4551 Movies

鎧なき騎士 Knight Without Armour (1937)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1933年に発表された、ジェームズ・ヒルトンの小説”Knight Without Armour”を基に製作された作品。
激動の時代を生き抜いた、ロシアの貴婦人と革命活動を探るイギリス人スパイの恋を描く、監督ジャック・フェデー、主演マレーネ・ディートリッヒロバート・ドーナット他共演のドラマ。


ドラマ

マレーネ・ディートリッヒ / Marlene Dietrich / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジャック・フェデー
製作:アレクサンダー・コルダ
原作:ジェームズ・ヒルトンKnight Without Armour
脚本
フランシス・マリオン

ラヨシュ・ビロ
撮影:ハリー・ストラドリング
編集:フランシス・D・ライオン
音楽:ミクロス・ローザ

出演
アレクサンドラ・ウラジノフ:マレーネ・ディートリッヒ

A・J・フォザギル/ピーター・ウラノフ:ロバート・ドーナット
公爵夫人:アイリーン・ヴァンブルー
グレゴール・ウラジノフ:ハーバート・ロマス
アドラクシン大佐:オースティン・トレヴァー
アクセルシュタイン:ベイジル・ギル
マロニン:デヴィッド・トゥリー
ポーシュコフ:ジョン・クレメンツ
スタンフィールド:フレデリック・カリー
フォレスター大佐:ローレンス・ハンレイ
赤軍委員:マイルズ・モールソン

イギリス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1937年製作 107分
公開
イギリス:1937年6月1日
北米:1937年7月23日
日本:1938年1月


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1913年、アスコット競馬場
ロシア貴族のアレクサンドラ・ウラジノフ(マレーネ・ディートリッヒ)は、父グレゴール将軍(ハーバート・ロマス)と共にレースの開始を待つ。

その場でレースを見守るA・J・フォザギル(ロバート・ドーナット)は、通信員として5年間ロシアに滞在するため出発する予定だった。

フォザギルは、友人達に見送られて帰国の途に就くアレクサンドラと同じ汽車に乗っていた。

サンクトペテルブルグ
皇帝主催の舞踏会の招待を受けたアレクサンドラは、アドラクシン大佐(オースティン・トレヴァー)の婚約者であることを知らされた皇帝から言葉をかけられる。

警察に呼ばれたフォザギルは、帝国主義を批判する記事を書いたために、48時間以内に国外退去を命ぜられる。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1913年、サンクトペテルブルグ
通信員として駐在するA・J・フォザギルは、帝国主義を批判する記事を書いたため48時間以内の国外退去を命じられる。
革命活動を探るスパイとなり”ピーター・ウラノフ”というロシア人に扮したフォザギルは、革命派組織に潜入するものの、逮捕されてシベリア送りとなる。
第一次大戦が始まり、やがて国は民衆の手に渡り革命が起きたことで、ピーターは赤軍の革命会議長アクセルシュタインの側近となる。
伯爵である夫アドラクシン大佐を戦争で亡くした貴族アレクサンドラ・ウラジノフは、赤軍に屋敷を奪われて捕えられる。
アレクサンドラの移送を命ぜられたピーターは、彼女に惹かれてしまう。
その後、迫る白軍の陣地に近づき、アレクサンドラの身の安全を確保するため投稿させたピーターは、赤軍の反撃に加わる。
そして、再び赤軍に捕えられたアレクサンドラを救い出したピーターは、彼女との愛を確かめ合うのだが・・・。
__________

ロシア革命を背景にしたロマンスであり、主人公二人が厳しい時代を逞しく生きながら、一方でスパイ活動なども描く作品。

そのスパイとしての活動と成果がいかなるものだったのかなどは全く語られず、出会った貴婦人と恋に落ちて逃亡劇が始まるという、ジャック・フェデーのやや焦点がぼけている演出が気になる。

救われたかと思えばたちまち捕えられるという、ヒロインの厳しい体験が淡々と描写される内容は、当時の社会情勢を描きたいのか、大女優となったマレーネ・ディートリッヒを前面に出したいのかもよく分からない。

多くの人々が苦労した時代を描く内容にも拘らず、マレーネ・ディートリッヒのお色気で観客の目を引こうとする演出なども余分だ。
今観てもそう思うのだから、1930年代半ば当時は更にそれを意識し過ぎだと思われたのではないだろうか。
赤軍ソビエト陸軍を指す呼称となった頃に公開された作品であり(1946年にソビエト連邦軍)、批判を浴びたことも考えられる。
彼女の表情などはいつもながら非常に魅力的であり、それだけを見せてくれていれば十分と言う感じだ。

冷静に考えると、スパイであったにも拘らず恋した貴婦人を助けるためだけに活動しているような役柄が気になるが、必死さは伝わる熱演を見せるロバート・ドーナット、公爵夫人アイリーン・ヴァンブルー、ヒロインの父親ハーバート・ロマス、ヒロインの夫オースティン・トレヴァー赤軍の革命会議長ベイジル・ギル、革命派の勇士デヴィッド・トゥリー、自殺する赤軍委員ジョン・クレメンツ、フォザギル(ロバート・ドーナット)にスパイ活動を勧めるフレデリック・カリー、現地で諜報活動をするローレンス・ハンレイ赤軍委員マイルズ・モールソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021