4236 Movies

ザ・マーダー The River Murders (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ある刑事の周辺で起きる、かつて彼が関係した女性ばかりを狙う不可解な殺人事件の謎を描く、主演レイ・リオッタクリスチャン・スレーターヴィング・レイムス他共演、監督リッチ・コーワンによるサスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:リッチ・コーワン
製作総指揮:リチャード・サルヴァトーレ他
製作:スティーヴ・アンダーソン
脚本:スティーヴ・アンダーソン

撮影:ダン・ヘイ
編集:ジェイソン・A・ペイン
音楽:パイナー・トプラク

出演
ジャック・ヴァードン:レイ・リオッタ

ヴコヴィッチ捜査官:クリスチャン・スレーター
ラングレー警部:ヴィング・レイムス
アナ・ヴァードン:ジゼル・フラガ
ジェニー・テムズ:サラ・アン・シュルツ
ジョン・リー:マイケル・ロドリック

グローヴァー捜査官:メローラ・ウォルターズ
トレント・ヴァードン:レイモンド・J・バリー
サン・リー:ミシェル・クルージ

アメリカ 映画
配給 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

2011年製作 93分
公開
北米:2011年7月1日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
刑事ジャック・ヴァードン(レイ・リオッタ)は、かつて関係した女性の死体が川で発見されたことを、同僚のジェニー・テムズ(サラ・アン・シュルツ)に知らされて現場に向かう。

既に現場にいた警部ラングレー(ヴィング・レイムス)に、被害者の遺体を見せられたヴァードンは、容疑者となる可能性もあるため、署で警部の事情聴取を受ける。

容疑が晴れるまで停職を言い渡されたヴァードンは、バッジと拳銃をラングレーに渡す。

翌日、ランニングの途中に現場に向かったヴァードンは、被害者のなくなっていた指輪が、陰部から見つかったことを知らされる。

帰宅したヴァードンは、両親が事故に遭い、母親が亡くなったことを妻アナ(ジゼル・フラガ)から知らされて、父親のトレント(レイモンド・J・バリー)の元に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
刑事ジャック・ヴァードンは、かつて関係した女性の変死体が発見されたことを知らされ、同僚ジェニーと現場に向かう。
ヴァードンが容疑者となる可能性があるために、ラングレー警部は仕方なく彼を停職処分にする。
その後も、ヴァードンと関係した女性の殺害事件が起き、さらに彼は、事故で母親も失ってしまう。
複数の事件が各地で起きたためにFBIが動き始め、ヴコヴィッチとグローヴァーの両捜査官が派遣される。
ヴァードンは妻アナの危険も考えて対処しながら、ヴコヴィッチには、今までに関係した女性のリストを作らされる。
そんな時ヴァードンは、母親も、一連の事件と同じ手口で殺されていたことを知る。
その頃、街には見慣れぬ青年リーが現われ、ヴァードンの周辺を探り、そして、彼に関係する女性に迫る・・・。
__________

本国アメリカでも、どうにか公開だけはされた程度の全くの小作ではあるが、個性派のレイ・リオッタクリスチャン・スレーター、さらにはヴィング・レイムスなど、お馴染みの人気スター競演の注目作。

日本では劇場未公開

刑事と言う職にありながら(上司は非常に優秀とまで褒める)、40歳まで独身だった主人公は、とてつもなく女性関係にだらしなかったという設定がまず面白い。

一癖ある面構えのレイ・リオッタが、只者ではない雰囲気を漂わせながら、今では真面目に妻に尽くしているという感じをよく出し、自然な演技も実にいい。

対する、期待していたFBI捜査官のクリスチャン・スレーターは、威勢はいいが中盤から今一インパクトに欠ける存在になってしまい、ヴィング・レイムスも大人しい役柄がやや物足りない。

犯人は早々に分かり(観客には)、その後の主人公との絡みなどが興味深かったのだが、脚本に難ありという場面がしばしばある。

主人公の妻で犯人と言うより”神”に生かされるジゼル・フラガ、主人公の同僚で事件の犠牲になるサラ・アン・シュルツ、主人公の息子であった犯人のマイケル・ロドリックFBI捜査官メローラ・ウォルターズ、主人公の父親レイモンド・J・バリー、被害者ミシェル・クルージなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020