4237 Movies

ニューヨーク・ニューヨーク New York, New York (1977)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

対日戦勝記念日ニューヨークで出会った二人が愛し合い、別れを経験しながら人生を歩む姿を描く、製作ロバート・チャートフアーウィン・ウィンクラー、監督マーティン・スコセッシ、主演ライザ・ミネリロバート・デ・ニーロ他共演のラブ・ストーリー。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:マーティン・スコセッシ
製作
ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
脚本
アール・マック・ローチ

マーディク・マーティン
撮影:ラズロ・コヴァックス
編集
バート・ロヴィット
トム・ロルフ
デヴィッド・ラミレス

音楽
ジョン・カンダー

フレッド・エッブ

出演
ライザ・ミネリ:フランシーヌ・エヴァンス
ロバート・デ・ニーロ:ジミー・ドイル
メアリー・ケイ・プレイス:バーニス
ライオネル・スタンダー:トニー・ハーウェル
バリー・プリマス:ポール・ウィルソン
ジョージー・オールド:フランキー・ハート

アメリカ 映画
配給
MGM
ユナイテッド・アーティスツ
1977年製作 163分
公開
北米:1977年6月21日
日本:1977年8月13日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $13,800,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1945年8月15日、ニューヨークタイムズスクウェアは、太平洋戦争の対日戦勝利に沸いていた。(対日戦勝記念)

失業中のサックス奏者ジミー・ドイル(ロバート・デ・ニーロ)は、ナイトクラブでフランシーヌ・エヴァンス(ライザ・ミネリ)に一目惚れし、強引に近づこうとするが相手にされない。

ジミーは、運良く友達にフランシーンを紹介されるが無視され、翌日、ホテルのロビーで女友達を探す彼女と再会する。

宿泊代の支払いが滞っていたジミーは、ホテル側と揉めるが、トラブル寸前でフランシーヌのタクシーに便乗する。

フランシーヌを伴い、オーデションに向かったジミーは、彼女のアドバイスで仕事を得ることができる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1945年8月15日、ニューヨーク
太平洋戦争の対日戦勝利の日、失業中のサックス奏者ジミー・ドイルは、ナイトクラブでフランシーヌ・エヴァンスに一目惚れするものの相手にされない。
その後もフランシーンは、近づくジミーを避けるが、同じオーディションを受けた二人は、やがて、急速に惹かれ合うようになる。
しかし、フランシーヌは、自分の夢を実現するため、ジミーへの伝言を残してツアーに旅立つ。
ジミーはフランシーヌを追うが、楽団に参加しツアーを続けた彼女は、歌手として成功していく。
その後、ジミーはフランシーヌを捜しあてて、オーディションを受け、同じバンドに参加してツアーに加わる。
そして、ジミーはフランシーヌにプロポーズして二人は結婚する。
バンド・リーダーが引退することになったため、ジミーが後を引き継ぎ、フランシーヌとジミーの楽団が誕生する。
出産を控え、フランシーヌはニューヨークに戻ることになり、その後、ジミーのバンドは落ち目となってしまう。
一方、仕事を再開したフランシーヌは、単独歌手として才能を発揮し始める・・・。
__________

前作の「タクシードライバー」(1976)とは打って変わり、大人のムード漂うラブ・ストーリーを手がけた、マーティン・スコセッシの意欲作と言いたいところだが、主演のライザ・ミネリと盟友ロバート・デ・ニーロの個性を十分引き出すことができず、失敗に終わってしまった作品。

既に大スターのライザ・ミネリと、若手期待の星ロバート・デ・ニーロの共演で、公開前にはかなり話題にはなった作品だが、北米興行収入は、製作費1400万ドルの回収すらできない結果となってしまった。

全体的に盛り上がりも欠け、強いて言えば、度々登場するライザ・ミネリの歌と、クライマックスで、ミュージカル仕立てとなる彼女のパフォーマンスが見所というぐらいの作品で、2時間40分を超す上映時間は、とにかく長過ぎる。

その後、誰もが知るニューヨークの象徴歌となる、”ニューヨーク ニューヨーク”を熱唱する、ライザ・ミネリの歌唱力には圧倒される。

ロバート・デ・ニーロのサックス奏者役は、素人目にはまずまず板についているように見えるが、どうしても、「ゴッドファーザーPART II」(1974)や「タクシードライバー」(1976)の印象が強過ぎて、当時はミス・キャストにしか思えなかった。
しかし、その後の彼の、変幻自在に役柄をこなすキャリアを見てから、本作を観直すと、逆に新鮮に見えなくもない。

ヒロインの(L・ミネリ)のマネージャー、ライオネル・スタンダー、バンド・リーダーの役でジョージー・オールドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020