4215 Movies

裏切りのサーカス Tinker, Tailor, Soldier, Spy (2011)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

MI6所属のスパイ小説家ジョン・ル・カレによる1974年に発表された”ジョージ・スマイリー”を主人公にしたシリーズの第一作”ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ”を基に製作された作品。
イギリス諜報部幹部に潜む二重スパイを探し出すため、その内部と国境を越えたスパイ戦を描く、主演ゲイリー・オールドマンコリン・ファーストム・ハーディマーク・ストロングキーラン・ハインズベネディクト・カンバーバッチ他共演、監督トーマス・アルフレッドソンによるサスペンスの秀作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

ゲイリー・オールドマン / Gary Oldman / Pinterest
マーク・ストロング / Mark Strong / Pinterest
ベネディクト・カンバーバッチ / Benedict Cumberbatch 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:トーマス・アルフレッドソン
製作総指揮
ピーター・モーガン

ライザ・チェイシン
ロン・ハルパーン
デブラ・ヘイワード

ジョン・ル・カレ
ダグラス・アーバンスキー
製作
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
ロビン・スロヴォ
原作:ジョン・ル・カレティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ
脚本
ブリジット・オコナー

ピーター・ストローハン
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
編集:ディノ・ヨンサーテル
音楽:アルベルト・イグレシアス

出演
ジョージ・スマイリー:ゲイリー・オールドマン

ビル・ヘイドン:コリン・ファース
リッキー・ター:トム・ハーディ
ジム・プリドー:マーク・ストロング
ロイ・ブランド:キーラン・ハインズ
ピーター・ギラム:ベネディクト・カンバーバッチ
パーシー・アレリン:トビー・ジョーンズ
トビー・エスタヘイス:デヴィッド・デンシック
ジェリー・ウェスタービー:スティーヴン・グレアム
オリヴァー・レイコン:サイモン・マクバーニー
コントロール:ジョン・ハート
イリーナ:スヴェトラーナ・コドチェンコワ
コニー・サックス:キャシー・バーク
メンデル:ロジャー・ロイド=パック
マッケルヴォア:クリスチャン・マッケイ
アレクセイ・ポリヤコフ:コンスタンチン・ハベンスキー
カーラ(声):マイケル・サーン
クリスマス・パーティーのゲスト:ジョン・ル・カレ

イギリス/フランス/ドイツ 映画
配給 StudioCanal UK

2011年製作 127分
公開
イギリス:2011年9月16日
フランス:2012年2月8日
ドイツ:2012年2月2日
北米:2012年1月6日
日本:2012年4月21日
製作費 £20,000,000
北米興行収入 24,104,113
世界 $80,630,608


アカデミー賞 ■
第84回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優(ゲイリー・オールドマン)
脚色・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1973年、東西冷戦下。
イギリスの諜報機関”サーカス”のリーダー、コントロール(ジョン・ハート)は、工作員ジム・プリドー(マーク・ストロング)を呼び出し、極秘任務でハンガリーに向かうよう命ずる。

ブダペスト
ソ連がサーカスに送り込んだ、スパイ”モグラ”の情報を持つ亡命希望の将軍と会うよう指示されたプリドーだったが、彼はそれに失敗して命を落とす。

ビル・ヘイドン(コリン・ファース)ら幹部の前でコントロールは今回の件で責任を取り、右腕ジョージ・スマイリー(ゲイリー・ールドマン)と共にサーカスを去ることを告げる。

幹部のパーシー・アレリン(トビー・ジョーンズ)とロイ・ブランド(キーラン・ハインズ)は、”女王陛下の官吏”次官オリヴァー・イコン(サイモン・マクバーニー)に、前線でソ連の脅威を防ぐ困難を説明する。

その後レイコンは、サーカスのピーター・ギラム(ベネディクト・カンバーバッチ)が身元を保障するという男、リッキー・ター(トム・ハーディ)からの電話を受ける。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1973年、東西冷戦下。
イギリスの諜報部“サーカス”のリーダーであるコントロールは、5人の幹部の中にソ連の二重スパイ“モグラ”がいるという情報を入手する。
ハンガリーの将軍が、“モグラ”の名前との交換条件に亡命を希望したために、コントロールは、工作員プリドーを派遣する。
しかし、ブダペストでの作戦は失敗してプリドーは殺され、その責任をとり、コントロールと右腕のジョージ・スマイリーはサーカスを去る。
その後、”女王陛下の官吏”の次官レイコンは、最前線で汚れた仕事をするスカルプハンターのターから、幹部の中に”モグラ”がいるという情報を得る。
レイコンはスマイリーを呼び出し、幹部の中に潜む”モグラ”を探し出すことを依頼する。
それを断ったスマイリーだったが、コントロールも知っていた、その件の真相を究明するため行動開始するのだが・・・。
__________

ジョン・ル・カレの傑作スパイ・サスペンスであり、イギリスを代表する実力派スター競演の豪華なキャスティング、スウェーデン出身のトーマス・アルフレッドソンの英語作品初監督も注目だ。

ジョン・ル・カレ(製作総指揮兼)は、クリスマス・パーティーのゲストで出演している。

諜報部の、それも幹部に潜むスパイ探しということで、序盤からの緊迫感溢れる展開、そして頭脳戦に引き込まれる。

いきなり殺されてしまう工作員のマーク・ストロングが、そのまま姿を消すことは考えられない、冒頭のショッキングな映像、俳優、そして役柄共に”大物”であるにも拘らず、展開に絡む度合いが異常に少ないコリン・ファースの存在が妙に気になる人物キャラクターの描写が、終盤で生かされる演出なども見事だ。

第84回アカデミー賞では、主演男優(ゲイリー・オールドマン)、脚色、作曲賞にノミネートされた。

常に広範囲の物事を分析し、洞察力のある主人公を、多くを語らずもその雰囲気や物腰で演ずる、ゲイリー・オールドマンの存在には圧倒される。

乱れる一方の西側を捨てて裏切る、サーカスの幹部コリン・ファース、前線で危険な仕事を請け負う工作員のトム・ハーディ、同じくマーク・ストロング、主人公に協力する諜報員を印象深く好演するベネディクト・カンバーバッチ、幹部キーラン・ハインズトビー・ジョーンズデヴィッド・デンシック、解雇される職員のスティーヴン・グレアム、”女王陛下の官吏”の次官サイモン・マクバーニー、サーカスのリーダー、ジョン・ハートソ連のスパイ、スヴェトラーナ・コドチェンコワ、解雇される職員のキャシー・バーク、諜報員ロジャー・ロイド=パッククリスチャン・マッケイソ連大使館員のコンスタンチン・ハベンスキー、東側のスパイ”カーラ”の声のマイケル・サーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020