4292 Movies

サンダーバード Thunderbirds (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

1965-1966にイギリスで放映された、人形劇によるSFテレビ・ドラマ”サンダーバード”の実写版映画。
地球の平和を守る国際救助隊の活躍を描く、監督ジョナサン・フレイクス、主演ビル・パクストンベン・キングズレーアンソニー・エドワーズブラディ・コルベット他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョナサン・フレイクス
製作
ティム・ビーヴァン

エリック・フェルナー
マーク・ハッファム
製作総指揮
ライザ・チェイシン

デブラ・ヘイワード
脚本
マイケル・マッカラーズ

ウィリアム・オズボーン
原案
ピーター・ヒューイット

ウィリアム・オズボーン
原作:キャラクター
ジェリー・アンダーソン

シルヴィア・アンダーソン
撮影:ブレンダン・ガルヴィン
編集:マーティン・ウォルシュ

音楽:ハンス・ジマー

出演
ジェフ・トレーシー:ビル・パクストン

ザ・フッド/トラン・ベラガント:ベン・キングズレー
ジョン・トレーシー:レックス・シャープネル
スコット・トレーシー:フィリップ・ウィンチェスター
ヴァージル・トレーシー:ドミニク・コレンソ
ゴードン・トレーシー:ベン・トージャーセン
アラン・トレーシー:ブラディ・コルベット
ファーマット・ハッケンバッカー:ソレン・フルトン
ホラチオ”ブレインズ”ハッケンバッカー:アンソニー・エドワーズ
ティンティン:ヴァネッサ・ハジェンズ
レディ・ペネロープ・クレイトン=ワード:ソフィア・マイルズ
アロイシャス・パーカー:ロン・クック
トランサム:ローズ・キーガン
マリオン:デオビア・オパレイ
キラノ:バスカー・パテル

アメリカ/イギリス 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

2004年製作 95分
公開
イギリス:2004年7月23日
北米:2004年7月30日
日本:2004年8月7日
製作費 $57,000,000
北米興行収入 $6,880,920
世界 $28,283,640


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2010年、マサチューセッツ州、ウォートン校。
国際救助隊/IR”サンダーバード”の創設者で、大富豪である元宇宙飛行士ジェフ・トレーシー(ビル・パクストン)の14歳の息子アラン(ブラディ・コルベット)は、家族で構成されている活動に参加できずにいた。

アランは、IRの専属科学者であるホラチオ”ブレインズ”ハッケンバッカー(アンソニー・エドワーズ)の息子ファーマット(ソレン・フルトン)と共に、ロシア油田事故現場に到着して救助活動をする父や兄達をニュース映像で見守る。

サンダーバード2で現場を指揮するジェフの指示を受け、三男ヴァージル(ドミニク・コレンソ)が油田作業員の救助活動を開始し、サンダーバード1の次男スコット(フィリップ・ウィンチェスター)が、火災現場にロケットを発射して酸素を奪い火災を鎮火させる。

春休みとなり、アランとファーマットは、ジェフの代理であるイギリスの秘密諜報員レディ・ペネロープ・クレイトン=ワード(ソフィア・マイルズ)と共に、執事兼ドライバーのアロイシャス・パーカー(ロン・クック)の運転する”ファブワン”で空路、太平洋に浮かぶ孤島に向けう。

サンフランシスコ
ジェフらは、油田作業員を病院に送り届けるが、かつてジェフに見捨てられて恨みを持つザ・フッド(ベン・キングズレー)の部下マリオン(デオビア・オパレイ)が、サンダーバード1に追尾用の液体を付着させる。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2010年。
国際救助隊/IR”サンダーバード”の創設者で、大富豪である元宇宙飛行士ジェフ・トレーシーの息子アランは、14歳の学生であるため兄達と共に活動に参加できなかった。
ジェフに恨みを持つザ・フッドは、IRの秘密基地であるトレーシー・アイランドの場所を突き止める。
地球を監視する宇宙ステーションのサンダーバード5を攻撃したザ・フッドは、ジェフらが宇宙に向かったことを確認して島を占拠する。
島に残っていたアランは、科学者ブレインズの息子ファーマットと使用人の娘ティンティンと共に司令室に向かう。
アランらは、ザ・フッドが、その場にいたブレインズを脅しコントロール・システムを制御したことを知る。
衛星ポイントに向かったアランらは電波をハッキングして、サンダーバード5に制御を移そうとするのだが・・・。
__________

テレビ・シリーズを継承した人形劇の劇場版映画2作(1966、1968)に続き、それを見て育った世代にとっては待望の劇場版映画であり、「スタートレック」シリーズでウィリアム・ライカー副長を演じ、2作で監督も務めたジョナサン・フレイクスの演出も注目された作品。

しかし、現代的にアレンジされた内容、テレビ・シリーズの創作キャラクターの違いなど、雰囲気を出している程度の内容に幻滅したファンは多いはずで、作品は酷評されてしまった。

ミッションに参加できずに苦悩する五男の活躍と成長を描く内容で、彼に協力する科学者の息子と使用人の娘との三人の奮闘は、キッズ・ムービーの枠を越えていない。

救助隊の指揮官であるビル・パクストンと、怪演と言えるかやや疑問の名優ベン・キングズレーの出演がなければ、観賞に耐えなかったかもしれない。

随所で続編製作を匂わせる場面があるのだが、5700万ドルかけた製作費に対して北米興行収入はなんと700万ドル弱、全世界でも約2800万ドルという惨憺たる結果に終わり、当然、続編製作は見送りとなった。

国際救助隊の創設者で一家をまとめる父親ビル・パクストン、彼を憎む超能力者ベン・キングズレー、トレーシー・ファミリーの長男レックス・シャープネル、次男フィリップ・ウィンチェスター、三男ドミニク・コレンソ、四男ベン・トージャーセン、五男ブラディ・コルベット、科学者アンソニー・エドワーズの息子ソレン・フルトン、使用人の娘ヴァネッサ・ハジェンズ、一家に協力する秘密諜報員ソフィア・マイルズ、その執事ロン・クック、ザ・フッド(ベン・キングズレー)の部下ローズ・キーガンデオビア・オパレイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020