4310 Movies

ザ・ヤクザ The Yakuza (1974)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

友人のためにヤクザとの問題を解決しようとした男が、かつて関係した元ヤクザの協力を得て組織に立ち向かう姿を描く、製作、監督シドニー・ポラック、脚本ポール・シュレイダー、主演ロバート・ミッチャム高倉健ブライアン・キースハーブ・エデルマンリチャード・ジョーダン岸恵子他共演の犯罪ドラマ。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:シドニー・ポラック

製作:シドニー・ポラック
製作総指揮:俊藤浩滋
原作:レナード・シュレイダー
脚本
ポール・シュレイダー
ロバート・タウン
撮影:岡崎宏三
編集
ドン・ガイデス
トーマス・スタンフォード
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
ハリー・キルマー:ロバート・ミッチャム
田中健:高倉健
ジョージ・タナー:ブライアン・キース
オリヴァー・ウィート:ハーブ・エデルマン
ダスティ:リチャード・ジョーダン
田中英子:岸恵子
東野:岡田英次
田中五郎 :ジェームス繁田
加藤二郎:待田京介
田中花子:クリスティーナ・コクボ
田中四郎/スパイダー:郷鍈治
村田実:汐路章
老人:植村謙二郎
ナイトクラブの歌手:ヒデ夕樹

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1974年製作 112分/122分(日本)
公開
北米:1975年3月19日
日本:1974年12月21日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス湾、第156埠頭。
ヤクザの組長、東野(岡田英次)の指示を受けた加藤二郎(待田京介)は、海運会社のオーナー、ジョージ・タナー(ブライアン・キース)に会う。

東野と交わされた武器の密売契約を守らないタナーは、娘が誘拐されたことを加藤から知らされ、話をつけるようにと言われる。

タナーのボディーガードのダスティ(リチャード・ジョーダン)が加藤に銃を向けるが、タナーにそれを制止される。

旧友であるハリー・キルマー(ロバート・ミッチャム)に協力を求めたタナーは、4日以内に日本に行かないと娘の命が危ないと伝える。

かつて、駐留軍として日本滞在中にヤクザの田中健(高倉健)に恩義を売ったことがあるキルマーは、彼に頼めば協力してもらえるとタナーに言われる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
日本のヤクザと手を組み武器の密売をしていた海運会社のオーナー、ターナーは、荷を送らなかったために娘を誘拐されてしまう。
組長の東野と話をつけるため、タナーは、かつて進駐軍で日本に滞在したことがある旧友ハリー・キルマーに協力を求める。
ヤクザの田中健に恩義を売ったことがあるキルマーは、彼の妹英子と愛し合った過去があった。
タナーの部下ダスティを護衛につけて日本に着いたキルマーは、軍友のウィートに迎えられて、自分が資金援助して開いた英子のバーに向かう。
戸惑う英子と昔話をして健の居場所を知ったキルマーは、彼に会いに京都に向かう。
ヤクザから足を洗っていた健は、苦しい時代に妹英子と娘の生活を支えてくれたキルマーへの義理を果たすために、東野と話をつけようとするのだが・・・。
__________

かつて恩義を売ったヤクザの手を借りて、組織に立ち向かう男の戦いを描く”ネオ・ノアール”犯罪・ドラマ。

既に約10年のキャリアがあり、いくつもの話題作を世に出していたシドニー・ポラックが、日本のヤクザ社会を描いたことで注目された作品。

日本人の目から見ると、どうにも納得できない描写などがあるのは致し方ないが、ヤクザの世界をそれなりに表現はしている。

その後、数十年経ってもほとんど変わっていない、西洋人が見る日本観、全く発展性がない日本の映画界などを嘆かずにはいられない、そんなことを確認できた作品でもある。

当時の日本人で、まともにハリウッド作品に起用される俳優はほぼ皆無であり(三船敏郎くらい)、ヤクザ映画なので当然のごとく高倉健が出演することになったのだが、ヒロインの岸恵子を含めて、ぎこちない演技が気になって仕方ない。

ガン・アクションなどもB級作品並で、ポール・シュレイダーの脚本もチグハグであり、シドニー・ポラックの演出も今一冴えない作品で、一般客には特異な世界観が受けたのか、まずまず受け入れられたものの興行的には失敗に終わり、批評家には酷評されてしまった。

スティーヴン・セガール主演で2005年に公開された「イントゥ・ザ・サン」は本作のリメイク。

戦中戦後の混乱の中で、進駐軍として日本社会と深く関わった男を、いい雰囲気で演ずるロバート・ミッチャムの好演は光る。

主人公に恩を返し協力する元ヤクザの高倉健、主人公の旧友で、ヤクザと手を組み武器を密売する海運会社のオーナー、ブライアン・キース、その部下で主人公を監視するリチャード・ジョーダン、同じく主人公の軍友で日本に滞在しているハーブ・エデルマン、かつて主人公と愛し合ったヒロインの岸恵子、組長の岡田英次、ヤクザの相談役ジェームス繁田、組長の部下の待田京介、ヒロインの娘クリスティーナ・コクボ、相談役の息子である組員の郷鍈治、組員の汐路章などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020