4551 Movies

ジェームス・ブラウン Get on Up (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ポピュラー・ミュージック界最大のアーチストの1人であるジェームス・ブラウンの生き様を描く、製作ブライアン・グレイザーミック・ジャガー、主演チャドウィック・ボーズマンネルサン・エリスダン・エイクロイドヴィオラ・デイヴィスオクタヴィア・スペンサー他共演の伝記ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:テイト・テイラー

製作
ミック・ジャガー
ブライアン・グレイザー
ヴィクトリア・ピアマン
エリカ・ハギンズ
テイト・テイラー
製作総指揮
ピーター・アフターマン
トリッシュ・ホフマン
ジェズ・バターワース
ジョン=ヘンリー・バターワース
ジョン・ノリス
アンナ・カルプ
原案
スティーヴン・ベーグルマン
ジェズ・バターワース
ジョン=ヘンリー・バターワース
脚本
ジェズ・バターワース
ジョン=ヘンリー・バターワース
撮影:スティーヴン・ゴールドブラット
編集:マイケル・マカスカー
音楽:トーマス・ニューマン

出演
ジェームス・ブラウンチャドウィック・ボーズマン
ボビー・バードネルサン・エリス
ベン・バート:ダン・エイクロイド
スージー・ブラウン:ヴィオラ・デイヴィス
ハニー・ワシントン:オクタヴィア・スペンサー
メイシオ・パーカークレイグ・ロビンソン
イヴォンヌ・フェアーチカ・サンプター
ディードラ”ディー=ディー”ジェンキンス:ジル・スコット
ジョセフ”ジョー”ブラウン:レニー・ジェームズ
ラルフ・バスジョシュ・ホプキンス
リトル・リチャードブランドン・マイケル・スミス
ミック・ジャガーニック・エヴァスマン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2014年製作 139分
公開
北米:2014年8月1日
日本:2015年5月30日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $22,927,000
世界 $33,448,970


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1988年、ジョージア州、オーガスタ、”マンズ・ワールド・エンタープライズ”。
自分のトイレを使われたことに気づいたジェームス・ブラウンチャドウィック・ボーズマン)は、車からショットガンを持ち出して、セミナーを開いていた者達に説教を始める。

天井に向かって発砲してしまったジェームスは、トイレを使った女性に責める気はないことを伝え、警察が来たことに気づく。

1968年。
ジェームスは、ベトナムで戦う兵士のために、危険を顧みす慰問を続ける。

1939年。
ジョセフ”ジョー”ブラウン(レニー・ジェームズ)とスージー(ヴィオラ・デイヴィス)の間に生まれたジェームスは、貧しい少年時代を過ごす。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
アメリカ南部で貧しい少年時代を送ったジェームス・ブラウンは、母スージーが家を出たために父ジョセフと暮らしていた。
その後、教会のゴスペルに魅了されたジェームスは、音楽の世界に興味を持つ。
父が入隊したため、おばハニーに預けられたジェームスは非行に走り、刑務所でボビー・バードに出会う。
音楽に興味を持つ二人はバンド”ザ・フェイマス・フレイムズ”を結成し、才能を発揮したジェームスは演奏旅行を始める。
フェデラル・レコード”のラルフ・バスの目に留まったジェームスらはレコーディングを行い、マネージャーのバートの手腕で人気バンドとなる。
やがて、その才能に溺れるジェームスは、全てを支配して仕切る独裁者のようになり、ボビーらバンド・メンバーの反感を買うようになる・・・。
_________

ポピュラー・ミュージック界の伝説と言える超大物ジェームス・ブラウンの、悲惨な家庭環境下での少年時代から、音楽の才能を一気に開花させる青年期、成功と共に激しくなる完璧な支配欲による挫折、そして友情などを描く、骨太のドラマには仕上がっている。

ドラマにも登場する”ローリング・ストーンズ”のミック・ジャガーが、製作に加わっている。

ジェームス・ブラウンの人生をたどる展開はやや単調な感じもするが、稀代のアーチストの波乱の人生を確認するには十分な内容だ。

主人公ジェームス・ブラウンの独得のパフォーマンス、体の動きなどを再現して熱演するチャドウィック・ボーズマンが、本人に似過ぎていないことが、彼自身を過剰に意識しないで観ていられるという、それが、ドラマッチックな物語を盛り上げる要素になっているような気もする。

脇を固める豪華なキャストも注目で、主人公のマネージャーのダン・エイクロイド、母親のヴィオラ・デイヴィス、叔母役のオクタヴィア・スペンサーなどの実力派の演技が、ドラマに深みを与えている。

主人公を支えるミュージシャン、ボビー・バードネルサン・エリス、バンド・メンバー、メイシオ・パーカークレイグ・ロビンソン、歌手イヴォンヌ・フェアーチカ・サンプター、主人公の2番目の妻ディードラ”ディー=ディー”ジェンキンスのジル・スコット、主人公の父親レニー・ジェームズ、”フェデラル・レコード”のプロデューサー、ラルフ・バスジョシュ・ホプキンスリトル・リチャードブランドン・マイケル・スミスミック・ジャガーニック・エヴァスマンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021