4217 Movies

ジャックとジル Jack and Jill (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

エリート・ビジネスマンが、悩みの種である双子の妹と巻き起こすトラブルを描く、製作、脚本、主演アダム・サンドラー、監督デニス・デューガンアダム・サンドラーケイティ・ホームズアル・パチーノ他共演による抱腹絶倒のコメディ。


コメディ

アル・パチーノ / Al Pacino / Pinterest
ジョニー・デップ / Johnny Depp 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:デニス・デューガン
製作総指揮:バリー・ベルナルディ他
製作
トッド・ガーナー

アダム・サンドラー
ジャック・ギアーラプト
ベティナ・ソフィア・ヴィヴィアノ
原案:ベン・ズーク
脚本
スティーヴ・コーレン

アダム・サンドラー
撮影:ディーン・カンディ
編集:トム・コステイン
音楽:ルパート・グレグソン=ウィリアムズ

出演
ジャック/ジル・セイデルステイン:アダム・サンドラー

エリン・セイデルステイン:ケイティ・ホームズ
本人:アル・パチーノ
フェリペ/祖母:エウヘニオ・デルベス
テッド:ティム・メドウス
トッド:ニック・スウォードソン
オットー:アレン・コヴァート
カーター・サイモンズ:ジェフ・ピアソン
ビツィー・シモンズ:ヴァレリー・マハフェイ
操り人形師:ダナ・カーヴィ
ダミアン・ファーリー/モニカ:デヴィッド・スペード
アラン:ロブ・シュナイダー
ヘンリー:デニス・デューガン
ファンバケット:ノーム・マクドナルド
本人:シャキール・オニール
本人:ドリュー・キャリー
本人:ジョン・マッケンロー
本人:ビリー・ブランクス
本人:ジョニー・デップ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2011年製作 91分
公開
北米:2011年11月11日
日本:2012年1月21日
製作費 $79,000,000
北米興行収入 $74,158,160
世界 $149,673,790


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
広告会社勤務で成功しているジャック・セイデルステイン(アダム・サンドラー)は、妻エリン(ケイティ・ホームズ)と二人の子供とで平穏な暮らしをしていた。

ジャックは、悩みの種である双子の妹、トラブルメイカーのジル(アダム・サンドラー)が、感謝祭で訪ねてくることで気が重い。

ニューヨークブロンクスとの時差も考えずに、早朝に着いたジルを、ジャックは空港に迎えに行く。

夕食の時間になり、カーター・サイモンズ(ジェフ・ピアソン)とビツィー(ヴァレリー・マハフェイ)夫妻や、裏の森に住むオットー(アレン・コヴァート)と共にテーブルに着いたジルは、早速、騒ぎを起こしてしまいジャックは苛立つ。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ロサンゼルス
広告会社勤務のジャック・セイデルステインは、成功者であり、妻エリンと二人の子供とで平穏に暮らしていた。
ジャックは、悩みの種である双子の妹ジルが、感謝祭の休暇を過ごすために訪れることに不安を感じていた。
そして、トラブルメイカーのジルは、案の定、騒ぎを起こし、ジャックは頭を抱える。
そんなジャックは、アル・パチーノを”ダンキンドーナツ”のCMに起用するため、彼に近づくことになる。
ところが、CMはさて置き、アル・パチーノがジルを気にいってしまい彼女に迫る。
ジャックは、ジルを利用し何んとかアル・パチーノとのCM契約を成立させようとする。
それには、問題ばかり起こすジルを引き止めておかなくてはならず、ジャックは困惑する・・・。
__________

「バトルフィールド・アース」(2000)以来となる、ラジー賞最多受賞作となってしまった本作は、馬鹿馬鹿しいストーリーと言えばそれまでだが、カメオ出演を含めた豪華スター競演の話題作であり、あまり難しく考えなければ大いに楽しめる。

北米興行収入は約7400万ドルに留まるが、全世界では約1億5000万ドルのヒットとなった。

最悪作品の評価も頷けるのだが、映画ファンにはたまらないシーンが多々あり、個人的にはそれほど攻撃する気にはなれない。

セリフにもあるが、固い内容の作品が多い70歳のアル・パチーノが、本人役で形振り構わぬ大熱演を見せるのには驚きだ。

ウィリアム・シェイクスピア”劇への、彼への思い入れも確りと作品に反映されいるのも注目で、8度のノミネートで1度しか受賞していないことを皮肉る、アカデミー賞のオスカー像を壊されるシーンなども実に可笑しい。

アカデミー主演男優賞受賞「セント・オブ・ウーマン」(1992)

アル・パチーノジョニー・デップの、ツーショットが見られるだけでも満足だ。

名コンビのデニス・デューガンとの息もぴったりというアダム・サンドラーは、製作、脚本も兼ねた二役を熱演するものの、評価は最悪でやや気の毒な気もする。

主人公の妻ケイティ・ホームズ、ジル(A・サンドラー)と結ばれる庭師とその祖母役エウヘニオ・デルベス、主人公の上司役ティム・メドウス、部下ニック・スウォードソン、裏の森に住む男性アレン・コヴァート、知人夫婦ジェフ・ピアソンヴァレリー・マハフェイ、操り人形師役のダナ・カーヴィ、他デヴィッド・スペードロブ・シュナイダーデニス・デューガンも端役出演、本人役でシャキール・オニールドリュー・キャリージョン・マッケンロービリー・ブランクス、そしてジョニー・デップが、かなり目立って登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020