4505 Movies

クレイジー・リッチ! Crazy Rich Asians (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2013年に発表された、ケヴィン・クワンの小説”Crazy Rich Asians”を基に製作された作品。
大富豪の御曹司を愛した平凡な女性の苦悩と恋の行方を描く、監督ジョン・M・チュウ、主演コンスタンス・ウーヘンリー・ゴールディングジェンマ・チャンミシェル・ヨーリサ・ルーオークワフィナ他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:ジョン・M・チュウ

製作
ニーナ・ジェイコブソン
ブラッド・シンプソン
ジョン・ペノッティ
製作総指揮
ティム・コディントン
ケヴィン・クワン
ロバート・フリードランド
シドニー・キンメル
原作:ケヴィン・クワンCrazy Rich Asians
脚本
ピーター・チアレッリ
アデル・リム
撮影:ヴァーニャ・ツァーンユル
編集:マイロン・カースタイン
音楽:ブライアン・タイラー

出演
レイチェル・チュウ:コンスタンス・ウー
ニコラス”ニック”ヤン:ヘンリー・ゴールディング
アストリッド・レオン=テオ:ジェンマ・チャン
シャン・スー・イー:リサ・ルー
ゴー・ペク・リン:オークワフィナ
ゴー・ワイ・ムン:ケン・チョン
エレノア・スン=ヤン:ミシェル・ヨー
アラミンタ・リー:ソノヤ・ミズノ
コリン・クー:クリス・パン
バーナード・タイ:ジミー・O・ヤン
エディ・チェン:ロニー・チェン
アリステア・チェン:レミー・ハイ
オリヴァー:ニコ・サントス
アマンダ”マンディ”リン:ジン・ルージ
フランチェスカ・ショー:カーメン・スー
マイケル・テオ:ピエール・プン
キティ・ポン:フィオナ・シェー
フィオナ・タン=チェン:ヴィクトリア・ローク
フェリシティ・ヤン:ジャニス・コー
ジャクリーン・リン:エイミー・チェン
ニーナ・ゴー:コー・チェン・ムン
P.T.ゴー:カルヴィン・ウォン
ケリー・チュウ:タン・ケン・フア
セリーヌ・シャン:コンスタンス・ラウ
アレクサンドラ”アリックス”ヤン=チェン:セレーナ・タン
レジナルド・オームズビー:ダニエル・ジェンキンス
カルソープ卿:ピーター・キャロル
インタン王女:クリス・アキノ
ラジオ・1・アジア:ケヴィン・クワン
歌手:キナ・グラニス
チャーリー・ウー:ハリー・シャムJr.

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2018年製作 121分
公開
北米:2018年8月15日
日本:2018年9月28日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $174,532,920
世界 $238,539,200


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1995年、ロンドン
雨の中、ホテル”カルソープ”に着いたシンガポール人のエレノア・スン=ヤン(ミシェル・ヨー)は息子のニック、義妹のフェリシティ(ジャニス・コー)と娘のアストリッドを連れてチェックインしようとする。

フロント係と支配人レジナルド・オームズビー(ダニエル・ジェンキンス)は、アジア人であるエレノアとフェリシティを見下し、予約してあると言う彼女らの宿泊を拒む。

電話をすることも断られたエレノアは、外の電話ボックスを使いホテルに戻る。

オームズビーから警察を呼ぶと言われたエレノアは、エレベーターから現れたカルソープ卿(ピーター・キャロル)に迎えられる。

カルソープ卿は、エレノアらをスイートルームに案内するよう支配人に指示し、代々、所有した事業をシンガポールのヤン家に売却したことを伝える。

エレノアが新しいオーナーだとカルソープ卿から知らされたオームズビーは、濡れている床を拭くよう彼女に指示される。
__________

2018年、ニューヨーク
中国系アメリカ人でニューヨーク大学の経済学教授レイチェル・チュウ(コンスタンス・ウー)は、恋人のニコラス”ニック”ヤン(ヘンリー・ゴールディング)の親友のコリン・クー(クリス・パン)とアラミンタ・リー(ソノヤ・ミズノ)の結婚式に出席するため、ニックの故郷シンガポールに旅立つことになる。

バーにいた有名人のニックに気づいた”ラジオ・1・アジア”のセリーヌ・シャン(コンスタンス・ラウ)は、それをSNSで発信してたちまち広まる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
中国系アメリカ人でニューヨーク大学の経済学教授レイチェル・チュウは、恋人のニックに誘われて、彼の故郷シンガポールに向かうことになる。
ニックの親友コリンとアラミンタの結婚式に出席する2人は、現地に到着する。
レイチェルは学友のペク・リンに会いに行き、彼女と家族から、恋人のニックが、シンガポールを作った大富豪ヤン家の御曹司だと知り驚く。
ニックに家族を紹介されたレイチェルは、彼の母親エレノアに歓迎されていない雰囲気を感じながらも、ニックと共に楽しもうとするのだが・・・。
__________

ケヴィン・クワンのベストセラー小説”Crazy Rich Asians”を基に製作された作品。

シンガポールの大富豪の御曹司を愛した平凡な中国系アメリカ人女性の苦悩と恋の行方を描くロマンチック・コメディ。

キャスト、スタッフの殆どがアジア系で製作されたワーナー・ブラザーズの作品であり、それが、「ジョイ・ラック・クラブ」(1993)以来の試みとして話題になった。

超リッチな大富豪の生活や、国際都市シンガポールの街並みや自然などの美しい映像が印象に残る。

本作は批評家に絶賛されたものの、起用した俳優やシンガポール人の描写などを問題視する声が上がり論争となった。

ハリウッド映画である本作が、上記のような理由で論争になるのは、気持ちは分からないでもないが過剰反応だと思う。

日本を舞台にしたハリウッド映画を例にとっても、何十年経っても日本文化の描写はまともとは思えないものばかりであり、世界や多くの西洋人向けに製作される作品であれば仕方がないことだ。

そんな問題はさて置き、3000万ドルで製作された本作は、北米興行収入約1億7500万ドル、全世界では約2億3900万ドルの大ヒットとなった。

恋人が超リッチだと知り、様々な問題に直面して戸惑いながらも自分なりに対処するヒロインを好演するコンスタンス・ウー、その恋人である大富豪の御曹司ヘンリー・ゴールディング、彼の最も親しいいとこジェンマ・チャン、彼女の夫で、平民であるため身分が違うことを気にするピエール・プン、ヤン家の長老であるニック(ヘンリー・ゴールディング)の祖母リサ・ルー、ヒロインを歓迎しないニックの母親を印象深く演ずるミシェル・ヨー、ヒロインを励ます学友のオークワフィナ、その父親ケン・チョン、その妻コー・チェン・ムン、その息子カルヴィン・ウォン、ニックの親友クリス・パン、その婚約者ソノヤ・ミズノ、ニックの同級生で富豪のジミー・O・ヤン、ニックのいとこロニー・チェン、その妻ヴィクトリア・ローク台湾の映画プロデューサー、レミー・ハイ、その恋人で女優のフィオナ・シェー、ニックのいとこでヤン家の調達係ニコ・サントス、ヤン家の顧問弁護士でニックの元恋人ジン・ルージ、その母親でニックの両親の学友エイミー・チェン、ニックの元恋人カーメン・スー、ニックのおばでアストリッド(ジェンマ・チャン)の母親ジャニス・コー、ニックのおばセレーナ・タン、ヒロインの母親タン・ケン・フア、”ラジオ・1・アジア”のゴシッパー、コンスタンス・ラウロンドンのホテルの支配人ダニエル・ジェンキンス、そのホテルをヤン家に売却するオーナーのピーター・キャロル、王族の王女クリス・アキノ、歌手のキナ・グラニス、アストリッドの元恋人ハリー・シャムJr.などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021