4311 Movies

ザ・ウォーク The Walk (2015)

  •  
  • 12
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ニューヨークの”ワールドトレードセンター”のツインタワーにワイヤーをかけて渡った曲芸師フィリップ・プティの夢を実現させるための挑戦を描く、製作、監督、脚本ロバート・ゼメキス、主演ジョセフ・ゴードン=レヴィットベン・キングズリーシャルロット・ルボンクレマン・シボニージェームズ・バッジ・デール他共演の実話を基にしたコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:ロバート・ゼメキス

製作
トム・ロスマン
スティーヴ・スターキー
ロバート・ゼメキス
ジャック・ラプケ
製作総指揮
シェリラン・マーティン
ジャクリーン・ラビーン
ベンジャミン・ワイズバーン
原作:フィリップ・プティ”To Reach the Clouds”
脚本
ロバート・ゼメキス
クリストファー・ブラウン
撮影:ダリウス・ウォルスキー
編集:ジェレマイア・オドリスコル
音楽:アラン・シルヴェストリ

出演
フィリップ・プティジョセフ・ゴードン=レヴィット
”パパ”ルディ・オーマンコウスキ:ベン・キングズリー
アニー・アリックス:シャルロット・ルボン
ジャン=ルイ:クレマン・シボニー
ジャン=ピエール:ジェームズ・バッジ・デール
ジェフ:セザール・ドンボワ
アルバート:ベン・シュワルツ
デヴィッド:ベネディクト・サミュエル
バリー・グリーンハウス:スティーヴ・ヴァレンタイン
現場責任者:ハリー・スタンジョフスキー
ガイ・トッゾーリ:マーク・カマチョ

アメリカ 映画
配給 トライスター・ピクチャーズ
2015年製作 123分
公開
北米:2015年9月30日
日本:2016年1月23日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $10,137,500
世界 $61,181,940


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1973年、パリ
大道芸人として人気者だったフィリップ・プティジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、いつもロープを張って渡る場所を探していた。

ある日、キャンディを使った芸で歯を痛めてしまったフィリップは、待合室で雑誌を見ていた。

ある記事を見て歯の痛みが止まってしまったフィリップは、ニューヨークに建設中の世界一の高層ビル”ワールドトレードセンター”のツインタワーの屋上にロープを張り渡ることを思いつく。

夢を実現するため、その瞬間に人生が変わったフィリップは、曲芸師に憧れた子供時代を思い出す。
__________

8歳のフィリップは、町に来た、世界一の綱渡りを見せるオーマンコウスキ一座”白い悪魔たち”の芸を見て感激する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

(簡略ストー リー)
1973年、パリ
大道芸人で綱渡り師でもあるフィリップ・プティは、街かどで芸をしながら、いつもロープをかけて渡る場所を探していた。
そんなフィリップは、ニューヨーク、”ワールドトレードセンター”のツインタワーにワイヤーをかけて渡ることを思いつき人生が変わる。
音楽学校の学生アニーと知り合い夢を語ったフィリップは、芸を仕込まれた世界一の綱渡り一座の座長パパ・ルディに助言を求め、写真家のジャン=ピエールと数学教師のジェフなどと共に計画を練る。
現地に向かったフィリップは、世界一の高さを誇るツインタワーに圧倒されて挫折しそうになる。
何とか工事中のビルの屋上に上がったフィリップは再び夢が広がり、不可能に挑戦する気になるのだが・・・。
__________

1974年、完成直後のニューヨーク、”ワールドトレードセンター”のツインタワーにワイヤーをかけて渡ったフランス人の曲芸師フィリップ・プティが、2002年に発表した自伝”To Reach the Clouds”を基に製作された作品。

ロバート・ゼメキスが製作と脚本を兼ねて監督し、人気スターのジョセフ・ゴードン=レヴィットが主人公のフィリップ・プティを演じ注目された作品。

フィリップ・プティのパフォーマンスは、ドラマの中でも紹介されるが当時、世界的なニュースになり、ニューヨークの新たな象徴となった世界一高い”ワールドトレードセンター”のツインタワーが世の中の話題の忠心になった。
ツインタワー/417mは、直後に落成した”シアーズ・タワー/442.3m”(現ウィリス・タワー)に世界一の座は奪われた。

アーチストと自称する曲芸師であり綱渡り師のフィリップ・プティの夢を実現するための挑戦を、ロバート・ゼメキスらしい、ユーモアを交えてファンタジックな雰囲気で描く作品に仕上がっている。

全体的には、2001年の同時多発テロで崩壊したツインタワーへのオマージュ的な内容であり、主人公が受け取るタワーの展望台入れるフリーパスには、期限が”永遠”と書かれているというセリフで終わるラストに、ツインタワーへの思いが込められている。

そのツインタワーニューヨークの街並み、綱渡りをする映像は素晴らしく、それを観るだけでも価値がある作品。

批評家、一般から高評価を受けヒットする要素はあったものの、北米興行収入はわずか約1000万ドル、全世界でも約6100万に終わり、ロバート・ゼメキス作品にしては寂しい結果となった。

主人公のフィリップ・プティを演ずるジョセフ・ゴードン=レヴィットは、ワイヤー・アクションだとは思えるものの、そのパフォーマンスは見事であり、夢に挑戦するバイタリティ溢れる青年を熱演している。

主人公の師である綱渡り一座の座長ベン・キングズリー、主人公を支える恋人のシャルロット・ルボン、主人公の協力者である写真家のクレマン・シボニー、その友人で数学教師のセザール・ドンボワ、現地の協力者ジェームズ・バッジ・デール、その友人ベン・シュワルツベネディクト・サミュエル、タワーの保険会社に勤務する協力者のスティーヴ・ヴァレンタイン、ビル工事の現場責任者ハリー・スタンジョフスキー、ビルの管理者マーク・カマチョなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020