4551 Movies

プライベイトスクール Private School (1983)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

全寮制の女子高と男子校の交流の末に巻き起こる騒動とロマンスを描く、 監督ノエル・ブラック、主演フィービー・ケイツベッツィ・ラッセルマシュー・モディーン他共演の青春コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ノエル・ブラック
製作
R・ベン・エフレイム
ドン・エンライト
脚本
ダン・グリーンバーグ

スザンヌ・オマリー
撮影:ウォルター・ラサリー

編集:フレッド・A・チュラック
音楽:リック・スプリングフィールド

出演
クリスティン”クリス”ラムジー:フィービー・ケイツ

ジョーダン・リー=ジェンソン:ベッツィ・ラッセル
ジム・グリーン:マシュー・モディーン
ブッバ・ビューアガード:マイケル・ゾレック
プレデンス・ダッチボック:フラン・ライアン
ウェラン:ジュリー・ペイン
チョーンシー:レイ・ウォルストン
レジーナ・コポレッタ:シルヴィア・クリステル
ベッツィ:キャスリーン・ウィルホイト
ロイ:ジョナサン・プライス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1983年製作 88分
公開
北米:1983年7月29日
日本:1983年9月
北米興行収入 $14,049,540


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
”チェリーヴェイル・アカデミー・フォー・ガールズ”に通うクリスティン”クリス”ラムジー(フィービー・ケイツ)は、”フリーマウント・アカデミー”のジム・グリーン(マシュー・モディーン)と付き合っていたが、女生徒ジョーダン・リー=ジェンソン(ベッツィ・ラッセル)は、二人の仲を裂きジムの気を引こうとしていた。

週末に両校合同のダンス・パーティーが開かれ、チェリーヴェイルの校長プレデンス・ダッチボック(フラン・ライアン)が挨拶してフリーマウントの生徒を歓迎する。

会場は盛り上がり、ジムとクリスがダンスする姿を見たジョーダンは対抗策を考える。

ジムの友人ブッバ・ビューアガード(マイケル・ゾレック)とクリスの友人ベッツィ(キャスリーン・ウィルホイト)は校長室で愛し合おうとするが、そこにダッチボック校長が現れ、二人の姿を見て驚く。

翌日、レジーナ・コポレッタ(シルヴィア・クリステル)の性教育の授業を受けたクリスは、乗馬のクラスでジムと寄り添い週末の外泊についてを語り合う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
”チェリーヴェイル・アカデミー・フォー・ガールズ”に通うクリスティン”クリス”ラムジーは、交流校の”フリーマウント・アカデミー”に通うジムと付き合っていた。
クリスとジムの関係に嫉妬するジョーダンは、何んとか彼の気を引こうとしていた。
週末にジムと外泊することを考えていたクリスだったが、女装して女子寮に忍び込んだジムが、ジョーダンに誘われたことを知りショックを受ける。
その後、クリスに無視されたジムは、何んとか仲直りしてホテルに向いベッドインするのだが・・・。
__________

お色気が度を過ぎる馬鹿げた内容にコメントのしようがないところだが、デビュー間もないフィービー・ケイツのキュートな魅力が生かされた、当時を知る者にとっては懐かしい作品。

アジア人の血を引くフィービー・ケイツは日本での人気も急上昇し、1980年代を代表するアイドルとなる。
その後、16歳年上のケヴィン・クラインの妻となったのだが、当時はどう見ても不釣り合いに思えた二人の結婚生活は現在でも続いている。

可愛らしさが強調されるフィービー・ケイツの肌の露出はないが、アダルト映画でないのかと思うような下品で最悪の演出に、お世辞でも楽しめるとは言えない内容だ。

主人公のボーイフレンド(マシュー・モディーン)を奪おうとするわがままな富豪令嬢ベッツィ・ラッセル、その父親の運転手レイ・ウォルストン、男子校の生徒マイケル・ゾレックジョナサン・プライス、校長フラン・ライアン、主人公の友人キャスリーン・ウィルホイト、チアリーダーのコーチジュリー・ペイン、性教育の教師シルヴィア・クリステルなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021