4553 Movies

リズム・セクション The Rhythm Section (2020)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

テロで家族を亡くした女性が殺し屋となり復讐を果たすまでを描く、製作マイケル・G・ウィルソンバーバラ・ブロッコリ、監督リード・モラーノ、主演ブレイク・ライヴリージュード・ロウスターリング・K・ブラウン他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:リード・モラーノ
製作
マイケル・G・ウィルソン
バーバラ・ブロッコリ
製作総指揮
マーク・バーネル
グレッグ・シャピロ
スチュアート・フォード
原作:マーク・バーネル”The Rhythm Section”
脚本:マーク・バーネル
撮影:ショーン・ボビット
編集:ジョーン・ソーベル
音楽:スティーヴ・マッツァーロ

出演
ステファニー・パトリック:ブレイク・ライヴリー
イアン・ボイド:ジュード・ロウ
マーク・セラ:スターリング・K・ブラウン
リオン・ガイラー:マックス・カセラ
グリーン:ジェフ・ベル
ディーン・ウェスト:ダニエル・メイズ
エリック・レーマンズ:リチャード・ブレイク
キース・プロクター:ラザ・ジャフリー
モハメド・レザ:タウフィーク・バルホーム

イギリス/アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
2020年製作 109分
公開
イギリス:2020年1月31日
北米:2020年1月31日
日本:未公開
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $5,437,970
世界 $5,989,580


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
モロッコタンジール
ある建物に侵入したステファニー・パトリック(ブレイク・ライヴリー)は、エリック・レーマンズ(リチャード・ブレイク)に銃を向ける。

8か月前、ロンドン
薬物依存症の売春婦ステファニーは、3年前に飛行機事故で家族を亡くしていた。

ある日ステファニーは、記者だと言う客のキース・プロクター(ラザ・ジャフリー)から、家族の事故死の話をされる。

キースは、飛行機の墜落は事故ではなく爆弾によるものだと話し、それを作った男がこの街にいることをステファニーに伝える。

用心棒を呼んだステファニーは、キースが追い出された後で、その場から逃げ出す。

キースが名刺を置いて行ったために連絡したステファニーは、彼に会いアパートに向かい、その場で気を失ってしまう。

目覚めたステファニーは、壁に貼られた資料や大勢の人の写真を見て、その中に自分の家族がいることに気づき動揺する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ロンドン
家族を飛行機事故で亡くし、薬物に溺れ売春婦となったステファニー・パトリックは、現れた記者のキースから、飛行機墜落はテロだったことを知らされる。
銃を手に入れたステファニーは、爆弾を作った学生レザに接触するものの殺すことができなかった。
その後キースは殺され、ステファニーは、彼の情報源だった元MI6のボイドに会うためにスコットランドに向かい、彼の訓練を受けて、テロの関係者を抹殺しようとするのだが・・・。
__________

マーク・バーネルの小説”The Rhythm Section”を基に製作された作品。

007シリーズ”の製作者マイケル・G・ウィルソンバーバラ・ブロッコリが製作し、撮影監督としても活躍するリード・モラーノの監督作品。

家族を飛行機事故で亡くし、それがテロだと知った女性が殺し屋となり、復讐を果たすまでを描くサスペンス・アクション。

大物プロデューサーによる製作、人気スターのブレイク・ライヴリージュード・ロウの共演ということで、大いに話題になった作品。

しかし、期待された本作は酷評され、製作費5000万ドルの作品にも拘わらず、全世界の興行収入は600万ドルに留まり、損失3,000~4,000万ドルという大失敗作に終わってしまった。

主演のブレイク・ライヴリーは、様々な状況下で変化していく女性を熱演しているのだが、政府がターゲットとしているようなテロリストに対抗できるような資質が感じられず、ありがちなストーリーと単調な演出も気になる。

主人公を殺し屋にするために鍛える元MI6諜報員のジュード・ロウ、主人公を利用する元CIA工作員のスターリング・K・ブラウン、主人公のターゲットとなるアメリカの投資家マックス・カセラ、主人公に銃を売るどドラッグ・ディーラーのジェフ・ベル、主人公のターゲット、リチャード・ブレイク、主人公に情報を提供する記者のラザ・ジャフリー、爆弾を作る学生タウフィーク・バルホームなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021