンは、ローカル局の”WWEN”に就職し、積極的な企画の提案をして天気予報を任される。
地元の高校でドキュメンタリーを撮ることになったスザーンは、それに参加を希望した生徒、ジミー、ラッセル、リディアと知り合う。
やがて、仕事に没頭するスザーンは、それを良く思わないラリーの存在が邪魔になり、夫の殺害を考え、ジミーを誘惑して彼らにそれを実行させようとするのだが・・・。
__________

テレビ界で成功することを夢見る女性が、その障害になる夫殺害にまでエスカレートする野望を描く、ガス・ヴァン・サント演出、バック・ヘンリー監督によるサスペンス。
バック・ヘンリーは高校の教師として出演している。

単なるサスペンスではなく、ブラック・コメディ・タッチで進行するドラマは、マスメディア批判や階級社会の問題を鋭く描いている。

ガス・ヴァン・サントの繊細な人物描写と丁寧な演出が見所の作品で、冒頭で殺人の容疑者である主人公を映し出し、姿を消した彼女が、事件の経過と自己アピールする映像と、家族や関係者の証言で進む構成が面白い。

美貌を生かして活躍し、”トム・クルーズ夫人”と言われ続けた時代から脱却しつつあったニコール・キッドマンの、自身の映画界での野望がダブルような演技が高く評価された作品で、ゴールデングローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)他を受賞した。

公開当時はほとんど無名だったために、今、観直してみると全く違う視点で観られる、主人公に誘惑されて虜になり殺人を犯す高校生ホアキン・フェニックス、共犯者のクラスメイト、ケイシー・アフレックアリソン・フォーランドの演技は注目だ。

主人公の夫であるイタリアン・レストランの経営者の息子マット・ディロン、その姉イリーナ・ダグラス、その両親ダン・ヘダヤマリア・トゥッチ、主人公の上司ウェイン・ナイト、その部下ジェリー・クイグリー、主人公の両親カートウッド・スミスホランド・テイラー、主人公の姉ホランド・テイラー、本作の脚本を担当する教師役のバック・ヘンリー、主人公にテレビ業界での成功の秘密を伝授するイベントの講演者ジョージ・シーガル、事件を捜査する刑事マイケル・リスポリティム・ホッパー、主人公を殺害するマフィアの殺し屋デヴィッド・クローネンバーグなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021