4505 Movies

MEG ザ・モンスター The Meg (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

絶滅したはずの巨大ザメ”メガロドン”に立ち向かう者たちの戦いを描く、監督ジョン・タートルトーブ、主演ジェイソン・ステイサムリー・ビンビンレイン・ウィルソンクリフ・カーティスルビー・ローズウィンストン・チャオ他共演のアクション・スリラー。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・タートルトーブ

製作
ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
ベル・アヴェリー
コリン・ウィルソン
製作総指揮
ジェラルド・R・モーレン
チアン・ウェイ
ランディ・グリーンバーグ
バリー・M・オズボーン
原作:スティーヴ・オルテンMeg: A Novel of Deep Terror
脚本
ディーン・ジョーガリス
ジョン・ホーバー
エリック・ホーバー
撮影:トム・スターン
編集
スティーヴン・ケンパー
ケリー・マツモト
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ

出演
ジョナス・テイラー:ジェイソン・ステイサム
スーイン・ジャン:リー・ビンビン
ジャック・モリス:レイン・ウィルソン
ジェームズ“マック”マックライズ:クリフ・カーティス
ジャックス:ルビー・ローズ
ミンウェイ・ジャン博士:ウィンストン・チャオ
DJ:ペイジ・ケネディ
ローリー・テイラー:ジェシカ・マクナミー
ウォール:オラフル・ダッリ・オラフソン
ヘラー医師:ロバート・テイラー
メイイン・ジャン:ソフィア・ツァイ
トシ:マシ・オカ
ディアンジェロ:ロブ・キパ=ウィリアムズ
マークス:タワンダ・マニーモ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2018年製作 113分
公開
北米:2018年8月10日
日本:2018年9月7日
製作費 $130,000,000
北米興行収入 $145,443,740
世界 $530,259,470


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フィリピン海溝
救助隊員のジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は、損傷した原子力潜水艦の乗組員を救おうとする。

1人を救助したジョナスは、正体不明の生物が艦体に衝突したことを確認して救難艇に戻る。

2人の隊員ディアンジェロ(ロブ・キパ=ウィリアムズ)とマークス(タワンダ・マニーモ)が閉じ込められたことを知ったジョナスは、潜水艦に戻ろうとするものの、このままでは全員が助からないと判断し、やむなくその場から離れる。

生存者のヘラー医師(ロバート・テイラー)は、仲間を見捨てたジョナスを責める。

5年後、上海
ヘリコプターで飛び立った億万長者のジャック・モリス(レイン・ウィルソン)は、200マイル沖の海洋研究所”マナ・ワン”に向かう。

責任者のミンウェイ・ジャン博士(ウィンストン・チャオ)に迎えられたモリスは、彼の娘で海洋学者のスーイン(リー・ビンビン)と孫娘のメイイン(ソフィア・ツァイ)を紹介される。

コントロール・ルームに案内されたモリスは、エンジニアのジャックス(ルビー・ローズ)、ヘラー医師、遠隔操作スペシャリストのDJ(ペイジ・ケネディ)、ジョナスの旧友でオペレーション・マネージャーのジェームズ“マック”マックライズ(クリフ・カーティス)を紹介される。

モリスは、硫化水素の”サーモクライン”(水温躍層)に隠された、マリアナ海溝の最深部と思われる場所を探索するミッションを視察に来たのだった。

規定に近づく潜水艇”オリジン”の操縦士ローリー(ジェシカ・マクナミー)はジョナスの元妻で、科学者のトシ(マシ・オカ)とウォール(オラフル・ダッリ・オラフソン)が乗り込んでいた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
上海沖200マイル。
海洋研究所”マナ・ワン”のスポンサーでる億万長者のモリスは、硫化水素の”サーモクライン”(水温躍層)に隠された、マリアナ海溝の最深部と思われる場所を探索しようとする。
モリスは、責任者のジャオ博士と娘で海洋学者のスーイン、オペレーション・マネージャーのマックらと共に、海底に向かった潜水艇を見守る。
潜水艇の操縦士ローリーらは正体不明の何か(巨大ザメ”メガロドン”)に襲われて制御不能になり、マックは、旧友である救命隊員のジョナス・テイラーに協力を求めようとする。
5年前に仲間を亡くす事故により、タイで酒に溺れる日々を送っていたジョナスは、元妻ローリーの事故を知り再び海に潜る決断をするのだが・・・。
__________

1997年に発表された、スティーヴ・オルテンの小説”Meg: A Novel of Deep Terror”を基に製作された作品。

絶滅したはずの巨大ザメ”メガロドン”に立ち向かう者たちの戦いを描くアクション・スリラー。

1990年代末に映画化が企画倒れとなり、2005年にも監督ヤン・デ・ボン、製作ギレルモ・デル・トロの企画もなくなり、ワーナー・ブラザーズが1億3000万ドルの製作費をかけてようやく公開までたどりついた経緯がある。

サメと人間との戦い自体は珍しい内容ではないが、太古の時代に絶滅したはずの巨大ザメ”メガロドン”の迫力そのものがが話題になった作品。

サメ映画と言えば、その元祖「ジョーズ」(1975)と必ず比較されてしまうのだが、同作のオマージュなのか真似なのか・・・と思われるシーンが何か所も登場する。

舞台や役者も含めて中国映画と言っていいような内容で、その中で、主人公演ずるジェイソン・ステイサムが、個性を活かし魅力的な役柄を熱演している。

北米興行収入は約1億4500万ドル、全世界では約5億3000万ドルの大ヒットを記録し、サメ映画史上最高となった。
中国国内の興行収入は北米を上回り(約1億5300万ドル)、日本の10倍であることからも分かるように、ハリウッドが中国に頼るのも頷ける。

主人公と惹かれ合いながら”メガロドン”に立ち向かう海洋学者リー・ビンビン、海洋研究施設のスポンサー、レイン・ウィルソン、主人公の旧友であるオペレーション・マネージャーのクリフ・カーティス、エンジニアのルビー・ローズ、ヒロインの父親である研究施設の責任者ウィンストン・チャオ、遠隔操作のスペシャリスト、ペイジ・ケネディ、主人公の元妻で潜水艇操縦士のジェシカ・マクナミー、彼女と共に潜水艇に乗るクルーで科学者のオラフル・ダッリ・オラフソンマシ・オカ、主人公と確執があった医師のロバート・テイラー、ヒロインの娘ソフィア・ツァイ、冒頭で犠牲になる救助隊員ロブ・キパ=ウィリアムズとタワンダ・マニーモなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021