4509 Movies

ストレイト・ストーリー The Straight Story (1999)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

500キロ以上離れた場所に住む疎遠だった兄を芝刈り機に乗り訪ねた実在の人物アルヴィン・ストレイトの旅を描く、監督デヴィッド・リンチ、主演リチャード・ファーンズワースシシー・スペイセクハリー・ディーン・スタントン他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・リンチ
製作
アラン・サルド

メアリー・スウィーニー
ニール・エデルスタイン
製作総指揮
ピエール・エデルマン

マイケル・ポレア
脚本
ジョン・E・ローチ

メアリー・スウィーニー
撮影:フレディ・フランシス
編集:メアリー・スウィーニー
音楽:アンジェロ・バダラメンティ

出演
アルヴィン・ストレイトリチャード・ファーンズワース

ローズ・ストレイト:シシー・スペイセク
ライル・ストレイト:ハリー・ディーン・スタントン
トム:エヴェレット・マッギル
ダニー・リアダン:ジェームズ・ケイダ
ドロシー:ジェーン・ギャロウェイ・ハイツ
ヴァーリン・ヘラー:ウィリー・ハーカー

クリスタル:アナスタシア・ウェッブ

アメリカ/イギリス/フランス 映画
配給 ブエナビスタ
1999年製作 112分
公開
北米:1999年10月15日
イギリス:2000年12月3日
フランス:2000年11月3日
日本:2000年3月25日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $6,203,040


アカデミー賞 ■
第72回アカデミー賞
・ノミネート
主演男優賞(リチャード・ファーンズワース


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アイオワ州、ローレンス
アルヴィン・ストレイトリチャード・ファーンズワース)がいつものバーでのミーティングに現れないため、友人が様子を見に行く。

友人は床に倒れていたアルヴィンに気づき、驚いた隣人ドロシー(ジェーン・ギャロウェイ・ハイツ)は救急車を呼ぼうとする。

帰宅して騒ぎを知ったアルヴィンの娘ローズ(シシー・スペイセク)は、父の姿を見て動揺する。

頑固なアルヴィンは病院に行くことを拒むが、ローズに説得されて仕方なく医師の診察を受ける。

腰のせいで倒れたと診断されたアルヴィンは、歩行器を使うよう勧められるもののそれを拒んだため、杖をもう一本使うよう言われる。

糖尿病や初期の肺気腫も指摘されたアルヴィンは、タバコなどもやめて節制するよう医師に言われる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アイオワ州、ローレンス
アルヴィン・ストレイトは、二本の杖でようやく歩行する病気持ちである73歳の老人だった。
ある日、仲違いして10年間も疎遠だった兄ライルが倒れたことを知ったアルヴィンは、500キロ以上離れたウィスコンシンマウント・ザイオンに向かう決心をする。
娘ローズに反対されるものの頑固なアルヴィンは、車も運転できないため、芝刈り機を改造して荷車を牽引して出発する。
ところが、芝刈り機はたちまち壊れてしまい、一旦、町に戻ったアルヴィンは、別の芝刈り機を購入して再び旅に出る。
アルヴィンは様々な人々と出会いながら、兄ライルと仲直りをしたい一心で旅を続ける・・・。
__________

一人の老人の旅を通して、人の一生についてを考えさせられる感動のヒューマン・ドラマ。

主人公の老人は頑固で身勝手なところもあり、青年期には自堕落な生活も送り、また戦争で非常に辛い思いをした過去がある。
出会う人々や観客も冷や冷やしながらその行動を観ることになるのだが、老人は人生経験が豊富であるため、怖いもの知らずで旅を続ける姿が実に逞しい。
畑で野宿するのは怖くないのかと問われる主人公が、戦地の塹壕で戦った体験に比べれば、トウモロコシ畑など怖くないというセリフが面白い。
その言葉にただ苦笑している観客は、後に主人公の戦争での辛い体験を知ることになり、しみじみとその言葉が生きてくるという、人の心に触れるジョン・E・ローチメアリー・スウィーニーの細やかな脚本を生かしたデヴィッド・リンチの奥深い演出に注目したい。

アメリカ中部の雄大な農地や地形、そして美しい映像が、主人公の進む速度と相まって穏やかで心地よい気分にさせてくれる。

主演のリチャード・ファーンズワースは、人生の年輪を感じさせてくれる主人公を見事に演じ、第72回アカデミー賞では主演男優賞にノミネートされた。
旅から一旦、引き返したリチャード・ファーンズワースが、壊れた芝刈り機を銃撃するシーンの銃の構え方は、10代の頃からスタントマンやカウボーイ役が本職であっただけあり、”本物”を感じさせるファンに取っては嬉しい演出だ。
本作の北米公開の翌年、彼は癌を苦にショットガンで自殺した。

火事が原因で役所に子供達を奪われ、辛い思いをしながら主人公である父親と暮らす娘を実力派らしく好演するシシー・スペイセク、クライマックスの数分しか登場しないものの、表情だけで思いを伝える見事な演技を見せる主人公の兄役ハリー・ディーン・スタントン、農機具販売業者エヴェレット・マッギル、主人公を気遣い親切にする男性ジェームズ・ケイダ、主人公の隣人ジェーン・ギャロウェイ・ハイツ、主人公と戦争体験を語り合う老人ウィリー・ハーカー、ヒッチハイカーの少女アナスタシア・ウェッブなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021