4505 Movies

ウィズ The Wiz (1978)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1900年に発表された、ライマン・フランク・ボームの児童文学”オズの魔法使い”を基にしたウィリアム・F・ブラウンのミュージカル”ザ・ウィズ”の映画化。
内気な教師が体験する不思議な旅を描く、監督シドニー・ルメット、主演ダイアナ・ロスマイケル・ジャクソンニプシー・ラッセルテッド・ロスリチャード・プライヤーレナ・ホーン他共演のファンタジー・ミュージカル。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:シドニー・ルメット

製作:ロブ・コーエン
製作総指揮:ケン・ハーパー
原作:ライマン・フランク・ボームオズの魔法使い
原作:ウィリアム・F・ブラウンザ・ウィズ”(ミュージカル)
脚本:ジョエル・シュマッカー
撮影:オズワルド・モリス
編集:デデ・アレン
音楽
チャーリー・スモールズ
クインシー・ジョーンズ

出演
ドロシー・ゲイル:ダイアナ・ロス
カカシ:マイケル・ジャクソン
ブリキ男:ニプシー・ラッセル
臆病ライオン/フリートウッド・クープ・デビル:テッド・ロス
ハーマン・スミス/ウィズ:リチャード・プライヤー
グリンダ/南の良い魔女:レナ・ホーン
イヴリーン/西の悪い魔女:メイベル・キング
ミス・ワン/北の良い魔女:テルマ・カーペンター
シェルビー・ゲイル/エムおばさん:テレサ・メリット
ヘンリーおじさん:スタンリー・グリーン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1978年製作 133分
公開
北米:1978年10月24日
日本:1979年10月6日
製作費 $24,000,000
北米興行収入 $21,049,050


アカデミー賞
第51回アカデミー賞

・ノミネート
衣裳デザイン・作曲・撮影賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1978年11月、ニューヨークハーレム
24歳の内気な小学校教師ドロシー・ゲイル(ダイアナ・ロス)は、おじのヘンリー(スタンリー・グリーン)とおばエム(テレサ・メリット)と共に暮らしていた。

アパートでは家族が集まり、感謝祭のパーティーが開かれる。

パーティーが終り、片づけをしていたエムは、125丁目より南に行ったことがないドロシーをからかう。

ドロシーのことを思うエムは、新しい仕事につき部屋を見つけて独立することを勧める。

ゴミ出しをしようとしたドロシーは、愛犬トトが外に出てしまい、吹雪の中、追いかける。

ドロシーはトトを捕まえるものの、雪の竜巻に閉じ込められてしまう。

南の良い魔女グリンダ(レナ・ホーン)は、ドロシーをオズの国に向かわせる。

降下する際にドロシーは、オズの電光掲示板を突き破る。

看板の破片が、マンチキンランドを支配する東の悪い魔女エヴァミーンの上に落ちて、彼女は死んでしまう。

エヴァミーンの呪文で遊び場の壁の落書きにされていたマンチキンたちは、ドロシーが魔女である彼女を殺してくれたために解放される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨークハーレム
内気な小学校教師のドロシー・ゲイルは、おじのヘンリーとおばエムと共に暮らしていた。
エムから、仕事を変えて独立することを勧められたドロシーは、愛犬のトトが外に出てしまったために追いかける。
吹雪の中でドロシーとトトは、南の良い魔女グリンダの魔法でオズの国に飛ばされる。
ドロシーは、着地の衝撃で東の悪い魔女エヴァミーンを殺してしまい、彼女の銀の靴が自分の足に移動する。
現れた北の良い魔女ミス・ワンから、家に帰りたければ、エメラルド・シティのウィズに頼むようにと言われたドロシーは、知恵がほしいカカシ、心がほしいブリキ男、勇気がほしいライオンと出会い、黄色いレンガの道を通りエメラルド・シティを目指すのだが・・・。
__________

ライマン・フランク・ボームの児童文学”オズの魔法使い”を基にした、アフリカ系アメリカ人だけの出演によるウィリアム・F・ブラウンのミュージカル”ザ・ウィズ”の映画化。

そのミュージカルで主人公のドロシーを演じたステファニー・ミルズを起用するべきだったところを、”モータウン”のスターであり女優としても成功していたダイアナ・ロスが強引に役を得た経緯がある。

10代のステファニー・ミルズに対してダイアナ・ロスは撮影当時33歳で、いかに大スターの彼女であっても、誰の目から見てもミスキャストであり、批評家から酷評され、興行的にも失敗した作品。

製作費に当時としては巨額の2400万ドルかけてあるだけであり、スケール感のあるセットや衣裳、ダンスなども見応えある。

第51回アカデミー賞では、衣裳デザイン、作曲、撮影賞にノミネートされた。

カカシを演ずる若きマイケル・ジャクソンや、南の良い魔女グリンダを演ずる往年のスター、レナ・ホーンのパフォーマンス、クインシー・ジョーンズの楽曲などはファンを楽しませてくれる。

心を欲しがるブリキ男のニプシー・ラッセル、勇気を欲しがる臆病ライオンのテッド・ロス、落ち目の政治家だったオズの魔法使いウィズを演ずるリチャード・プライヤー、西の悪い魔女メイベル・キング、北の良い魔女テルマ・カーペンター、エムおばさんのテレサ・メリット、ヘンリーおじさんのスタンリー・グリーンなどが共演している。
テッド・ロスメイベル・キングブロードウェイのオリジナルキャスト。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021