4297 Movies

ストレンジャー The Stranger (1946)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ナチの残党を捕えようとする”連合国戦争犯罪委員会”委員の執念の調査を描く、製作サム・スピーゲル、監督、脚本、出演オーソン・ウェルズ、脚本ジョン・ヒューストン(クレジットなし)、主演エドワード・G・ロビンソンロレッタ・ヤング他共演のサスペンスであるフィルム・ノワール作品。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

オーソン・ウェルズ / Orson Welles / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:オーソン・ウェルズ
製作:サム・スピーゲル(S.P. Eagle)
原作:ヴィクター・トリヴァス

脚本
オーソン・ウェルズ

アンソニー・ヴェイラー
ジョン・ヒューストン
撮影:ラッセル・メテ
編集:アーネスト・J・ニムス
音楽:ブロニスラウ・ケイパー

出演
ウィルソン:エドワード・G・ロビンソン

メアリー・ロングストリート・ランキン:ロレッタ・ヤング
チャールズ・ランキン/フランツ・キンドラー:オーソン・ウェルズ
アダム・ロングストリート:フィリップ・メリヴェイル
ノア・ロングストリート:リチャード・ロング
コンラッド・マイネッケ:コンスタンティン・シェイン
ジェフリー・ローレンス:バイロン・キース
ポッター:ビリー・ハウス

アメリカ 映画
配給 RKO

1946年製作 95分
公開
北米:1946年5月25日
日本:未公開


アカデミー賞 ■
第19回アカデミー賞
・ノミネート
原案賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントンD.C.
連合国戦争犯罪委員会”の委員ウィルソン(エドワード・G・ロビンソン)は、ナチの残党である元収容所長コンラッド・マイネッケ(コンスタンティン・シェイン)を逃がして泳がすことを強く主調し、反対する者達の意見を聞き入れようとしない。

イタリア
船で到着したマイネッケは、病気療養を装い名前を変えて入国する。

尾行されながら”フランツ・キンドラー”を捜したマイネッケは、アメリカのコネチカット州のハーパーという町にキンドラーがいることを知る。

ハーパー。
マイネッケは町に着き、彼を追っていたウィルソンも同じバスに乗っていた。

ウィルソンを気にするマイネッケは、電話帳でキンドラーの住所を調べ、スーツケースをドラッグストア兼カフェの店主ポッター(ビリー・ハウス)に預けてその場を去る。

ウィルソンに尾行されていることに気づいたマイネッケは男子校に入り、体育館でウィルソンの頭に物を命中させ、彼が倒れ込んだのを確認する。

チャールズ・ランキン(キンドラー)の家に向かったマイネッケは、その場にいたメアリー・ロングストリート(ロレッタ・ヤング)に迎えられる前に部屋の中に入り、動揺した様子で警戒する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ワシントンD.C.
連合国戦争犯罪委員会”の委員ウィルソンは、ナチの残党である元収容所長マイネッケを逃がして泳がし、彼らを指揮した”フランツ・キンドラー”を捕えようとする。
マイネッケは、キンドラーがランキンと名前を変えコネチカット州の田舎町ハーパーに潜んでいることを知る。
現れたマイネッケが泳がされていることを知ったランキンは、彼を殺害して死体を隠す。
マイネッケを追い町を訪れていたウィルソンは、姿を消した彼とランキンの接点を探り始める。
最高裁判事の娘メアリーと結婚して完璧に身を隠したつもりのランキンだったが、彼女の弟ノアの協力を得て周囲を探り始めたウィルソンを警戒する・・・。
__________

監督、脚本、出演のオーソン・ウェルズによる戦後第一作で、ジョン・ヒューストン(クレジットなし)も脚本に参加している。

若くして映画史上に残る名作「市民ケーン」(1941)で評価されたオーソン・ウェルズだったが、本作が三作目の彼の実績を低く見たのか、製作者サム・スピーゲル(S.P. Eagle)の圧力に屈した様子が窺える、オーソン・ウェルズの演出にしてはオーソドックスな仕上がりとなっている。

オーソン・ウェルズが妻ロレッタ・ヤングに自分が殺人犯だと認めるあたりから、急激に映像描写などが変化し激しくなるところなどが注目で、オーソン・ウェルズの表現力は流石と言える。

終戦直後の1945年9月から撮影が始まったことと、その時代の状況を考えながら観ると実に興味深く鑑賞できる作品。

それにしても、この時期にナチの残党の追跡が早くも始まっていたかと思うと驚きだ。

サスペンスの雰囲気を盛り上げる、ブロニスラウ・ケイパーの音楽も印象に残る。

第19回アカデミー賞では原案賞にノミネートされた。

ナチ・ハンターとして執念の調査を続ける”連合国戦争犯罪委員会”委員を熱演するエドワード・G・ロビンソン、夫オーソン・ウェルズナチの残党だと知り厳しい状況に追い込まれるロレッタ・ヤング、その父親で最高裁判事のフィリップ・メリヴェイル、その息子で主人公に協力するリチャード・ロングナチの元収容所長コンスタンティン・シェイン、町医者バイロン・キース、ドラッグストア店主ビリー・ハウスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020