4350 Movies

バンデットQ Time Bandits (1981)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

歴史好きの少年が小人達と共に繰り広げる時空を超えた冒険の旅を描く、製作、監督、脚本テリー・ギリアム、製作総指揮、主題歌ジョージ・ハリスン、出演ジョン・クリーズショーン・コネリーシェリー・デュヴァルラルフ・リチャードソンデビッド・ワーナーマイケル・ペイリンデヴィッド・ラパポートケニー・ベイカー他共演のファンタジー・アドベンチャー。


ファンタジー

ショーン・コネリー / Sean Connery 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:テリー・ギリアム
製作:テリー・ギリアム
製作総指揮
ジョージ・ハリスン

デニス・オブライエン
脚本
テリー・ギリアム

マイケル・ペイリン
撮影:ピーター・ビジウ
編集:ジュリアン・ドイル
音楽:マイク・モラン
主題歌:ジョージ・ハリスン

出演
ロビン・フッド:ジョン・クリーズ

アガメムノン/消防士:ショーン・コネリー
パンジー:シェリー・デュヴァル
ナポレオン・ボナパルトイアン・ホルム
ヴィンセント:マイケル・ペイリン
オーガの妻:キャサリン・ヘルモンド
創造主:ラルフ・リチャードソン
魔王:デビッド・ワーナー
ケヴィン:クレイグ・ワーノック
ロバート:デレク・デッドマン
ベンソン:ジェロルド・ウェルズ
司会者:ジム・ブロードベント
ウィンストン・ジ・オーガ:ピーター・ヴォーン
ランドール:デヴィッド・ラパポート
フィジット:ケニー・ベイカー
ウォーリー:ジャック・パーヴィス
オグ:マイク・エドモンズ
ストラッター:マルコム・ディクソン
ヴァーミン:ティニー・ロス
ケヴィンの父:デビッド・ダカー

ケヴィンの母:シーラ・ファーン
ルシアン:テレンス・ベイラー
ニーガイ:プレストン・ロックウッド
レッドグレイヴ:デリック・オコナー
舞台マネージャー:チャールズ・マッケオン
人形使い:デヴィッド・リーランド
テレビ・アナウンサー:クリス・グラント

イギリス 映画
配給 Avco Embassy Pictures
1981年製作 113分
公開
イギリス:1981年7月10日
北米:1981年11月6日
日本:1983年3月26日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $42,365,580


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
イギリス
11歳のケヴィン(クレイグ・ワーノック)は、古代ギリシャの歴史などに興味を持つ少年で、両親(デビッド・ダカー/シーラ・ファーン)と共に平凡な日々を送っていた。

ある夜ケヴィンは、馬に乗った騎士が現れて森に走り去る夢を見る。

目覚めたケヴィンは、その夢と同じ写真が壁に貼ってあったことに気づき、現れた父に早く眠るようにと言われる。

翌日の夜、懐中電灯とポラロイドカメラを用意して、再び騎士が現れるのを待っていたケヴィンは眠ってしまう。

暫くすると、クローゼットの中から6人の小人、リーダーのランドール(デヴィッド・ラパポート)、フィジット(ケニー・ベイカー)、ウォーリー(ジャック・パーヴィス)、オグ(マイク・エドモンズ)、ストラッター(マルコム・ディクソン)、ヴァーミン(ティニー・ロス)が現れ、ケヴィンにライトを当てられて驚くものの、相手が”ボス”でないことが分かり襲いかかる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
イギリス
歴史が好きな11歳の少年ケヴィンは、両親と共平凡な日々を送っていた。
ある夜ケヴィンは、馬に乗った騎士が現れて走り去る夢を見る。
それが夢とは思えないケヴィンは、翌日もそれを待ち、現れたランドールら6人の小人に襲われる。
そこに現れた創造主から逃げた小人達とケヴィンは、時空を超えてナポレオン戦争時代にたどり着く。
強盗団だと言うランドールらは、ナポレオン・ボナパルトに気に入られて財宝を奪い、時空を超えるタイムホールで中世に向かう。
創造主から奪った地図で、どこにでも行けることをケヴィンに伝えたランドールは、それで金持ちになる考えを話す。
盗賊に捕えられた小人達は、リーダーのロビン・フッドに歓迎されるものの、財宝は貧民に配られてしまう。
現れた創造主から逃げようとしたケヴィンは、一人でホールに入りミケーネ文明の世界に着き、ミケーネの王アガメムノンを助けて気に入られる。
その頃、小人達を監視していた魔王は、彼らの地図を奪い、自分の思い通りの世界を創造しようと考えていた・・・。
__________

古代から現代までの人類の歴史をベースにした冒険旅行は、奇想天外な展開や個性的なキャラクターの登場で、非常に楽しい作品に仕上がっている。

テリー・ギリアムの独得の映像センスと世界観が生かされた作品で、”モンティ・パイソン”の同僚である、盟友のジョン・クリーズや共同脚本も担当するマイケル・ペイリンの出演も嬉しい。

歴史に興味を持つ少年の視点で描く物語だというところがポイントで、そんな彼の”想像の世界”の旅の体験による成長を見守りながら、歴史の勉強ができる構成もいい。

問題は日本公開版で、十数分カットされてしまった理由が、日本人には分かり難い部分があったという意味不明な考えなのだが、どこがそうなのかが理解できない。
*ロビン・フッドと怪物オーガのエピソードがカットされた。

また、日本版では少年が家に戻ったところで本編が終了してしまい、その後の、全てが創造主”神”の仕業であったという、時空を超える地図を巻き上げて終わるラストのオチを見せないとは信じ難い。

製作者側がこれを許可したのか・・・、知らないのかもしれないが、とにかく疑問だ。

豪華スター競演は注目で、主演が誰かは特定できない作品であり、最も活躍するのが個性的な小人達であり、リーダーのデヴィッド・ラパポートケニー・ベイカージャック・パーヴィスマイク・エドモンズ、マルコム・ディクソン、ティニー・ロスの6人で、彼らと旅する少年を演ずるクレイグ・ワーノック、ロビン・フッドのジョン・クリーズアガメムノン王と消防士役のショーン・コネリー、貴族と”タイタニック”の乗客シェリー・デュヴァル、その相手役のマイケル・ペイリンナポレオン・ボナパルトイアン・ホルム、創造主ラルフ・リチャードソン、魔王デビッド・ワーナー、その部下デレク・デッドマンジェロルド・ウェルズ、テレビ番組司会者ジム・ブロードベント、怪物オーガのピーター・ヴォーン、その妻キャサリン・ヘルモンド、少年の両親デビッド・ダカーシーラ・ファーンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020