That's Movie Talk!     4101 Movies

ミルク Milk (2008)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

政治家、そしてゲイの権利活動家でもあり、”TIME”誌の”20世紀の100人の英雄”にも選ばれたハーヴィー・ミルクが、スコット・スミスと出会いサンフランシスコで活動を始めその後に暗殺されるまでを描く、監督ガス・ヴァン・サント、主演は2度目のアカデミー主演賞を受賞したショーン・ペンエミール・ハーシュジョシュ・ブローリンジェームズ・フランコ他共演の社会派ヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)

ショーン・ペン / Sean Penn / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ガス・ヴァン・サント
製作
ダン・ジンクス

ブルース・コーエン
製作総指揮
ダスティン・ランス・ブラック

マイケル・ロンドン
ブルーナ・パパンドレア
バーバラ・ホール
ウィリアム・ホーバーグ

脚本:ダスティン・ランス・ブラック
撮影:ハリス・サヴィデス
編集:エリオット・グレアム
衣装デザイン:ダニー・グリッカー
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ショーン・ペンハーヴィー・ミルク

エミール・ハーシュクリーヴ・ジョーンズ
ジョシュ・ブローリンダン・ホワイト
ジェームズ・フランコスコット・スミス
ディエゴ・ルナ:ジャック・ライラ
アリソン・ピルアン・クロネンバーグ

ルーカス・グラビールダニエル・ニコレッタ
ヴィクター・ガーバージョージ・モスコーニ
デニス・オヘアジョン・ブリッグス
ジョセフ・クロス:ディック・パビッチ
ハワード・ローゼンマン:デヴィッド・グッドステイン
ブランドン・ボイス:ジム・リヴァルド
ケルヴィン・ユー:マイケル・ウォン

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2000年製作 128分
公開
北米:2008年11月26日
日本:2009年4月18日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $31,838,000
世界 $53,009,740


アカデミー賞 ■
第81回アカデミー賞
・受賞
主演男優(ショーン・ペン)
脚本賞
・ノミネート
作品・監督
助演男優(ジョシュ・ブローリン)
編集・衣装デザイン・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1978年11月18日、サンフランシスコ
市政執行委員ハーヴィー・ミルク(ショーン・ペン)は、自分が暗殺された時のために、メッセージをテープに録音する。

1978年11月27日。
管理委員会議長ダイアン・ファインスタインが、市長ジョージ・モスコーニハーヴィ・ミルクが暗殺されたことを発表する。
__________

1970年5月21日、ニューヨーク
40回目の誕生日を目前に、ミルクは18歳年下のスコット・スミス(ジェームズ・フランコ)と出会い結ばれる。

・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1970年5月21日、ニューヨーク
40回目の誕生日を翌日に控え、ハーヴィー・ミルクは、18歳年下のスコット・スミスと出会い結ばれ、その後、二人はサンフランシスコに移り住む。
二人は、同性愛者が多く住むカストロ・ストリートのアパートの1階に、カメラ店をオープンする。
店は、ゲイの人々が集まる地域のコミュニティ施設のような場になり、ミルクは、”カストロ・ストリートの市長”と呼ばれるようになる。
やがてミルクは、アイルランドカトリックの住民などの差別的な会派に対抗し、地域の問題に深く関わるようになり、1973年、市政執行委員に立候補するものの落選してしまう。
戦略を変え挑んだ、次の選挙にも敗れたミルクだったが、彼は確実に支持者を増やす。
外国を放浪してきた青年クリーヴ・ジョーンズを仲間に引き入れ、再び州議会議員選挙で破れたミルクは、同性愛の封じ込めに躍起となる保守派アニタ・ブライアントなどに対抗し運動を起こし、1977年ついに市政執行委員に当選する。
同じ選挙で、ベトナム戦争の退役軍人で、警官や消防士でもあった、敬虔なクリスチャンダン・ホワイトも当選していた・・・。
__________

ガス・ヴァン・サントらしい、”骨太”なテーマを題材にした、見応えある作品。

人々から尊敬された、愛すべきキャラクターの持ち主ハーヴィー・ミルクの人物像や、当時の文化、服装、街並みなど、ニュースフィルムや実在の活動家の映像を巧みに使った、ドキュメント風の描写も実に興味深い。

ガス・ヴァン・サントの繊細な演出などに加え、ショーン・ペンの見事な演技、ダニー・エルフマンの力強い音楽も素晴らしく、映画化を実現させたスタッフの意欲が感じられる作品。

第81回アカデミー賞では、作品賞をはじめ8部門でノミネートされ、主演男優(ショーン・ペン)と脚本賞を受賞した。
・ノミネート
作品、監督、
助演男優(ジョシュ・ブローリン)
編集、衣装デザイン、作曲賞

自己主張の強い国民性でありながら、冒頭で登場する、カメラを避ける同性愛者達の実写フィルムなどから、いかに彼らが、社会から疎外された存在だったかがよくわかる。

1970年代を駆け巡るストーリーだが、現在の日本に照らし合わせても、考えや主張そして行動が、当時のアメリカ社会の方が、先進的で過激にも思える。

普段気難しそうなショーン・ペンが、ハーヴィー・ミルクに風貌まで似せ、愛嬌を振りまく新鮮な演技を見せてくれる。
彼がアカデミー主演賞の授賞の際、同性愛者の権利を認めない人々を痛烈に批判し、勇気を持って作品を作り上げた芸術家を称えたスピーチが印象に残る。

ミルクのキャンペーン・マネージャーとして活躍するクリーヴ・ジョーンズ役のエミール・ハーシュミルクのライバルとして市政に関わり暗殺者となるダン・ホワイト役のジョシュ・ブローリン、主人公ミルクに、活動を始めさせるきっかけを作るスコット・スミス役のジェームズ・フランコ、同じく自殺する恋人ディエゴ・ルナ、女性参謀のアン・クロネンバーグアリソン・ピルダニエル・ニコレッタルーカス・グラビールモスコーニ市長役ヴィクター・ガーバーブリッジス上院議員デニス・オヘアなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up