4292 Movies

ホット・ショット Hot Shots! (1991)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒット作「トップガン」(1986)をベースに、話題作をパロディ化した爆笑コメディ。
監督、脚本ジム・エイブラハムズ、主演チャーリー・シーンケイリー・エルウィスヴァレリア・ゴリノロイド・ブリッジスケヴィン・ダン他共演。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ジム・エイブラハムズ
製作:ビル・バダラート
製作総指揮:パット・プロフト

脚本
ジム・エイブラハムズ

パット・プロフト
撮影:ビル・バトラー
編集
ジェーン・カーソン
エリック・A・シアーズ
音楽:シルヴェスター・リヴェイ

出演
ショーン”トッパー”ハーレー中尉:チャーリー・シーン

ケント・グレゴリー中尉:ケイリー・エルウィス
ラマダ・トンプソン:ヴァレリア・ゴリノ
トーマス”タグ”ベンソン提督:ロイド・ブリッジス
ジェームズ・ブロック少佐:ケヴィン・ダン
ジム”ウォッシュ・アウト”ホッフェンバック中尉:ジョン・クライヤー
ピート”デッド・ミート”トンプソン中尉:ウィリアム・オリアリー
コワルスキー:クリスティ・スワンソン
ウィルソン:エフレム・ジンバリストJr.
リーランド”バズ”ハーレー:ビル・アーウィン
ドミニク”メールマン”ファーナウム:ライアン・スタイルズ
メアリー・トンプソン:ハイジ・スウェドバーグ
マーゴリアス艦長:ライアン・カトロナ
本人:チャールズ・バークレー
本人:ビル・レインビア
本人:ジミー・レノンJr.

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1991年製作 84分
公開
北米:1991年7月31日
日本:1991年12月14日
製作費 $26,000,000
北米興行収入 $69,467,600
世界 $181,096,160


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
20年前、フレムナー空軍基地。
海軍パイロットのリーランド”バズ”ハーレー(ビル・アーウィン)とドミニク”メールマン”ファーナウム(ライアン・スタイルズ)は、訓練中に速度の出し過ぎで操縦不能となり脱出する。

バズは脱出するものの、操縦席から離れられないまま不時着したメールマンは、その直後に装置が作動して機体から放り出される。

助かったメールマンだったが、ヘルメットに付いてしまった木の枝が鹿の角と間違われて、ハンターに撃たれてしまう。

現在。
バズの息子ショーン”トッパー”ハーレー中尉(チャーリー・シーン)は、優秀なパイロットとなったが、父親の事故の影響による死で、自信をなくして問題を起こし除隊となり、先住民の集落で暮らしていた。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ホット・ショット」(1991)
・「ホット・ショット2」(1993)

*(簡略ストー リー)
優秀なパイロットだった海軍パイロットショーン”トッパー”ハーレー中尉は、今では先住民の集落で暮らしていた。
同じパイロットだった、父の演習中の事故の後遺症による死に影響を受けたトッパーは、自信をなくして問題を起こし除隊となっていた。
父と同期だったというブロック少佐から、秘密作戦参加を要請されたトッパーは、部隊に復帰する。
父親の死が同乗していたトッパーの父のせいだと決めつけるパイロットのケントは、トッパーに復讐を誓う。
作戦の司令官ベンソン提督の下、精神科医のラマダに惹かれながら訓練を受けるトッパーだったが、その裏では、軍に新型機を売り込もうとする航空機メーカーの陰謀が実行されていた・・・。
__________

トップガン」(1986)をベースに「ダンス・ウィズ・ウルブズ」(1990)、「ナインハーフ」(1986)、「ロッキー」(1976)、「愛と青春の旅だち」(1982年)などのシーンのパロディで構成される痛快コメディ。

戦闘機による空中アクションもまずまずの迫力で、全面的とはいかない雰囲気ではあるが、このような作品にも海軍が確りと協力しているところなども感心する。

期待以上に大いに受けた作品は、北米興行収入が約7000万ドル、全世界では約1億8100万ドルの大ヒットとなり、続編の「ホット・ショット2」が製作され、1993年に公開された。

実力派若手スターとして活躍していたチャーリー・シーンは、コメディでの才能も発揮し、殆ど表情を変えずにクールな雰囲気で主人公を熱演している。

主人公のライバルであるパイロットのケイリー・エルウィス、その元恋人で主人公と愛し合うようになる精神科医のヴァレリア・ゴリノ、本作で最も異常な役柄である作戦司令官で、ボケまくる演技が見もののロイド・ブリッジス、その部下のケヴィン・ダン、パイロットのジョン・クライヤーウィリアム・オリアリー、その妻ハイジ・スウェドバーグ、パイロットのクリスティ・スワンソン、自社戦闘機を軍に売り込む陰謀を企むエフレム・ジンバリストJr.、主人公の父親ビル・アーウィン、その同僚ライアン・スタイルズ、空母艦長ライアン・カトロナ、本人役でチャールズ・バークレービル・レインビアジミー・レノンJr.などが出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020