That's Movie Talk!     4071 Movies

13デイズ Thirteen Days (2000) 4.09/5 (35)

  •  
  • 3
  • 2
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

キューバ危機”に直面し第三次大戦勃発を回避したアメリカ政府とソ連側の駆け引きを描く、監督ロジャー・ドナルドソン、製作、主演ケヴィン・コスナーブルース・グリーンウッドスティーヴン・カルプ他共演の実録ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ロジャー・ドナルドソン

製作
ピーター・アーモンド
アーミアン・バーンスタイン
ケヴィン・コスナー
製作総指揮
トーマス・A・ブリス
マイケル・デ・ルカ
イロナ・ハーツバーグ
原作
”The Kennedy Tapes: Inside the White House During the Cuban Missile Crisis”
アーネスト・R・メイ
フィリップ・D・ゼリコフ
脚本:デヴィッド・セルフ
撮影:アンジェイ・バートコウィアク
編集:コンラッド・バフ
音楽:トレヴァー・ジョーンズ

出演
ケネス・オドネル大統領特別補佐官:ケビン・コスナー
ジョン・F・ケネディ大統領:ブルース・グリーンウッド
ジャクリーン・ケネディステファニー・ロマノフ
ロバート・ケネディ司法長官:スティーヴン・カルプ
アドレー・スティーブンソン国連大使:マイケル・フェアマン
ホセ・アントニオ・モーラ:ダニエル・ヴェルガラ
ロバート・マクナマラ国防長官:ディラン・ベイカー
マクスウェル・D・テイラー統合参謀本部議長:ビル・スミトロヴィッチ
ジョン・A・スカリジャック・ブレッシング
マクジョージ・バンディ国家安全保障問題担当大統領特別補佐官:フランク・ウッド
マーシャル・カーター陸軍中将:エド・ローター
ジョージ・ウィーラン・アンダーソンJr.海軍作戦部長:マディソン・メイソン
カーチス・ルメイ空軍参謀総長:ケヴィン・コンウェイ
ウ・タント国連事務総長:プラモド・クマール
セオドア・C・ソレンセン大統領上級顧問:ティム・ケラハー
ディーン・アチソン元国務長官:レン・キャリオー
ルドルフ・アンダーソン空軍少佐:チャールズ・エステン
アンドレイ・グロムイコソ連外務大臣:オレク・クルパ
ヘレン・オドネル:ルシンダ・ジェニー
リチャード・J・デイリーシカゴ市長:ジャック・マッギー
エヴェリン・リンカーン大統領秘書:ジャネット・コールマン
ウォルター・シェリダントム・エヴェレット
ワレリアン・ゾリンソ連国連大使:オレグ・ヴィドフ
オービル・ドライフーズジョン・アイルワード
アナトリー・ドブルイニン駐米ソ連大使:エリヤ・バスキン
C・ダグラス・ディロン財務長官:ラリー・ストラウス
ラジオルーム・オペレーター:アレックス・ビアドフ
ディーン・ラスク国務長官:ヘンリー・ストロジャー
リンドン・ジョンソン副大統領:ウォルター・アドリアン
ウィリアム・エッカー海軍中佐:クリストファー・ローフォード
ピエール・サリンジャー大統領報道官:ケリー・コネル
ジョン・マコーンCIA長官:ピーター・ホワイト
アレクサンダー・フェクリソフ/アレクサンダー・フォミン:ボリス・リー・クルトノグ
アーサー・C・ランダールデイキン・マシューズ
ジョージ・ボールジェームズ・カレン
ウォルター”キャム”スウィーニー戦術航空軍団司令官:ダン・ジスキー
マーク・オドネル:ドレイク・クック
キャシー・オドネル:ケイトリン・ワックス
ケニー・オドネルJr.:ジョン・フォスター
ケビン・オドネル:マシュー・ダン
マーガレット通信士:カレン・ルドウィグ

アメリカ 映画
配給 ニュ ー・ライン・シネマ
2000年製作 145分
公開
北米:2000年12月25日
日本:2000年12月16日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $34,592,090
世界 $66,579,900


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1962年10月。
アメリカ空軍の偵察機”U-2”は、キューバ上空を飛行する。

ホワイトハウス
大統領特別補佐官ケネス・オドネルケビン・コスナー)は、いつものようにジョン・F・ケネディ大統領(ブルース・グリーンウッド)と話し仕事を始める。

国家安全保障問題担当大統領特別補佐官マクジョージ・バンディフランク・ウッド)からキューバ上空の写真を見せられた大統領は、それをオドネルに知らせようとする。

ソ連が中距離弾道ミサイルをキューバに配備したことを知ったオドネルは驚く。

オドネル司法長官ロバートスティーヴン・カルプ)と話した大統領は、ソ連側はミサイル配備を否定していると言われる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1962年10月。
キューバソ連のミサイルが配備されたことを知ったアメリカ大統領ジョン・F・ケネディは、司法長官の弟ロバートと大統領特別補佐官ケネス・オドネルらと共に、緊急事態に対しての対策を考える。
空爆とキューバ侵攻の命令を求める軍部と対立しながら、大統領は、第三次大戦を回避する方法として海上封鎖を考えるのだが・・・。
__________

1997年に発表された、アーネスト・R・メイフィリップ・D・ゼリコフの著書”The Kennedy Tapes: Inside the White House During the Cuban Missile Crisis”を基に製作された作品。

ソ連キューバにミサイルを配備した”キューバ危機”に直面し、第三次大戦勃発を回避したアメリカ政府とソ連側の駆け引きを描く実録ドラマ。

ケネディ大統領の側近、弟で司法長官ロバートと大統領特別補佐官ケネス・オドネルの三人を中心に、交戦目的の軍部との対立の中で危機を回避しようとする展開がスリリングに描かれている。

事実を詳細に描いた作品であり、登場人物も本人に似ている役者が多く起用され、リアリズムを追及したドキュメンタリー・タッチの内容も見応えがある。

8000万ドルをかけた大作で、北米興行収入は約3500万ドル、全世界では約6700万ドルの結果に終わり、商業的に成功した作品とは言えないが、批評家からは好評価を得た。

世界崩壊の危機を回避した大統領の側近である友人のケネス・オドネル大統領特別補佐官を演ずるケビン・コスナージョン・F・ケネディ大統領のブルース・グリーンウッド、その弟で司法長官ロバート・ケネディスティーヴン・カルプの好演が光る。

出演
ジャクリーン・ケネディステファニー・ロマノフ
アドレー・スティーブンソン国連大使:マイケル・フェアマン
OAS”(米州機構)議長ホセ・アントニオ・モーラ:ダニエル・ヴェルガラ
ロバート・マクナマラ国防長官:ディラン・ベイカー

マクスウェル・D・テイラー統合参謀本部議長:ビル・スミトロヴィッチ
ABCの特派員ジョン・A・スカリジャック・ブレッシング
マクジョージ・バンディ国家安全保障問題担当大統領特別補佐官:フランク・ウッド
マーシャル・カーター陸軍中将:エド・ローター
ジョージ・ウィーラン・アンダーソンJr.海軍作戦部長:マディソン・メイソン
カーチス・ルメイ空軍参謀総長:ケヴィン・コンウェイ

ウ・タント国連事務総長:プラモド・クマール
セオドア・C・ソレンセン大統領上級顧問:ティム・ケラハー
ディーン・アチソン元国務長官:レン・キャリオー
ルドルフ・アンダーソン空軍少佐:チャールズ・エステン
アンドレイ・グロムイコソ連外務大臣:オレク・クルパ
ヘレン・オドネル:ルシンダ・ジェニー
リチャード・J・デイリーシカゴ市長:ジャック・マッギー
エヴェリン・リンカーン大統領秘書:ジャネット・コールマン
ウォルター・シェリダントム・エヴェレット

ワレリアン・ゾリンソ連国連大使:オレグ・ヴィドフ
オービル・ドライフーズジョン・アイルワード
アナトリー・ドブルイニン駐米ソ連大使:エリヤ・バスキン
C・ダグラス・ディロン財務長官:ラリー・ストラウス
ラジオルーム・オペレーター:アレックス・ビアドフ

ディーン・ラスク国務長官:ヘンリー・ストロジャー
リンドン・ジョンソン副大統領:ウォルター・アドリアン
ウィリアム・エッカー海軍中佐:クリストファー・ローフォード

ピエール・サリンジャー大統領報道官:ケリー・コネル
ジョン・マコーンCIA長官:ピーター・ホワイト

アレクサンダー・フェクリソフ/アレクサンダー・フォミン:ボリス・リー・クルトノグ
アーサー・C・ランダールデイキン・マシューズ

ジョージ・ボールジェームズ・カレン
ウォルター”キャム”スウィーニー戦術航空軍団司令官:ダン・ジスキー
マーク・オドネル:ドレイク・クック
キャシー・オドネル:ケイトリン・ワックス
ケニー・オドネルJr.:ジョン・フォスター
ケビン・オドネル:マシュー・ダン
マーガレット通信士:カレン・ルドウィグ


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up