4504 Movies

遊星からの物体X The Thing (1982)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1938年に発表された、ジョン・W・キャンベルJr.の小説”影が行く”を基に製作された作品で、1951年公開の「遊星よりの物体X」のリメイク。
吸収したものに同化してしまう太古の昔に地球に飛来した生命体と南極観測隊員の戦いを描く、監督ジョン・カーペンターカート・ラッセルウィルフォード・ブリムリーリチャード・ダイサートキース・デイヴィッド他共演のSFスリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジョン・カーペンター

製作総指揮:ウィルバー・スターク
製作
デイヴィッド・フォスター
ローレンス・ターマン

原作:ジョン・W・キャンベルJr.影が行く
脚本:ビル・ランカスター

撮影:ディーン・カンディ
編集:トッド・C・ラムジー
音楽:エンニオ・モリコーネ

出演
R・J・マクレディ:カート・ラッセル

ブレア博士:ウィルフォード・ブリムリー
コッパー医師:リチャード・ダイサート
ギャリー:ドナルド・モファット
ノールス:T・K・カーター
パーマー:デヴィッド・クレノン
チャイルズ:キース・デイヴィッド
ヴァンス・ノリス:チャールズ・ハラハン
ジョージ・ベニングス:ピーター・マローニー
クラーク:リチャード・メイサー
フュークス:ジョエル・ポリス
ウィンドウズ:トーマス・G・ウェイツ
コンピューター(声):エイドリアン・バーボー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1982年製作 108分
公開
北米:1982年6月25日
日本:1982年11月13日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $19,629,760


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1982年、冬、南極、アメリカ南極観測隊・第4基地。
ノルウェー隊のヘリコプターに追われた犬が、基地内に逃げ込んで来る。

着陸したヘリから降りた男が、誤って手榴弾を雪の上に落としてしまう。

ヘリは爆発してしまい、もう一人の男が犬に発砲したため、隊員で気象学者のジョージ・ベニングス(ピーター・マローニー)が脚に銃弾を受ける。

尚も犬を追う男が銃撃を続けるため、隊長のギャリー(ドナルド・モファット)は彼を射殺する。

ヘリのパイロット、R・J・マクレディ(カート・ラッセル)らは、爆発したヘリの火を消す。

コッパー医師(リチャード・ダイサート)は、ベニングスの傷を治療する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「遊星からの物体X」(1982)
・「遊星からの物体X ファーストコンタクト」(2011)

*(簡略ストー リー)
1982年、冬、南極、アメリカ南極観測隊・第4基地。
ヘリコプターで現れたノルウェー隊員は、追って来た犬に発砲を続けるため、隊長のギャリーに射殺される。
ギャリーは、ヘリコプターのパイロット、R・J・マクレディと医師コッパーを、調査の目的でノルウェー基地に向かわせる。
そこは焼き討ちされた様な状態で、変死体と中身を取り出したと思われる氷の塊が放置されていた。
人間とは思えない死体も見つけた二人はそれを基地に運び、生物学者のブレアが解剖して調べる。
その後、逃げ込んだ犬がおぞましい姿の生命体に変わり、隊員達はそれを焼き殺す。
それが、吸収したものと同化する生命体であることをブレアは知り、全世界が同化される危機が迫る。
ヘリと通信機器を壊して発砲騒ぎまで起こしたブレアは隊員達に取り押さえられ、監禁されてしまう。
マクレディら隊員達は、誰が生命体に同化されたか分からないまま、それを調べるためのテストを始めるのだが・・・。
__________

おぞましい姿の生命体が人間に襲い掛かるホラー作品として非常に評価の高い作品で、SFホラーの古典と言われるオリジナル作「遊星よりの物体X」(1951)よりも、原作に近い内容になっている。

公開当時、かなり凝った生命体の造形や特撮が話題となり、今観てもその完成度の高さには感心する。

生命体が人間に同化するため、誰が本物か正体が分からないスリルがあり、隊員達に対する恐怖の迫り方など、ジョン・カーペンターらしい演出が見所の作品。

エンニオ・モリコーネの雰囲気のある音楽も非常に印象的だ。

盟友ジョン・カーペンターとのコンビも快調な主演のカート・ラッセルは、西部劇のガンマンのような奇抜な容姿で個性を発揮し、若くして貫禄を示し作品を引き締めている。
何ともユニークな形に整えたハットがたまらなくいい。

生物学者のウィルフォード・ブリムリー、医師のリチャード・ダイサート、隊長のドナルド・モファット、調理係のT・K・カーター、ヘリ・パイロットでエンジニアのデヴィッド・クレノン、同じくエンジニアのキース・デイヴィッド、地球物理学者のチャールズ・ハラハン、気象学者のピーター・マローニー、犬の飼育係のリチャード・メイサー、生物学者のジョエル・ポリス、通信技師のトーマス・G・ウェイツ、そして、当時のジョン・カーペンター夫人であるエイドリアン・バーボーが、コンピューターの声で出演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021