4219 Movies

ロケッティア The Rocketeer (1991)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1982年にデイブ・スティーブンスの創作により登場したスーパー・ヒーロー・キャラクター”ロケッティア”の活躍を描く、監督ジョー・ジョンス、主演ビル・キャンベルジェニファー・コネリーティモシー・ダルトンアラン・アーキン他共演のSFファンタジー・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョー・ジョンストン
製作総指揮:ラリー・ J・フランコ
製作
チャールズ・ゴードン

ローレンス・ゴードン
ロイド・レビン
原作:デイブ・スティーブンス
脚本
ダニー・ビルソン

ポール・デ・メオ
撮影:ヒロ・ナリタ
編集:アーサー・シュミット
音楽:ジェームズ・ホーナー

出演
クリフ・シーコード:ビル・キャンベル

ジェニー・ブレーク:ジェニファー・コネリー
ネヴィル・シンクレア:ティモシー・ダルトン
A”ピーヴィー”ピーボディー:アラン・アーキン
エディ・ヴァレンタイン:ポール・ソルヴィノ
ハワード・ヒューズテリー・オクィン
フィッチ捜査官:エド・ローター
ロサー:タイニー・ロン
マルコム:エディ・ジョーンズ
ラスティ:ジョン・ラヴァチエッリ
マーク:クリント・ハワード

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

1991年製作 108分
公開
北米:1991年6月21日
日本:1991年12月
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $46,704,060


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1938年、第二次大戦開戦前夜のロサンゼルス
メカニック、A”ピーヴィー”ピーボディー(アラン・アーキン)に見守られ、新型機のテスト飛行に飛び立ったパイロットのクリフ・シーコード(ビル・キャンベル)は、順調なフライトを続けていた。

しかし、ギャングを追うFBI捜査官フィッチ(エド・ローター)らの流れ弾に当たり、クリフの機は操縦不能状態になりながら、何とか飛行場に胴体着陸する。

クリフとピーヴィーは、フィッチらに食って掛かり揉め事になるが、ギャングは持っていた飛行装置”X-3”を車ごと燃料車に激突させて破壊したように見せかける。

”X-3”を奪われていた大富豪ハワード・ヒューズ(テリー・オクィン)は、残骸を回収するものの、犠牲の大きいその開発計画を断念する。

損害を請求されたクリフとピーヴィーは、その穴埋めとして、曲芸飛行のショーに、オンボロ機で飛行することになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1938年、第二次大戦開戦前夜。
若きテスト・パイロットのクリフ・シーコードは、友人でメカニックのピーヴィーと共に、未来の飛行推進装置”ロケット・パック(X-3)”を見つける。
クリフは、ロケット・パックの飛行方法をマスターして、その”ロケッティア”と名付けられた謎の空飛ぶ男は、世間で大きな話題となる。
その後、クリフとピーヴィーは、それを奪い合うナチとギャングの陰謀に巻き込まれる。
やがて、映画スターのシンクレアが、ナチのスパイとしてクリフに近づく。
そして、恋人ジェニーやX-3の開発者のハワード・ヒューズの協力を得たクリフは、それが、世界征服を企むナチに渡るのを、阻止しようとするのだが・・・。
__________

スター・ウォーズ」(1977)などで、特殊効果ディレクターとして活躍したジョー・ジョンストンらしい、作り物に見えない見事な特撮と、第二次大戦前夜という1930年代後半の時代背景や、実在のハワード・ヒューズの登場なども興味深い、ノスタルジックな雰囲気で描かれた作品でもある。

いかにも、大空を駆け巡る主人公の気持ちを表現したような、ジェームズ・ホーナーの音楽も印象に残る。

なかなかの好感度を発揮する、主演のビル・キャンベルは、本作をきっかけにジェニファー・コネリーと婚約するが、結局、数年後に破局したのは、その後、突出した活躍の場が無かったからだろうか・・・

一方、この後やや落ち着くが、30歳になった辺りから、さらなる活躍を見せる若くて美しい主人公の恋人ジェニファー・コネリー、”007”のボンド役を降板していた、ナチのスパイのティモシー・ダルトン、70歳を過ぎた現在でも大活躍を続ける、いい味を出している主人公の相棒でメカニックのアラン・アーキン、クライマックスで男気を見せる、はまり役ギャングのボスを迫力で演ずるポール・ソルヴィノハワード・ヒューズ役のテリー・オクィンFBI捜査官エド・ローター、巨漢の殺し屋タイニー・ロン、メカニックのエディ・ジョーンズ、そしてクリント・ハワードもわずかながら出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020