4219 Movies

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング The Princess Diaries 2: Royal Engagement (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

シンデレラ・ストーリーとしてスマッシュ・ヒットとなった「プリティ・プリンセス」(2001)の続編。
女王の戴冠式を控えた主人公が王位継承権の争いに巻き込まれ、30日以内に結婚しなければならなくなる騒動を描く、監督ゲイリー・マーシャルアン・ハサウェイジュリー・アンドリュースクリス・パインヘクター・エリゾンド共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ゲイリー・マーシャル
製作総指揮:エレン・H・シュワルツ
製作
ホイットニー・ヒューストン

デブラ・マーティン・チェイス
マリオ・イスコヴィッチ
原作:メグ・キャボットThe Princess Diaries
原案:ジーナ・ウェンドコス

脚本:ションダ・ライムズ
撮影:チャールズ・ミンスキー
編集:ブルース・グリーン
音楽:ジョン・デブニー

出演
アミーリア”ミア”ミニョネット・サーモポリス:アン・ハサウェイ

クラリス・レナルディ女王:ジュリー・アンドリュース
ジョー”ジョゼフ”:ヘクター・エリゾンド
リリー・モスコヴィッツ:ヘザー・マタラッツォ
ニコラス・デヴロー卿:クリス・パイン
アンドリュー・ジャコビー公爵:カラム・ブルー
シャーロット・カタウェイ:キャスリーン・マーシャル
メイブリー子爵:ジョン・リス=デイヴィス
パリモア卿:トム・ポストン
アサナ:レイヴン=シモーネ
パオロ・プッタネスカ:ラリー・ミラー
ヘレン・サーモポリス:キャロライン・グッドール
ハーモニー卿:ポール・ウィリアムズ
パトリック・オコーネル:ショーン・オブライアン
キャロリーナ:アビゲイル・ブレスリン
結婚式の招待客:スタン・リー

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2004年製作 113分
公開
北米:2004年8月11日
日本:2005年2月26日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $95,149,435
世界 $134,734,481


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ジェノヴィアのプリンセスだと知らされて5年、プリンストン大学を卒業したアミーリア”ミア”ミニョネット・サーモポリス(アン・ハサウェイ)は、警護官ジョゼフ(ヘクター・エリゾンド)と共に、祖母のクラリス・レナルディ女王(ジュリー・アンドリュース)の待つ祖国に向かう。

母ヘレン(キャロライン・グッドール)は、ミアの高校の教師パトリック・オコーネル(ショーン・オブライアン)と再婚して、子供が生まれる予定だった。

ミアの親友リリー・モスコヴィッツ(ヘザー・マタラッツォ)は、UCバークレーの大学院生だった。

宮殿に戻ったミアの、21歳の誕生パーティーが盛大に行われ、ニコラス・デヴロー卿(クリス・パイン)とのダンスも楽しんだミアは、王位が継承される戴冠式を待つことになる。

ところが、ジェノヴィア議会議員のメイブリー子爵(ジョン・リス=デイヴィス)は、甥のニコラスに王位継承権があることを主張して混乱が生ずる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
平凡な少女アミーリア”ミア”・サーモポリスは、ジェノヴィアのプリンセス及び王位継承者となり、大学を卒業して祖国に向かう。
祖母である女王クラリスの元で、戴冠式の準備を始めていたミアだったが、メイブリー子爵が、甥のニコラス・デヴロー卿に王位継承権があると主張する。
女王の婚姻法により、ミアは30日以内に結婚しない場合に、王位継承権を失うことになってしまう。
恋人もいないミアは戸惑うが、何んとか理想の男性アンドリューを見つけて、早々に婚約を発表する。
しかし、ニコラスに王位を渡すため、メイブリーは諦めることなく、ミアの結婚を妨害し始める。
メイブリーの指示で、ミアに接近するニコラスだったが、次第に彼女に心寄せるようになり、二人はお互いを意識し始めるのだが・・・。
__________

舞台がアメリカからジェノヴィアに移り、前作を意識させない雰囲気で展開するストーリーは新鮮だ。

王位継承権をめぐる、王室、議会のゴタゴタに巻き込まれるヒロインは、相変わらずトラブルばかり起こすのだが、少女から大人となりつつあり、その成長も窺える行動力が見どころとも言える。

興行収入は前作を下回るものの、北米で約9500万ドル、全世界では約1億3500万ドルと、まずまずのヒットとなった。

ゲイリー・マーシャルの小気味よい演出は健在なのだが、前作の記事でも触れた、彼が気の毒に思えてしまう、本作の宣伝文句”プリティ・シリーズ最新作”とは、いったい何を意味しているのだろうか???

それはともかく、王位をめぐる陰謀もそれほど陰湿でもなく、イングランドロングフォード城”のロケや美しい自然を映し出す映像が、いかにもディズニー作品らしい。

20歳も過ぎて落ち着きも感じられる中で、内気な少女から快活な女性になったプリンセスを熱演するアン・ハサウェイ、彼女を温かく見守りながら、自らの愛も実現させるエピソードが微笑ましい女王のジュリー・アンドリュース、彼女との愛に、男としてのプライドを懸ける警護官を好演するヘクター・エリゾンド、ヒロインの友人ヘザー・マタラッツォ、ヒロインを陥れる立場から、愛し合うようになるクリス・パイン、その叔父で、王位を奪うための陰謀を画策する子爵ジョン・リス=デイヴィス、ヒロインが選ぶ結婚相手の公爵カラム・ブルー、王室の女官キャスリーン・マーシャル、議会の長老トム・ポストン、某国王女役のレイヴン=シモーネ、ヘアー・スタイリストのラリー・ミラー、ヒロインの母キャロライン・グッドール、その再婚相手ショーン・オブライアン、議会議員ポール・ウィリアムズ、そして、パレードに参加する孤児でアビゲイル・ブレスリンや、結婚式の招待客でスタン・リーなども登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020