4551 Movies

真珠 The Pearl (1947)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1947年に発表された、ジョン・スタインベックの中編小説”The Pearl”を基に製作された作品。
誰も見たことがない大粒の真珠を手に入れた貧しい漁師と妻の運命を描く、監督、脚本エミリオ・フェルナンデス、主演ペドロ・アルメンダリスマリア・エレナ・マルケス他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:エミリオ・フェルナンデス
製作:オスカル・ダンシヘルス
原作:ジョン・スタインベックThe Pearl
脚本
ジョン・スタインベック
エミリオ・フェルナンデス
ジャック・ワグナー
撮影:ガブリエル・フィゲロア
編集:グロリア・シューマン
音楽:アントニオ・ディアス・コンデ

出演
キノ:ペドロ・アルメンダリス
フアナ:マリア・エレナ・マルケス
ディーラー:フェルナンド・ワグナー
医師:チャールズ・ルーナー
ディーラーに雇われる男:ホアン・ガルシア
ディーラーに雇われる男:ギルベルト・ゴンザレザス
名付親:アルフォンソ・ベドヤ
ディーラー:ラウル・レチュガ
農夫:マックス・ラングラー

メキシコ/アメリカ 映画
配給
RKO Radio Pictures
Películas Mexicanas
1947年製作 85分
公開
メキシコ:1947年9月12日
北米:1948年2月17日
日本:1949年8月9日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
メキシコラパス
貧しい漁師キノ(ペドロ・アルメンダリス)は、妻フアナ(マリア・エレナ・マルケス)と赤ん坊の息子ファニートと暮らしていた。

海が荒れていたために、キノは7日間も漁に出られなかった。

豆しか食べるものがないキノは、明日になれば海に出られて、大量のカキと真珠が採れると言って、フアナを励ますしかなかった。

息子がサソリに刺されてしまい、キノとフアナは医師(チャールズ・ルーナー)の元に向かう。

医師は真珠の魅力にとり憑かれ、それを大切に保管していた。

キノとフアナは、診察してもいらうために、金の代わりにペンダントを渡すものの、医師は彼らを追い払う。

翌日、海が静かになり、キノとフアナは、息子を名付親(アルフォンソ・ベドヤ)の妻に任せて漁に出る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
メキシコラパス

貧しい漁師キノは、妻フアナと赤ん坊の息子ファニートと暮らしていた。
ある日キノは、誰も見たことがない大粒の真珠を見つけたことで人生が一変してしまう。
英雄扱いされたキノだったが、真珠を狙うディーラーや、その兄で真珠の魅力にとり憑かれている医師が彼に迫る。
命の危険に晒されたキノは、フアナと息子を連れて村を去るのだが・・・。
__________

ジョン・スタインベックの中編小説”The Pearl”を基に製作された作品。

大粒の真珠を手に入れた貧しい漁師と妻の運命を描くドラマ。

俳優としてハリウッドでも活躍し、監督作品も手掛けていたエミリオ・フェルナンデスが、脚本も兼ねて監督した作品であり、その才能を世界に知らしめたメキシコ映画の秀作。

本作は各方面で絶賛され、特にガブリエル・フィゲロアによる、貧しく弱い立場の主人公たちとは対照的な、ダイナミックでスケール感のある白黒映像は秀逸であり、ゴールデングローブ賞ベネチア国際映画祭では撮影賞を受賞した。

2002年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

その日暮しの貧しい漁師が、一粒の真珠を手に入れたことで人生が一変するが、結局は、それにより最も大切なものを失ってしまうという悲劇を、繊細且つ力強い映像で描くエミリオ・フェルナンデスの演出と脚本が光る作品。

主演の貧しい漁師を好演するペドロ・アルメンダリスは、本作後にジョン・フォードに誘われてハリウッドに進出し、彼の作品「逃亡者」(1947)、「アパッチ砦」(1948)、「三人の名付親」(1948)に出演した。

主人公の妻で真珠の呪いを恐れるマリア・エレナ・マルケス、真珠を狙うディーラーのフェルナンド・ワグナー、その兄で同じく真珠を狙う医師のチャールズ・ルーナー、ディーラーに雇われる男ホアン・ガルシアとギルベルト・ゴンザレザス、主人公の名付親アルフォンソ・ベドヤ、別のディーラー、ラウル・レチュガ、主人公らに水を与える農夫のマックス・ラングラーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021