4553 Movies

サラトガ本線 Saratoga Trunk (1945)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1941年に発表された、エドナ・ファーバーのベストセラー小説”Saratoga Trunk”を基に製作された作品。
テキサスのギャンブラーと一族への恨みを果たそうとする女性の恋を描く、製作ハル・B・ウォリス、監督サム・ウッド、主演ゲーリー・クーパーイングリッド・バーグマンフローラ・ロブソン他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)

イングリッド・バーグマン / Ingrid Bergman / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:サム・ウッド

製作:ハル・B・ウォリス
原作:エドナ・ファーバーSaratoga Trunk
脚本:ケイシー・ロビンソン
撮影:アーネスト・ホーラー
編集:ラルフ・ドーソン
音楽:マックス・スタイナー

出演
クリント・マルーン:ゲーリー・クーパー
クリオ・デュレイン:イングリッド・バーグマン
アンジェリク:フローラ・ロブソン
キュピドン:ジェリー・オースティン
バーソロミュー・ヴァン・スティード:ジョン・ウォーバートン
ソフィー・ベロップ:フローレンス・ベイツ
オーガスティン・ホッシー:クルト・ボウワ
ロスコー・ビーン:ジョン・アボット
クラリッサ・ヴァン・スティード:エセル・グリフィス
レイモンド・スール:ルイス・ペイン
ホテルのメイド:リリアン・ヤーボ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1945年製作 135分
公開
北米:1945年11月21日
日本:1950年3月1日
製作費 $1,750,000
北米興行収入 $5,148,000
世界 $7,801,000


アカデミー賞
第19回アカデミー賞

・ノミネート
助演女優賞(フローラ・ロブソン


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1875年、ニューオリンズ、ランパート通り。
フランス人貴族の父と愛人の間に生まれた”クレオール”クリオ・デュレイン(イングリッド・バーグマン)は、混血の使用人のアンジェリク(フローラ・ロブソン)と小人のキュピドン(ジェリー・オースティン)と共に、亡き母の屋敷に到着する。

荒れ果てた部屋の中を確認したクリオは、虐待されて自殺を考えた母が、誤って父を射殺してしまった時の血痕を見つける。

クリオは、両親を苦しめた親戚の貴族たちへの復讐と、母の名誉を回復させることを誓う。

そのために資金が必要なクリオは、金持ちの男性を探そうとする。

屋敷の修復と掃除を済ませたクリオは、日曜日の朝、アンジェリクとキュピドンを伴い街に出て、シャンフレ伯爵夫人を名乗り注目を集める。

市場でジャンバラヤを食べたクリオは、その場にいた、ステットソンを被る長身のテキサス人クリント・マルーン(ゲーリー・クーパー)が自分を見つめていることに気づき、彼に惹かれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1875年、ニューオリンズ
フランス人貴族の父と愛人の間に生まれた”クレオール”クリオ・デュレインは、使用人のアンジェリクとキュピドンと共に、亡き母の屋敷に到着する。
クリオは、母に酷い仕打ちをして父まで死なせた一族への復讐を誓い、必要な資金のために金持ちと結婚することを考える。
テキサス人ギャンブラーのクリント・マルーンに惹かれたクリオだったが、自分の考えを理解してもらえず、彼は北部に旅立つ。
その後クリオは、サラトガのクリントからの連絡で、自分に相応しい富豪の御曹司バーソロミューのことを知り、アンジェリクとキュピドンを伴い現地に向かうのだが・・・。
__________

エドナ・ファーバーのベストセラー小説”Saratoga Trunk”を基に製作された作品。

テキサスのギャンブラーと、一族への恨みを果たそうとする女性の恋を描く恋愛ドラマ。

誰が為に鐘は鳴る」(1943)の成功を受けて、監督のサム・ウッドと、ゲーリー・クーパーイングリッド・バーグマンの共演が再び実現した作品として大いに話題になった。

主人公のギャンブラーを演ずるゲーリー・クーパーの、ユーモアを交えた持ち味を活かした役柄は好感が持てるが、一族への復讐を果たそうとする、美しさは際立つイングリッド・バーグマンの、オーバーアクション気味の演技がやや気になる。

原作の面白味は伝わり、スケール感のある映像は楽しめるものの、作品自体の評価は低かった。

しかし本作は、上記のように大スターの共演作として注目され、1946年の最高のヒット作となった。
製作費 $1,750,000
北米興行収入 $5,148,000
世界 $7,801,000

第19回アカデミー賞では、ヒロインの使用人をメイクして演じたフローラ・ロブソンが、助演女優賞にノミネートされた。

主人公に協力するヒロインの使用人を愉快に演ずるジェリー・オースティン、ヒロインに惹かれる富豪の御曹司ジョン・ウォーバートン、その母親エセル・グリフィス、ヒロインに手を貸す社交界の大物フローレンス・ベイツ、ヒロインが恨む一族の顧問弁護士クルト・ボウワ、ホテルの支配人ジョン・アボット、鉄道線を奪おうとするルイス・ペイン、ホテルのメイド役リリアン・ヤーボなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021