4505 Movies

スタア誕生 A Star Is Born (1937)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ハリウッドのスターとなり夢を叶えた女優と酒で身を亡ぼす元スターの夫の愛を描く、製作、脚本デヴィッド・O・セルズニック、監督、原案ウィリアム・A・ウェルマン、主演ジャネット・ゲイナーフレドリック・マーチアドルフ・マンジューメイ・ロブソンアンディ・ディヴァイン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:ウィリアム・A・ウェルマン

製作:デヴィッド・O・セルズニック
原案
ウィリアム・A・ウェルマン
ロバート・カーソン
脚本
ドロシー・パーカー
アラン・キャンベル
ロバート・カーソン
デヴィッド・O・セルズニック
リング・ラードナーJr.
バッド・シュールバーグ
ジョン・リー・メイヒン
撮影:W・ハワード・グリーン
編集
ジェームズ・E・ニューコム
アンソン・スティーヴンソン
音楽:マックス・スタイナー

出演
エスター・ヴィクトリア・ブロジェット/ヴィッキー・レスター:ジャネット・ゲイナー
ノーマン・メイン:フレドリック・マーチ
オリヴァー・ナイルズ:アドルフ・マンジュー
レティ・ブロジェット:メイ・ロブソン
ダニエル”ダニー”マクガイア:アンディ・ディヴァイン
マット・リビー:ライオネル・スタンダー
ケイシー・バーク:オーウェン・ムーア
フィリップス:ペギー・ウッド
アニタ・リージス:エリザベス・ジェンズ
ポップ・ランドール:エドガー・ケネディ
ブロジェット:J.C.ニュージェント
マティ:クララ・ブランディック
姿勢コーチ:ギン”ビッグボーイ”ウィリアムズ
ジョージ・J・パリス判事:ジョナサン・ヘイル
衣装係:リリアン・ハーメル
帽子の女性:キャロル・ランディス
配達人:ジョージ・チャンドラー
アーティ・カーヴァー:ジェド・プルーティ
ウィリアム・グレゴリー:フランシス・フォード

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1937年製作 111分
公開
北米:1937年4月20日
日本:1939年4月3日
製作費 $1,173,640


アカデミー賞
第10回アカデミー賞

・受賞
原案・特別賞(カラー撮影)
・ノミネート
作品・監督・助監督
主演男優(フレドリック・マーチ
主演女優(ジャネット・ゲイナー
脚色賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ノースダコタ州。
農家の娘エスター・ヴィクトリア・ブロジェット(ジャネット・ゲイナー)は、弟のアレックと共に映画を観に行き帰宅する。

父(J.C.ニュージェント)に映画のことを話すエスターは、叔母マティ(クララ・ブランディック)から女優になる夢を否定されて苛立つ。

祖母のレティ(メイ・ロブソン)や父は理解してくれるものの、夢など叶わないと言うマティの言葉に傷ついたエスターは、部屋に閉じこもってしまう。

しかし、レティに励まされたエスターは、彼女から現金を受け取り、ハリウッドに向かう決心をする。

駅に着いたエスターは、レティに見送られて旅立つ。

ハリウッド
チャイニーズ・シアター”に着いたエスターは、スターの手形を見て機体に胸ふくらむ。

大スター、ノーマン・メイン(フレドリック・マーチ)の手形を見つけたエスターは、靴の大きさを比べてみる。

下宿の部屋を借りることにしたエスターは、管理人のポップ・ランドール(エドガー・ケネディ)に女優になることを話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
スター誕生」(1937)
スター誕生」(1954)
スター誕生」(1976)
アリー/スター誕生」(2018)

*(簡略ストー リー)
ノースダコタ州の農家の娘エスター・ヴィクトリア・ブロジェットは、女優になる夢を諦めきれず、祖母レティに励まされてハリウッドに向かう。
しかし、エキストラの仕事でさえ見つからないエスターは、助監督のダニーと親交を深めながら、ひたすらチャンスを待つ。
そんな時エスターは、アルコール依存症のために人気が落ちていたとは言え大スターのノーマン・メインに気に入られ、スクリーンテストを受けることになる。
それが評価されたエスターは、プロデューサーのオリヴァーと契約し、”ヴィッキー・レスター”の芸名でデビューする。
その後、エスターの演技は絶賛される一方、共演したノーマンの名声は消え去っていく・・・。
__________

デヴィッド・O・セルズニックが製作と脚本を担当し、原案を兼ねたウィリアム・A・ウェルマンが監督した作品。

1932年公開の”栄光のハリウッド”と内容が類似していることが問題になり、同作の監督ジョージ・キューカーは、セルズニックから本作の演出を依頼されるものの断った。
RKO”がセルズニックに対し盗作訴訟を検討したことでも知ら得る作品。

また、ジョージ・キューカーは、ジュディ・ガーランドジェームズ・メイソンが主演した「スター誕生」(1954)の監督も務めた。

ハリウッドのスターとなり夢を叶えた女優と、酒で身を亡ぼす元スターの夫の愛を描くドラマ。

感傷的になりやすい内容ではあるものの、ユーモアをまじえたウィリアム・A・ウェルマンの丁寧な演出と、彼の原案による物語の素晴らしさが印象に残る。

初期のカラー作品としても知られる本作の中で、W・ハワード・グリーンによる撮影は高く評価され、ノーマンが入水自殺する際の水平線の夕陽の美しさは注目だ。

第10回アカデミー賞では、作品賞以下8部門にノミネートされ、上記の原案と特別賞(カラー撮影)を受賞した。
・ノミネート
作品、監督、助監督、主演男優(フレドリック・マーチ)、主演女優(ジャネット・ゲイナー)、脚色賞

主演のジャネット・ゲイナーは、夢を諦めずに女優になり、それに協力してくれた夫に尽くそうとする女性を見事に演じ、その夫役のフレドリック・マーチが、凋落するスターを好演している。

主人公の2人を支えるプロデューサーのアドルフ・マンジュー、主人公を励ます祖母メイ・ロブソン、主人公と親交を深める同じ下宿に住む助監督のアンディ・ディヴァイン、意地の悪い広報担当ライオネル・スタンダー、映画監督のオーウェン・ムーア、タレント・エージェント事務所の受付係ペギー・ウッド、ノーマンの恋人である女優エリザベス・ジェンズ、主人公の下宿の管理人エドガー・ケネディ、主人公の父親J.C.ニュージェント、その妹で主人公の夢を理解しないクララ・ブランディック、姿勢コーチのギン”ビッグボーイ”ウィリアムズ、飲酒運転で事故を起こしたノーマンを裁く判事のジョナサン・ヘイル、衣装係のリリアン・ハーメル、競馬場の帽子の女性キャロル・ランディス、配達人のジョージ・チャンドラー、記者のジェド・プルーティ、ノーマンと共に裁かれる男フランシス・フォードなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021