4130 Movies

人生の動かし方 The Upside (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2011年に公開されたフランス映画「最強のふたり」のハリウッド版リメイク。
四肢麻痺状態の大富豪と彼に雇われた元囚人である介護人との友情を描く、監督ニール・バーガー、主演ケヴィン・ハートブライアン・クランストンニコール・キッドマン他共演のドラマ。


ドラマ(コメディ)

ニコール・キッドマン / Nicole Kidman 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ニール・バーガー
製作
トッド・ブラック
ジェイソン・ブルメンタル
スティーヴ・ティッシュ
製作総指揮
G・マック・ブラウン
ザック・シラー
原作
最強のふたり
エリック・トレダノ
オリヴィエ・ナカシュ
脚本:ジョン・ハートメア
撮影:スチュアート・ドライバーグ
編集:ナオミ・ジェラティ
音楽:ロブ・シモンセン

出演
デル・スコット:ケヴィン・ハート
フィリップ・ラカッセ:ブライアン・クランストン
イヴォンヌ・ペンドルトン:ニコール・キッドマン
ジェニー・ラカッセ:ジュヌヴィエーヴ・エンジェルソン
ラトリス:アヤ・ナオミ・キング
マギー:ゴルシフテ・ファラハニ
リリー・フォーリー:ジュリアナ・マルグリーズ
データ処理主任:レイチェル・アラナ・ハンドラー
カーター・ロック:テイト・ドノヴァン
アンソニー:ジャヒ・ディアロ・ウィンストン
ジャック:マイケル・クインラン
シャーロット:スザンヌ・サヴォイ

アメリカ 映画
配給
STX Films
Lantern Entertainment
2017年製作 126分
公開
北米:2019年1月11日
日本:2019年4月19日 (Amazonビデオで独占配信)
製作費 $37,500,000
北米興行収入 $108,152,340
世界 $122,052,340


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
四肢麻痺状態の大富豪フィリップ・ラカッセ(ブライアン・クランストン)は、介護人のデル・スコット(ケヴィン・ハート)が運転する自分の愛車(フェラーリ・GTC4ルッソ)に乗っていた。

暴走したデルは警察に追われるものの、フィリップと100ドルの賭けをしてパトカーをまく。

しかし、道路をパトカーに塞がれたデルは停車し、車から降りて警官に逮捕されそうになる。

助手席のフィリップが発作を起こしたと言うデルは、彼の演技で救われ、パトカーに先導されて病院に向かう。

6か月前。
フィリップは、アシスタントのイヴォンヌ・ペンドルトン(ニコール・キッドマン)に、もしもの場合の延命措置はいらないと言い聞かせていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
四肢麻痺状態の大富豪フィリップ・ラカッセは、求人に応募してきた元囚人のデル・スコットが気に入り、秘書のイヴォンヌには反対されるものの、彼を介護人として雇うことを考える。
別れた妻ラトリスと息子のアンソニーに相手にされないデルは、不本意ではあったが、仕事を得るために仕方なくフィリップの仕事を受ける。
最愛の妻亡き後、生きる意味を考える日々を送るフィリップは、不躾で横柄ではあるものの、心を癒してくれることもあるデルとの親交を深めるのだが・・・。
__________

話題となった実話を基にしたフランス映画「最強のふたり」のハリウッド版リメイク。

ワインスタイン・カンパニーによる2018年3月の公開予定だったが、ハーヴェイ・ワインスタインのセクシャルハラスメント問題で会社自体が経営危機に陥り、同社を買収したLantern EntertainmentSTX Filmsが共同配給することになり、公開が遅れた経緯がある。

そんな問題を抱えて公開された本作は、北米興行収入が1億ドルを突破し、全世界では約1億2200万ドルのヒットとなった。

一般から非常に高い評価を受けたオリジナルを観ていないので比較はできないが、本作は、魅力的なキャスティングにも拘らず、ニール・バーガーの演出は単調で、甘い脚本、押しつけがましく説教じみた内容など、批評家から酷評されたのも理解できる。

こんなキャラクターでなければ、面白味のあるドラマにならないというような雰囲気が気になる、元囚人である介護人のケヴィン・ハート、彼を雇う四肢麻痺状態の大富豪ブライアン・クランストン、彼とクライマックスでは愛が芽生える個人秘書のニコール・キッドマン、フィリップ(ブライアン・クランストン)の亡くなった妻ジュヌヴィエーヴ・エンジェルソン、デル(ケヴィン・ハート)の妻アヤ・ナオミ・キング、その息子ジャヒ・ディアロ・ウィンストン、フィリップの理学療法士ゴルシフテ・ファラハニ、主人公の文通相手ジュリアナ・マルグリーズ、デルが就職テストを受けるデータ処理主任のレイチェル・アラナ・ハンドラー、フィリップと同じのアパートの住人テイト・ドノヴァン、主人公の料理人スザンヌ・サヴォイ、その夫で使用人のマイケル・クインランなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020